Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

停電でWi-Fiが使えない!上手く起動しない原因と復旧方法

2019年7月27日

いつ起こるかわからない停電。自分の家だけブレーカーが落ちて起こってしまう停電もあれば、街全体が暗闇に包まれる集団停電もあります。

 

停電が起こったときには当たり前に電気が使えないので、Wi-Fiも切断されます。

 

Wi-Fiを活用してインターネットを使っている人は多いですよね。では、停電など不慮のアクシデントで切れてしまったときのWi-Fiルーターの復旧方法を知っている人はどれくらいでしょうか。

 

そこで今回は、いざというときに冷静に対処できるように、停電時に起こり得るWi-Fiトラブルの原因と対処法をご紹介します。

 

◼️どうして?停電後にWi-Fiがつながらなくなる原因

 

停電後にWi-Fiがつながらなくなってしまうのには、さまざまな原因が存在します。どの状態に当てはまるのかを的確に判断し、対処することが大切です。

 

▼起動する順序が違ったから

 

まずは、起動する順序が違ったからという原因です。

 

Wi-Fiルーターにインターネットをつなげている元が「モデム」です。このモデムは電源が入ってから作動するまでに少し時間がかかります。その間はWi-Fiルーターをオフにしておくのが基本なのです。

 

しかし、停電後に電力が戻ってきた際、一気に同じタイミングでモデムとWi-Fiルーターが再起動されてしまうとどうでしょう。順序が違うことで機械がパニックを起こし、電源は入っているけどWi-Fiがつながらない状況が起こってしまいます。

 

▼過電流によって壊れてしまったから

 

雷などによって過電流が起こった場合、異常な電圧がWi-Fiルーターやモデムにかかってしまい機器自体が壊れてしまうことがあります。

 

機械自体が壊れているため作動しないというわけです。

 

▼通信障害が起こってしまっているから

 

個々のWi-Fi機器ではなく、大本となる回線業者にて通信障害が起こってしまっているという原因もあります。

 

通信障害の場合は、ホームページで発表されている場合がほとんどです。スマートフォンはWi-Fiに接続しなくてもインターネットにアクセスできるので、Wi-Fiがうまく接続できないときには確認することをおすすめします。

 

ただし、SNSにはデマが回ることもあるため一次情報を参照しましょう。

 

◼️停電後にWi-Fiを復活させるための対処法

 

それでは次に、停電でWi-Fiの接続が切れてしまった場合の対処法を原因ごとに分けてご紹介します。

 

▼同時に起動されてしまった場合

 

同時に起動されたことでつながらなくなってしまった場合は、一度すべての機器の電源を切り、再度起動するのがおすすめです。

 

ここで大切なのが、オフをする順番と電源をつける順番です。

 

①パソコンなどのデバイスの電源を切る

②Wi-Fiルーターのコンセントを抜く(電源スイッチがない場合)

③モデムのコンセントを抜く

④すべての電源をオフしてから5分ほど置き、モデムの電源を入れる

⑤モデムの電源を入れてから5分ほど置いたあと、Wi-Fiルーターの電源を入れる

⑥Wi-Fiルーターを起動してから5分ほど置き、パソコンなどのデバイスの電源を入れる

⑦インターネットのサイトへいくつかアクセスし、問題がないか確認する

 

上記のように順番を守って再起動を行なってみましょう。

 

▼過電流によって壊れてしまった場合

 

過電流によって壊れてしまった場合は、機器を直す必要があります。

 

モデムが故障してしまった場合は、契約している回線業者のサポートセンターに連絡して交換してもらえるように手配しましょう。

 

Wi-Fiルーターが故障してしまった場合は、保証期間内かどうかを確認したうえ、サポートを受けるか買い替えを行う必要があります。

 

電源がつかないからと過電流で壊れてしまったように見えても、ブレーカーが落ちているだけのこともあります。部屋ごとのブレーカーや、集合住宅全体のブレーカーが落ちてしまっていないか確認することをおすすめします。

 

◼️Wi-Fiはつながったけど遅い!そんなときに試してみてほしいこと

「対処法を試したことでWi-Fiがつながるようになったけど、通信速度が早くならない」という状態が続くようであれば、速度が遅くなる原因が他に存在することがあります。

 

▼デバイスの容量を確認する

 

まずは通信速度が遅いと感じるデバイスの容量を確認しましょう。

 

捨てたと思っていたファイルがゴミ箱に溜まっていたり、容量を占領するファイルがあったりするとデバイスが重たくなり速度が遅くなってしまいます。

 

ゴミ箱はこまめにきれいにしたりファイルをクラウドに移行したりなど、容量を減らす工夫をすることをおすすめします。

 

▼デバイスを再起動する

 

それでも動きが鈍い場合は、デバイスを再起動しましょう。

 

また、パソコンのソフトウエアを更新することで通信速度が早くなる場合もあります。

 

▼Wi-Fiルーターのファームウエアを更新する

 

正常な状態であるはずなのに通信速度が遅い場合は、Wi-Fiルーターの状態が最新ではない可能性があります。

 

ファームウエアとは、Wi-Fiルーターの内臓プログラムのことです。ファームウエアも、不具合の修正や機能の追加を行なっているため、更新を怠っていると古いバージョンのまま不具合が放置された状態になってしまうのです。

 

更新をすることで速度がはやくなることがあるので一度試してみましょう。

 

◼️停電時、トラブルにならないためにしておくべきこと

 

停電時にWi-Fiトラブルに巻き込まれるのはいやですよね。巻き込まれないためには、事前に準備しておくことが重要です。

 

例えば、雷が落ちそうな気配がしたらゴム手袋を着用してコンセントを抜いておきましょう。また、過電流に対応できるタップに付け替え、そこにWi-Fiルーターを差し込んでおくのもひとつの手です。

 

他にも、停電時でも使えるモバイルルーターなどにWi-Fiを変えておくと、停電時にトラブルに巻き込まれにくくなるでしょう。

 

事前の予防と起きてからの対処法を覚えておくことで、冷静に対応ができるはずですよ。