» 未分類【wifi比較ランキング】データ容量、セット割別に人気のWi-Fiルーターが見つかる

wifiが遅いのはルーターが原因かも?そんなときの3つのチェックポイント

2019年4月21日

Wi-Fiが遅くなってしまった!考えられる原因は?

突然Wi-Fiの速度が遅くなった気がする……そんな経験が一度はあるのではないでしょうか。今まで快適に使えていたWi-Fiが急に遅いとなるとちょっぴり不安になりますね。もちろん、回線が混雑しているため一時的に遅くなってしまった、ということも考えられます。

しかし、Wi-Fiの速度が出ない原因がルーターにあるケースもあるのです。Wi-Fiルーターが原因でインターネットの通信速度が遅くなってしまう原因は大きく3つ考えられます。

 

・Wi-Fi遠すぎる問題

まず、最もシンプルなのはWi-Fiルーターが端末から遠すぎる場合です。特定の場所でのみWi-Fiの速度が上がらない……という場合は、このことが原因であると考えてよいでしょう。さらに、端末との間に障害物があるとさらに速度が落ちてしまうことも考えられます。

使用する周波数帯によっては障害物に弱く遮蔽物があると電波が端末まで届きにくくなる場合があります。また、自宅の広さにあっていないWi-Fiルーターを使用してしまうと、Wi-Fiルーターから遠い部屋では電波が届きにくいということも生じてしまうのです。コンクリートや鉄はWi-Fi電波を遮りやすいということはしておくとよいでしょう。

 

・ルーターが古い問題

次に考えられるのは、Wi-Fiのモデルが古いことです。10年以上古いモデルのルーターを使用している場合、通信規格が合わず速度が落ちてしまっているのかもしれません。また、Wi-Fiルーターにつながっている端末が多すぎる等、Wi-Fiルーターのスペックを超えた台数を同時に接続した場合、通信速度が落ちてしまうという場合があります。

「たくさん接続していないはずなのに…」という場合も要注意。現在、無線LANを利用しているのはパソコンやスマートフォンに限りません。ゲーム機や動画配信サービスの視聴、さらにはプリンターなど、何気なく使っている機器もWi-Fiを使用しているため、気が付かないうちに回線を混雑させてしまっている可能性もあるのです。

 

・ルーター本体の不調問題

最後に、ルーター端末の不調により、速度が出なくなっていることが考えられます。夏など暑い季節、長時間高温の環境下に置かれたり、直射日光を長時間浴びたりすることで、ルーターは熱暴走を起こし正常に作動しなくなることがあります。ルーターの不調の原因は熱さだけではありません。温度さで結露を起こした場合も、ショートしてしまい故障の原因となるのです。また、ホコリが溜まることで排熱が滞るのも不調の原因の一つです。

Wi-Fiが遅い時の対処法

・ルーターの設置場所に問題がある場合

Wi-Fiと端末との距離が原因なら、まずはWi-Fiルーターを置く場所を変えることを検討しましょう。Wi-Fiルーターに記載されている「2LDK向き」等の表記は自宅の中心部にWi-Fiルーターを設置した時に発揮される性能です。Wi-Fiルーターを家の中心部に移したり、最も良く使う部屋にルーターを移動させたりすることで、Wi-Fiの速度を改善させることができるでしょう。また、ルーターを動かせないという場合は中継器を利用するという方法もあります。Wi-Fi中継器を利用することで、Wi-Fiの電波をより遠くまで飛ばすことができるようになります。

 

・古いルーターを使用している場合

古いモデルのWi-Fiルーターを使用しているという方は、通信規格をチェックしてみましょう。お手持ちのWi-Fiルーターが高速通信である「11ac」に対応しているか、電波強度、接続方式確認しましょう。接続方式がIPv6でない場合、速度が遅くなってしまうことが考えられます。IPv4 PPPoEと呼ばれる接続方式は、端末へのアクセスが込み合いやすいため通信速度に影響しやすいのです。

Wi-Fiルーターの買い替えの目安は2年~3年といわれています。手元のWi-Fiルーターが古い通信規格にしか対応していないことが速度の遅い原因なら、Wi-Fiルーターの買い替えを検討したほうがいいのかもしれません。

 

・「故障かも?」と思った場合

最後に、ルーターの故障を疑った時の対処法をご説明します。故障が疑われた時の最も簡単な対処法がルーターを再起動すること。いったんWi-Fiルーターの電源を切り、時間を置いてから再度電源を入れてみましょう。多くの不具合はこの作業で解消されることが多いようです。また、ルーターのファームウェアのアップデートで問題が解消するケースもあります。ファームウェアの更新をすることで、セキュリティや処理速度の向上をすることができます。付属のマニュアルなどを参考に試してみましょう。

 

ルーターは故障すると電源が入らない等の症状が出ることが多くなっています。ルーターはパソコンなどと比べると壊れにくくなってはいますが、空気の通りが滞っていたり、ほこりっぽいところ、熱がこもりやすい場所などに置くことで熱暴走を起こしてしまったりすることがあります。また、水分でショートしてしまうことも。このようなことを配慮し置き場所には配慮するようにしましょう。

 

原因を取り除いて快適にインターネットを。場合によっては買い替えも

原因さえわかれば、対処法はいたってシンプル。以上の方法をぜひ参考にしてみてください。また、通信環境は日々進化し通信規格も新しくなっています。Wi-Fiルーターの買い替えも快適なインターネット環境を作る方法の1つ。ぜひ検討してみましょう。

GoogleWi-fiってどうなの?

2019年4月18日

GoogleWi-Fiってなに?

GoogleWi-FiはGoogleの良いところを兼ね備えたWi-Fiルーターです。Wi-Fiルーターの機能を見直すことで、シンプルながらに安定性と柔軟性を兼ね備え、オンライン操作の更なる快適さを求めたWi-Fiルーターなのです。

GoogleWi-Fiは海外での発売とは少し遅れて2018年4月に日本でも発売となり、口コミでも話題に。1台と3台パックで販売されており、セットにすることで1台当たりの価格がお得になっています。1人暮らし向けの家なら1台、ファミリー向けの広い自宅なら3台セットで購入すればコスパも抜群。必要に応じてWi-Fiポイントを増やしていくことで、どんな居住空間でもくまなくWi-Fi電波をカバーできるような配慮がされているのです。

 

このほかにも、GoogleWi-Fiには従来のWi-Fiルーターにはなかった嬉しい機能が満載。次からはGoogleWi-Fiの機能をご紹介します。

 

GoogleWi-Fiのうれしい機能とは

・うれしい機能 その1

GoogleWi-Fiには従来型にはない機能がいくつかあります。まず1つ目は、Wi-Fiスポットを増やすことでネットワークのエリアを広げることができます。GoogleWi-Fiは複数台置くことで、Wi-Fiルーター同士が相互に連携し、家中どこでも安定した高速通信が可能となるのです。従来のWi-Fiルーターの考え方としては、1台のWi-Fiルーターで自宅全体に電波を飛ばすという考えかたですね。このため、Wi-Fiルーターを選ぶ際には自宅の広さに対応するものを選ぶ形となっていました。

 

しかし、GoogleWi-Fiはこの考え方を一変。自宅の広さに応じてWi-Fiスポットを増やしていくという方法をとっています。例えば、ワンルームなど小規模な自宅ならGoogleWi-Fiを1台、4LDKなど広い自宅なら3台設置するなど、自宅の広さに応じてWi-Fiルーターを増やしていくことで、居住空間全体に安定的に電波を届けることができるのです。GoogleWi-Fiは壁があると通信速度が遅くなる…という口コミもあります。しかしながら、そのようなときはGoogleWi-Fiのスポットを増やしたり、Wi-Fiスポットの場所を変えたりすることで問題解決。

従来のWi-Fiルーターですと、1台で自宅すべてを賄おうと考えているので、間取りなど条件に応じてWi-Fiルーターを選ぶ必要がありました。しかしGoogleWi-Fiなら部屋の間取りや面積を確認することなく、シンプルで気軽に購入することができますね。もし電波が届きにくい部屋ができたらWi-Fiスポットを追加するだけ。せっかく買ったWi-Fiルーターが家に合っていなかった…!と残念な想いをすることもないので安心です。

 

また、1台のルーターで自宅すべてに強い電波を飛ばすのは実はとても難しいこと。でもGoogleWi-Fiであれば、複数のスポットから電波を発信するため強い電波をより広い範囲にいきわたらせることができるのです。必要なGoogleWi-Fiの台数の目安は部屋の広さ。85㎡以下なら1台、85-170㎡程度なら2台、170-255㎡の大きめの住宅なら3台が推奨されていますので、目安としましょう。

 

・うれしい機能 その2

次に紹介するのは、GoogleWi-Fiは自動で電波を最適化してくれるという点です。渋滞すると車が進まなくなるように、電波も混雑すると遅くなってしまいます。でもGoogleWi-Fiなら安心。GoogleWi-Fiには混雑検出機能が内蔵されており、速度低下を検出、そして最も混雑の少ないチャンネルへと自動で切り替えてくれるのです。

面倒な操作もすることなく電波が最適化されるため、Wi-Fiルーターを操作する必要もありません。始めてWi-Fiルーターを使う方も、機械の操作があまり得意でない方にとっても安心です。スポット内を歩きながら操作をしても、Wi-Fiスポット切り替え時に電波が途切れることはなくサクサク操作をすることもできます。GoogleWi-Fiは操作がシンプルで快適なインターネット環境をじつげんしているのです。

 

・うれしい機能 その3

3つ目は、GoogleWi-Fiは家族向けの機能も充実しているということです。GoogleWi-Fiはサイトブロック機能を使うことで子供にふさわしくないウェブサイトへのアクセスを制限することができるのです。GoogleWi-Fiなら大人も子供も、家族みんなで安心してインターネットを利用できますね。

GoogleWi-Fiなら誰でもシンプルで快適に

GoogleWi-Fiの強みはシンプルなこと。セットアップも簡単で、3ステップで簡単に行うことができます。説明書もイラストメインでとってもわかりやすくなっており、アプリで簡単にセットアップが完了します。必要な更新を自動で行ってくれるのもとっても便利!従来をのルーターと比べても管理画面がシンプルで、誰でも簡単に操作できます。

 

GoogleWi-Fiはデザインにもこだわっています。アンテナは内蔵され、コードも本体の下に隠せるようにデザインされています。というのも、GoogleWi-Fiは「部屋の真ん中に持っていける」ことを目標にデザインをされているから。デザインを重視することでWi-Fiルーターをどこにでもなじむインテリアとなります。これによって、置きたい場所にWi-Fiルーター設置でき電波の最適化が見込めるのです。

 

誰でもシンプルで快適にインターネットを利用できるGoogleWi-Fi。Wi-Fiルーター選びの参考にしてださい。

Wifiの速度が遅くなる・繋がらない原因と改善方法をご紹介!

2019年4月15日

Wi-Fiが遅くなる原因は?

・通信環境

Wi-Fiが遅くなる原因として考えられる原因は大きく分けて3つあります。1つ目は通信環境によるもの。お昼や深夜など通信回線が込み合う時間帯や、人が多く集まっている場所でWi-Fiスポットを利用した場合十分な速度を得ることができない可能性があります。

過程で使っているWi-Fiでも、近隣でWi-Fiの使用者が多かったり、多くのWi-Fi機器が一度にWi-Fiに接続されたりしている場合も繋がりが遅くなってしまいます。一度に多くの接続がある場合は、Wi-Fiの速度が遅くなることを知っておきましょう。

 

混み合っているとは考えにくいのにWi-Fiの通信が遅くなる場合は、使用しているスマートフォンケースに原因があるかもしれません。スマートフォンケースの材質によっては、Wi-Fiの電波に干渉してしまうことがあるのです。特に混雑していないはずなのにWi-Fiの速度が出ないという場合は、一度スマートフォンケースを外してWi-Fiの速さに変化が出るかを確認してみましょう。

 

・機器の不具合

2つ目はルーターなどネットワーク機器の不具合が原因となるケースです。ルーター内の「ファームウェア」が古いバージョンである場合、通信速度に影響が出てしまう場合があるのです。また、ルーターを長時間高温にさらしたり、結露させてしまったりするとルーター自体が不調となり、Wi-Fiの通信ができなくなってしまうことも。

 

・受信する機器(パソコンやスマートフォンなど)の問題

3つ目は、パソコンやスマートフォンなどWi-Fiの電波を受信する側が原因となるものです。もちろん、危機の故障も考えられますが、それだけでなく受信機器が古いモデルのケースもWi-Fiの速度が遅くなってしまうのです。Wi-Fiルーターは早い通信規格の電波を飛ばしていても、それにスマートフォンなど受信機器が対応していない場合は十分な速度を得ることができないのです。

次からは、Wi-Fiの速度が出ない際どのように対処したらいいのかをご紹介します。

Wi-Fiが遅い時の対処法

・通信環境の対処法

Wi-Fiが遅くなる原因の1つ目、通信環境に問題がある場合の対処法から解説していきます。人が多く集まる場所やアクセスが増える時間帯で、通信が混雑していることが原因の場合はWi-Fiスポットを変えるか時間を変えてアクセスするのも方法の1つです。

すぐに速度を改善したい場合は、利用しているチャンネルを変えると速度を回復することがあります。Wi-Fiの電波はお互いに干渉しあってしまうため、同じチャンネルを利用している人が多いと通信速度が遅くなってしまいます。チャンネルの変更方法は使用している公式サイトなどで確認できるので、チェックしましょう。

また、Wi-Fiルーターの置き場所を変えることで速度が改善することがあります。Wi-Fiの電波は、Wi-Fiルーターと接続する末端の間に遮蔽物があったり、距離が遠くなってしまったりすることで速度が落ちてしまいます。Wi-Fiをよく使用する部屋にWi-Fiルーターを設置したり、できるだけ自宅の中心部にWi-Fiルーターを設置したりしましょう。そうすることで強い電波をより広い範囲に飛ばすことができ、速度の改善が見込まれます。

Wi-Fiルーターの近くに電子レンジや冷蔵庫、水槽などがあると電波を阻害してしまうため要注意。家具を動かすか、ルーターの設置場所を検討し直しましょう。

 

・機器の不具合対処法

次に、ルーターなどネットワーク機器に原因がある場合の対処法です。ルーターを高温な環境下に長時間置いたり、ホコリをかぶったままにしておいたりしていると、Wi-Fiルーターの排熱がうまくいかず熱暴走を起こし不調を起こしてしまいます。このため、ルーターを置く場所は直射日光の当たらない通気性の良い場所とし、定期的に掃除することも心がけましょう。

また、結露など水分にも弱いため水回りに設置することも控えるようにしましょう。特に故障をしている様子はないのにWi-Fiの速度が遅い場合は、ルーターの再起動を試してみましょう。これで改善するケースが多いようです。

それでもだめなら「ファームウェア」のバージョンアップをしましょう。ファームウェアが原因でWi-Fiの速度が遅くなっている場合は、更新することで速度が改善されると考えられるのです。

 

・受信する機器(パソコンやスマートフォンなど)の問題対処法

最後に、Wi-Fi電波を受信する側に問題がある場合です。この場合も、スマートフォンやパソコンなどを再起動することで解消されるケースが多いようです。パソコンなら、ネットワークのトラブルシューティングを試してみるのも良いでしょう。

また、現在はプリンターなど多くの危機がルーターに接続されています。このため、気が付かないうちにWi-Fiに多くの危機が接続されてしまい速度が遅くなっていることもあるのです。このようなことを防ぐためにも、使用しない機器の電源を落としておくのも快適な速度でWi-Fiを利用することに役立ちます。

 

原因がわからなければメーカーに問い合わせを

Wi-Fiの速度が遅くなる原因を把握し対処法を知っておけば、安定した通信環境を保つのに役立ちます。以上のことを試してもWi-Fiの速度が回復しない場合は、メーカーに問い合わせましょう。使用機器が古い場合は、新しい機器に買い替えることでWi-Fiの速度を上げることもできます。Wi-Fiの速度が遅いと感じた際の参考にしてみてください。

wifiルーターの選び方は?自宅で使うならどんな種類が良いの?

2019年4月15日

失敗しない!自宅で使うルーターを選ぶポイント

インターネット回線をスマホやパソコンなどの端末と無線でつなぐことができる、Wi-Fiルーター。ルーターがあれば、複数の端末を同時にインターネットに接続することが可能でとっても便利ですね。スマホの使用容量節約のためにも、今やルーターは一家に一台必要なものとなっています。

 

そんなWi-Fiルーター、さまざまな種類の中から選ぶのは至難の業。いったいどのような基準で選んだらよいのか、迷ってしまいますね。そんなときでも、ポイントさえ押さえておけば自分にとって適切なWi-Fiルーターを選ぶことができます。そのポイントは、大きく分けると3つあります。

 

・Wi-Fi選びのポイント その1

Wi-Fiルーターを設置する部屋の間取りに合わせたWi-Fiルーターを選ぶということ。Wi-Fiルーターには「2LDK向き」など部屋の間取りの目安が記載されています。自宅の部屋の間取りに合わせてルーターを選ぶというのが最もシンプルな方法です。部屋の大きさが大きくなるほど、Wi-Fiルーターの価格も上がっていきます。2LDKで4LDK向きのWi-Fiルーターを使う分には問題なく使用することはできますが、Wi-Fiルーターの価格が高くなってしまうため、もったいなく感じてしまいます。

しかし、「2LDK向き」などの表記は部屋の中央に置いた時に想定されるものなので、間取りぴったり向きのWi-Fiルーターを使用した場合、部屋の設置場所によっては十分に電波が行き届かないことも考えられます。このため、部屋の間取り+1LDK向きのWi-Fiルーターを選ぶと居住空間全体に電波が行き届き、失敗がないといわれています。間取りと同時に、同時に接続可能な端末数もチェックしておきましょう。

 

・Wi-Fi選びのポイント その2

2つ目のポイントは、通信規格をチェックすることです。通信規格にはいくつか種類があり、現在は「11ac」が最も速く通信することができる規格となっています。また、11acは電波が密集した場所でも安定した通信を保つことができるともいわれており、11acの規格を選んでおけばまず間違いないでしょう。

ただし、11acの性能を十分に発揮するためにはWi-Fi電波を受信する端末が「11ac対応」である必要があります。現在、新しい機種はほぼ11acに対応しています。しかし、お手持ちのスマートフォンやパソコンが古い機種だとしても安心です。11acに対応していない端末では、自動で古い通信規格で通信されるようになっています。今後買い替えのことを考えても、Wi-Fiルーターは11acの規格を選んでおくのが良いでしょう。

 

・Wi-Fi選びのポイント その3

3つ目のポイントは、最高速度がどのくらいかということです。Wi-Fiルーターには「Mbps」という単位で速度が表記されており、数字が大きくなるほど速度が出るようになっています。快適さを感じるためには11acで850Mbps以上といわれていますので、目安にするとよいでしょう。

 

家族構成別!オススメルーター

・バッファロー製の「WSR-2533DHP」

戸建てにて家族みんなで使うならバッファロー製の「WSR-2533DHP」。3階建てまで対応し、アパートやマンションなら4LDKまで対応しています。さらに、端末に直接電波を送るビームフォーミングにも対応し安定した電波環境を提供してくれます。複数の機器をつないでも高速かつ安定した通信を保ってくれます。

 

・バッファロー製の「WSR-2533DHP」

自宅が広く、かつ同時接続数も多いならメッシュ対応製品がオススメです。広い家でも高速な通信ができる上、最大で10台ほどの機器と接続が可能。バッファロー製の「WSR-2533DHP」なら、4Kの動画でもサクサク快適に視聴することができます。ただ、メッシュタイプは価格が3~4万円と高くなりがち。ニーズとのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

 

・バッファロー製の「WCR-1166DS」

1人暮らしならバッファロー製の「WCR-1166DS」がオススメです。最高速度が866Mbps、さらに5000円以下という低価格も魅力です。対応範囲は2LDKまでと1人暮らしなら十分な範囲です。価格と性能のバランスのいいWi-Fiルーターといえるでしょう。

 

・ポイントを抑えたWi-Fiルーターえらびで快適にインターネットを

たった3つのポイントを抑えておけば、多様な種類のWi-Fiルーターを選ぶ時にも迷いませんね。Wi-Fiルーターを購入する前に、部屋の間取りや広さ、そしてWi-Fiに同時接続する機器の台数の目安をハッキリさせておくとより効率的に選ぶことができます。高画質の動画の視聴など、どのような使い方をしたいかもWi-Fiルーターを選ぶ際に重要なポイントです。対応範囲や最高速度など、性能が上がれば上がるほど当然のことですが価格も高くなります。自分に必要な機能と価格のバランスを取りながらWi-Fiルーターを選べば、お得で無駄のないWi-Fiルーター選びができますね。

 

3つのポイントを理解し余裕ができたら、端末に直接電波を送るビームフォーミングや複数の子機と同時通信が可能なMU-MIMOの機能など+αの機能もチェック。自分や家族がどのようにインターネットを使用したいのかに合わせた種類のWi-Fiルーター選びをすれば家のどこでも誰でも快適です。アプリのダウンロードや高画質の動画視聴など、楽しい生活には質の良いインターネット環境が不可欠です。これからWi-Fiルーターを買う方も、そろそろ買い替えの方もぜひ参考にしてみてください。

ペットを飼っている人ならチェックせずにはいられないwifi便利グッズ

2019年4月12日

 

定番商品2選

 

  1. カメラ

 

ペットに関連するWi-Fi便利グッズのなかで王道とも言えるものが、ペットカメラではないでしょうか。

 

・Furbo ドッグカメラ

スタイリッシュ・シンプルなデザインで、どんなインテリアの邪魔になることもないでしょう。「アマゾンベストセラー獲得」「グッドデザイン賞」「JIDA DESIGN MUSEUM」にも選定されている超おすすめ商品です。

 

  • スマートドッグ通知:愛犬の動きを外出先のあなたのスマホに通知してくれます。

 

  • Furboドッグカメラ:お留守番をしているときの愛犬の行動、気になりませんか?いたずら好きな犬、多頭飼いの犬、産まれたばかりの赤ちゃん犬がいるご家庭など、仕事を休むことができないからこそ、心配で仕方がないという愛犬の存在。また、話しかけたりおやつをあげて遊んだりできる機能も搭載されています。

 

  • 離れていてもおやつをあげることができる:愛犬のお気に入りのおやつを100個以上も保管しておけるFurbo。おやつがポンッ!と飛び出す設計のため、お留守番で暇そうにしていたらぜひおやつをあげて一緒に遊んであげましょう。

 

  • どこにいても話しかけられる:高感度マイク・高性能スピーカー搭載。自分のスマホから愛犬に話しかけたり、愛犬の声を聴いたりすることが可能です。

 

  1. 自動給餌器

 

丸一日外出しなければならないときなどに心配なのが、ペットへの餌の問題です。

 

・カリカリマシーンSP

猫、小・中型犬用のタイマー式自動給餌器が、ぜひおすすめしたい「カリカリマシーン」です。「@ランキング1位」「楽天ランキング受賞部門1位」「アマゾンランキング1位」を獲得しています。メディアにも紹介されており、一度は目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。白と黒のシンプルなデザインは、部屋のインテリアを損ないません。

 

  • タイマー式給餌設定:1日4回まで設定可能で、各10g単位で10段階もの設定が可能。

 

  • 大容量のフードタンク:3リットルもの餌を保管しておくことができます。災害時などにも安心ですね。勝手に開けることのできない上蓋ロック式。転倒対策のロックボタンも付いています。

 

  • ボイスレコーダー機能付き:最大10秒まで録音可能。「ご飯だよー」などと録音しておけば、ペットたちは走って餌を食べに来るかもしれません。

 

また、自動給餌器以外にも専用アプリからの簡単操作、見守りカメラ、リアルタイム会話などの機能も満載です。

 

ちょっと気になる2選

  1. ペットの気持ちを知りたい方へ

 

・しらせるアム

ペットが今、どんな気持ちでいるのかを把握できる優れもの便利グッズです。犬・猫どちらにも使用可能。メディアにも取り上げられたことがあり、人気商品のひとつです。その機能とは、首に装着することにより、40種類以上の行動を解析・ペットの気持ちを知らせてくれるという優れものです。

 

  • リラックス
  • 遊ぼう!
  • うざい
  • ルンルン

 

といったペットの気持ちが丸わかり。食事解析・カロリー表示などの機能も搭載されたおすすめ商品です。

 

  1. カメラはカメラでも移動するカメラ

 

・ilbo

寝室のみ・リビングのみで飼っているわけではない場合や、特に猫などは部屋中を動き回るものです。そんなとき、カメラに映らない場所でのペットの過ごし方を知りたいとは思いませんか。ilboは、丸っこい形をしているタイヤ付きの移動式WEBカメラです。遠隔操作をすることで、どの部屋にも移動することが可能です。ペットの見守り目的にとどまらず、防犯対策としてもおすすめですね。知らない人には、ロボットや掃除機のようにしか見えません。

 

  • 暗視機能付き:夜間撮影も可能なので、帰りが遅い方にも安心です。
  • マイク&スピーカー搭載:双方で会話のコミュニケーションが可能です。飼い主の声を聴くことで、ペットも安心することができるはず。
  • 段差にも対応:ちょっとした段差も関係なくスムーズに移動することができます。転倒してしまっては、カメラ機能も台無しですよね。

まとめ

 

犬を飼っている方、猫を飼っている方、多頭飼いの方、家にいることが少ない方、広い部屋に住んでいる方、いつでもどこでもペットが何をしているのか気になって仕方がないという方など、便利なペットグッズにはついつい目を通してしまいがちですよね。

 

今回は、定番のもの、あると便利なもの(何を考えているのか分かるなど)をいくつかご紹介いたしました。離れていてもペットとはコミュニケーションをとっていたいものです。この先、Wi-Fi技術がさらに進歩することにより、さらに便利なグッズが開発される可能性も高いでしょう。なぜなら、ペットは家族であり、今後もずっとペットは家族として愛され続けていくからです。

 

気になる商品を見つけた場合、最愛のペットが喜んでくれるような、自分自身も安心できるような、そんな双方の意思が一致するようなものであれば、即決で購入してみたいものです。また、防水機能がついているようなものや迷子になっても瞬時に発見できるようなもの、アプリやパソコンと連動するものがより浸透してくると便利な世の中になりそうですね。

子どもにスマホを持たせるか迷っているあなたへ!wifiの便利な活用術

2019年4月12日

スマホを子どもが持つメリット・デメリット

 

総務省は、小学生の約3割、中学生の約6割、高校生の約9割がスマホを持っているという調査結果を発表しています。今や、小学生でもスマホを持っているのは珍しいことではないのです。

 

・メリット①子ども同士でコミュニケーションをとる

大人同様、子どももLINEなどのメッセージアプリなどで友人とコミュニケーションをとります。スマホは、友達づくりのためのツールでもあるのです。

 

・メリット②家族ともコミュニケーションがとれる

スマホを持つことで、家族とのコミュニケーションも当然増えます。家族内でグループトークをするという仲良し家族も。

 

・メリット③GPSでいつでも居場所を把握できる

子どもの帰りが遅くなっても、居場所を知っているのとまったく知らないのとでは安心感が違います。設定次第で、どんな道順で帰宅しているのか知ることも可能です。

 

・デメリット①勉強時間が減る

ついスマホに夢中になると、大人でもそうですが、時間はあっという間に経過していきます。ゲームや動画、友人とのやり取りのために勉強時間が減ってしまうというのは危険信号です。

 

・デメリット②健康に悪い

まず、スマホばかり見ていることにより、目が悪くなるでしょう。また、夜遅くまでスマホをいじることによって、睡眠不足にも。視線が下を向いた状態が多くなるために、首や肩がこるといったケースも。

 

デメリット③有害サイトへの危険

望んでいなくても、ワンクリックで謎なページへ飛んでしまったり、アダルトサイトへ飛んでしまったりすることがあります。親に相談することもできず、事件発覚が遅れる場合も。

 

Wi-Fiの利用時間を制限しよう

 

子どもがスマホを持つことによるデメリットを防ぐためには、ネットへの接続時間を事前に決めておくなどの、「約束事」を取り付けましょう。ただ、子どものスマホにフィルタリングアプリなどの制限をかけていないようであれば、SIMカードでの通信は可能なので注意が必要です。今は、「こども安心ネットタイマー」が設定できるWi-Fiルーターの機種もあります。これは、端末ごとに曜日・時間帯を指定してスケジュール設定することが可能である、非常に便利な機能です。無料の専用アプリである「Aterm スマートリモコン」から簡単に設定することができますよ。

 

  • 「Aterm スマートリモコン」アプリをダウンロード
  • アプリを起動
  • 「こども安心ネットタイマー」を有効に設定

 

たったこれだけで、設定完了です。子どものスマホには使用時間に制限をかけて、大人の端末には時間制限をかけないようにできます。便利でおすすめです。例えば、高校生のお子さんがいるご家庭では、16時~18時まで。19時~21時までがWi-Fi接続可能時間。小学生のお子さんがいるご家庭では、15時~18時まで。19時~20時までがWi-Fi接続可能時間というように、設定することができるのです。18時~19時までは家族団らんとなる夜ご飯の時間であるため、制限時間を設けます。このように、各家庭によりさまざまな設定方法があります。

モバイルルーターに切り替えてみよう

自宅の光回線を解約したり、Wi-Fiの固定ルーターを撤去したりする方法も選択肢のひとつです。自分の仕事中、自宅で子どもたちがインターネットに自由に接続できる時間があるというのは、多少なりとも不安ではないでしょうか。有害サイトにアクセスすることのないようフィルタリング設定をしているとしても、確実とは言えません。また、ネット依存してしまうことにより、デメリット面でも紹介しましたが、自分が帰宅するまでゲームし放題、動画見放題という環境では、宿題や予習復習に時間を費やそうという方が無理な話というものです。

 

自宅でWi-Fiが利用できなければ、自分や夫が困るのでは?と思いますよね。そのとおり、自宅にいるのにネットが使えないとなれば、困るのは自分です。そのために、モバイルWi-Fiルーターという選択肢があるのです。モバイルルーターは、スマホと同じように持ち歩いて使用するもの。つまり、自分が出かける際に持ち歩くことによって、「お母さんがいないとネットを使うことができない」環境を作り出すのです。「やめなさい」「○時になったら寝なさい」「何時間スマホをいじっているの?」などと言っても、子どもはなかなか言うことを聞かないもの。怒るだけでは、子どもは反発するだけです。それならば、最初から自分がいるときだけネットが使用できるという環境を設定すればいいのです。

 

また、おすすめのアプリとして以下のようなものがあります。

 

・ノートンファミリー

子どものネット利用、位置情報を知って安全を守ることができる総合セキュリティアプリです。

 

・スマモリ

子どもの現在位置確認、フィルタリング、使用履歴チェックができる優良アプリです。

 

利用制限をすることにより、ネット犯罪から子どもを守ることができますが、位置情報が特定できたために実際の犯罪から身を守ることができたといった場合も。スマホは子どもには好ましくないと決めつけずに、しっかり話し合ってお互いの信頼関係を尊重しながら、上手に利用できるといいですね。

【若者向け】wifiルーターもおしゃれにこだわってみる?!

2019年4月12日

収納で上手に「おしゃれ」を作る

 

どれだけおしゃれなインテリアの家に住んでいても、ルーターやケーブルがごちゃごちゃと目立って見えていたら台無しです。では、どのようにルーターの存在感を消すことができるでしょうか。

 

・市販の収納ボックスを利用

シンプルな収納ボックスであれば、どんなインテリアにも相性が合いなじみます。また、Wi-Fiルーター収納用ボックスも販売されていることをご存知でしょうか。そのなかから、自分好みのものを選ぶと一番良いかもしれませんね。注意点としては、フタ付きのものでは密封されてしまうため電波妨害が起こり、Wi-Fi接続が不安定になる可能性も。できるだけ、放熱・電波状況の良い状態を作り出すため、完全に密封されているボックスは避けたほうが無難でしょう。

 

・ホームセンターや100均で手軽にゲット

どこにでも売っている安価な網カゴもおすすめです。カゴに入れて目隠し代わりに布で覆うというのもひとつの方法。カゴには隙間があり、通気性が良いためルーターを収納するのに実は大変便利なアイテムなのです。また、布で覆わなくても、造花を挿したりカーテンで隠したりするのもおすすめです。つっぱり棒にカフェカーテンやレースなどを通して、収納棚の目隠しに使えばおしゃれに目隠しができますよ。つっぱり棒とお好みのカーテンになりそうな布をゲットすれば、それだけでルーター収納はバッチリです。

 

・おしゃれな紙袋はいかが?

紙袋のなかには、おしゃれでかわいいものがたくさん。そうした素敵な紙袋は、捨てずに必ず取っておくことを習慣づけましょう。そんなおしゃれな紙袋は持っていないという方は、100均ショップへ足を運んでみてください。実はおしゃれな紙袋が数多く販売されています。あなた好みのものを見つけましょう。ブランドのショップバッグも非常に人気があり、なかにはメルカリなどで紙袋だけ売られている場合もあります。それほどブランドのショップバッグというだけで価値があるということですね。

 

出しっぱなしOK!デザイン性抜群のルーター

 

  • バッファローの「AirStation connect」

このWi-Fiルーターの画期的なところは、なんとフォルムが丸いところです。まるでお皿のような見た目で、どんなインテリアにもなじむ白のシンプルなデザインは、おしゃれにこだわる方にはぜひおすすめしたいルーターです。

 

機械であることを忘れてしまうほど、ディスプレイのひとつとして違和感がありません。また、収納棚に小物と同じ感覚で並べて置いておいても問題ないでしょう。こうしたデザイン性の高いルーターであれば、布で隠すなどの行為は逆にもったいないですね。また、横向きに置くのもアリです。つまり、本当にお皿のように置いてしまうということ。上から観葉植物を這わせてみると、もう誰もそれがルーターであるということは気付かないことでしょう。横向きのルーターの上に、置物などを置いてもおしゃれです。本当にただのおしゃれな部屋のインテリア、といったところですね。

 

  • バッファローの「WSR-2533DHP2シリーズ」

見た目はルーターといった雰囲気ですが、そのスタイリッシュでクール、エレガントなデザインは非常に魅力的です。また、カラーはシャンパンゴールドとクールブラックの2色で迷ってしまいますね。コンパクトなボディは、どこに置いてもかさばることはありません。普通に縦向きに置くのが無難ですが、おしゃれ上級者の方は、スタンドを利用して壁に取り付けるなどということも可能ですよ。

収納に適した場所・適していない場所

隠したいがために部屋の奥へ奥へと追いやってしまうと、電波が弱くなってしまいます。また、おしゃれにしたから目立つ場所へと思う気持ちも分かります。どんな場所がルーターを設置するのに適しているのでしょうか。

 

・できる限り部屋の中央に

部屋の中央にルーターを置くことにより、室内にまんべんなく電波が行き届くことに。

 

・1m~2mほどの位置に

高いところに設置すると、それだけ遠くへ電波を飛ばしやすくなります。ワンルームではなく、部屋がいくつかある場合にはぜひ試してみてください。

 

次に、ルーターを設置するのに適していない場所をご紹介しましょう。

 

・部屋の角

部屋の中央の反対、ということで、部屋の角にルーターを設置するのはおすすめしません。部屋全体に電波をしっかり届けることが難しくなり、電波が不安定な場所が発生する可能性があります。

 

・床に直置き

床にそのまま置いてしまうと、床面で電波が反射してしまい、Wi-Fiがつながりにくくなることも。せめて、台の上などに設置するようにしましょう。

 

・家電の近く(特に電子レンジ)

家電は電波を発信しており、Wi-Fiの電波干渉を受けてネット接続が不安定になることも。特に、電子レンジはWi-Fiの電波とほぼ同じ周波数帯の電波であるため、注意が必要です。

 

・水回りや水槽近く

ルーターが万が一にでも水に濡れることは避けねばなりません。また、水は電波を吸収します。水槽の隣などに置いておくと、電波が弱くなる可能性があります。

 

このように、ルーターの収納方法にはいくらでもおしゃれに見せる方法があることが分かりました。次のお休みには、ぜひ自分に合った選び方でルーターをおしゃれに収納してみませんか。

wifiルーターにはどんな種類がある?目的別ルーターの選び方とは

2019年4月9日

古いルーターを使い続けていると良くない理由

 

わたしたちの日々の暮らしのなかでは、インターネットを使うことは当たり前となっています。つながることさえできればあとは何も問題ないと思い込み、古いルーターを使い続けてはいませんか。あなたの自宅にあるWi-Fiルーターは、いつ購入したものでしょうか。

 

・自宅でノートパソコンやスマホを使用している最中、インターネットがつながりにくいと感じることがある

・夜など、家族みんながインターネットに接続する時間帯には、つながるのが遅いと感じる

・つながるのも遅いし、接続状態が悪い気がする

 

このように思うことが最近増えたようであれば、買い替えのタイミングが来たと思ってよいでしょう。そもそも、無線LANルーターには寿命というものがあり、その寿命はだいたい2年~5年と言われています。2、3年ごとに新しいルーターが発売されるため、早ければおよそ2年で価格寿命が下がっていきます。

 

古いルーターを使い続けていると以下のような症状が表れます。

 

  • 通信速度が遅くなる

「最近インターネットにつながるのが遅い」と9感じる原因は、まさに古いルーターを使い続けているからという理由の場合が多いです。ほかにも様々な原因がありますが、ルーターの寿命について真っ先に考えてみるのが手っ取り早い方法かもしれません。

 

  • 接続が途切れやすい

通信速度が遅くなるだけではなく、接続自体もままならなくなるケースも。

 

  • セキュリティを突破されやすい

セキュリティ面に不安が表れます。古いルーターはWEP規格が弱く、パスワードなどを簡単に破られてしまうことが多々あります。また、タダ乗りなどの被害に遭う可能性も捨てきれません。最新のルーターで、速度アップとセキュリティ強化をすることが最善の方法と言えるでしょう。

 

目的別でルーターを選んでみよう!

 

・マンション住まいの方は「あまり詳しくないので定番のルーターが良い」

 

よほど広いマンションというわけでなければ、5,000円前後のベーシックタイプのルーターで問題ありません。一般的な家庭で使用するレベルであれば、通常同時接続をしても3台程度ではないでしょうか。このレベルに対応できないルーターというものをほぼ見かけることはありませんので、十分といってよいでしょう。(もちろん、大家族全員がネット接続可能な端末を持っているなどといった例外です。)

アマゾンにてベストセラー1位を獲得している「BUFFALO Wi-Fi無線LANルーター WHR-1166DHP4」はいかがでしょうか。こちらの商品は、3LDK・2階建て向けとなっています。また、最新規格である11acにも対応しているハイパワーモデルで、ぜひおすすめしたいルーターのひとつです。

 

・ひとり暮らしの方は「自分しか使わないので安価なほどありがたい」

 

ひとり暮らし・同棲カップル・友達とふたり暮らし・夫婦のみで部屋数も少ないといった方におすすめしたいのが、3,000円程度で購入できる人気機種「BUFFALO Wi-Fi無線LANルーター WSR-300HP/N 11n300Mbps」です。最新規格である11acには残念ながら対応していません。また、2,000円以下のルーターもありますよ。ひとり暮らしで自分のスマホだけWi-Fi環境にあれば良いといった方などにおすすめです。ただし、こうした方は自宅内だけでなく外出先でもネットを使用する頻度が高い可能性があるため、モバイルルーターとの比較検討をしてみると良いでしょう。

 

・戸建てにお住まいの方は「家族みんなで利用したい&階をまたいで利用したい」

 

4人家族や5人家族で、デスクトップパソコンやノートパソコン、スマホ、ゲーム機など、同時接続が3台を超えるような場合には、1万円以上のハイスペックモデルのルーターがおすすめです。「NEC 11ac対応 1733+800Mbps 無線LANルーター」であれば、3階建て対応ということで、広い範囲での通信が可能となるでしょう。また、アンテナも4本内蔵されています。アマゾンでは、70%以上もの星4つが付けられている、安定の人気商品です。シェアハウスや少人数での寮住まいなどといった、比較的広めの戸建てにも対応できそうですね。

 

ルーターの選び方まとめ

 

ここまで紹介してきたように、ルーターにはさまざまな種類が存在します。「Wi-Fiやルーターについて全然分からない」「ネットにつながりさえすれば問題ないのでは?」という方は、部屋の間取りを目安のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。ルーターの機能や説明について書かれているところに、「3LDK向き」「4LDK向き」などとたいてい記載されています。ルーターのスペックが高ければ高いほど、遠方まで電波を飛ばすことができ、速度維持も可能です。つまり、「1LDK向き」と記載されているのにもかかわらず、安価なものを求めてしまい、実際には戸建ての広い家に住んでいるという場合には、ルーターが機能を発揮することは難しいでしょう。

 

インターネットを快適に楽しみたい、仕事で使用するため速度が遅かったりつながりにくかったりしては困る、という場合には、実際には2LDKだとしても、4LDK向きのルーターの方が安心といえます。ルーターの購入・買い替えを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【最新!】話題の「wifi porter」ってどんなもの?基本情報を知りたい!

2019年4月9日

Wi-Fi porterってなに?

 

今や、誰もがWi-Fiをいつでもどこでも気軽に利用できる時代となっています。ただし、そのWi-Fiを利用するためには、長々とした暗記することのできないパスワードを入力する必要があります。友人の自宅や親戚の家などにいる際、「Wi-Fi使いたいからパスワード教えて」などと質問したことはありませんか。逆に、自宅に友人を招いた際に、そう聞かれたことはないでしょうか。そのたびに、「え、面倒くさいなあ」と思いながらも、ガサゴソとパスワードをメモした紙を探したり、部屋の隅で埋もれているルーターを引っ張り出してきて虫メガネでないと見えないような英数字の羅列の確認をしたり、という作業が大変煩わしいですよね。そこで開発されたのが、「Wi-Fi porter」です。

 

Wi-Fi porterとは、パスワードの入力の手間を省き、iPhoneやスマホをかざすだけで素早くWi-Fiに接続することができる、非常に画期的なデバイスのことです。カフェ、レストラン、オフィス、ホテルなどといった、多くの人々が訪れるような場所では、大変便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

 

アメリカのニュージャージー州の周辺機器メーカー「Ten One Design」が、2019年1月22日発売することを発表しました。正式名称は「Ten one Design Wi-Fi porter」です。

主な機能・特徴

 

  • Wi-Fi porterの設定用アプリがあり、そちらにWi-Fi情報を事前に設定しておきます。
  • 最新のiPhone、NFC搭載のアンドロイド端末ならば、Wi-Fi porterに軽くかざすだけで、Wi-Fi情報が送信されてすぐさまネット接続が可能となります。

 

初期設定の際に、店舗などであればショップの名称を表示したり、接続開始ボタンのデザインをカスタマイズしたりすることもできますよ。

 

ちなみに、NFC対応機種とは、2019年4月現在、

 

・iPhone XS

・iPhone XS MAX

・iPhone XR

・アンドロイドスマホ

 

となっています。ただし、最新のスマホを持っていないという方でも利用することが可能です。QRコードをカメラ機能で読み取ることで、ネット接続できるようになります。このQRコード・ネットワーク情報はアプリ設定後、プリンターにて印刷してはめ込むことも可能となっています。設定が簡単で非常に便利に利用することができそうですね。

 

・サイズ

幅約116mm×高さ約71mm×奥行き約14mm。重量は、たったの64g程度です。

 

・シンプルなデザイン

Wi-Fi porterは、天然木素材の小型のデバイスです。温かみを感じるナチュラルカラーであり、手のひらに載せることができるほど小さく、場所を取ることもありません。表面にはWi-Fiのあの通信マークが刻まれている、いたってシンプルなデザインとなっています。また、背面にフックの穴があり、壁に掛けることも可能でおしゃれ感にあふれています。積み木のようで、まさかこれが最新のデバイスであると気付く人は少ないかもしれませんね。

 

・長いパスワードとはおさらば

Wi-Fiは、セキュリティ上の観点から非常に複雑で長いパスワードを必要とします。この長々としたパスワードを入力する手間を省くために、また、多くの人々とWi-Fiをシェアしたい場合に、手間暇をかけずに一瞬でWi-Fiに接続することができるデバイスとなります。よく、パスワードが書かれた紙が壁に貼りだされていたり、ボードにてお知らせされていたりする光景を目にすることがありますが、あれはあれで結局は自分で長いパスワードを入力する手間がかかるため、面倒です。時間がないときなどには、「もうWi-Fiいいや」となっても仕方がありません。また、誰でも見ることのできる壁に貼られたパスワードよりも、セキュリティ面でも安心です。

 

・電源・充電の必要ナシ

Wi-Fi porter本体は、NFCタグが内蔵されています。そのため、コンセントに接続する必要も、電池交換も必要ありません。情報はリライトしつつ繰り返して使用することができるため、メンテナンス面も簡単です。

 

・人の出入りの多い自宅にもおすすめ

オフィスや店舗などでももちろん大活躍しそうなWi-Fi porter。自宅でも活躍しそうです。お客様がほぼ来ることがないというご家庭では必要なさそうですが、多くの友人がよく遊びに来る、週末などにはパーティをよく開催する、とにかく知り合いが多いなどといった、人が寄ってくる「家」というものはあるものです。そうした際には、「すごい」と口コミが広がる可能性もあり、評判にもなり、自宅に置いても損はなさそうです。

まとめ

2020年東京オリンピックへ向けてももちろんですが、世界中から日本へ観光に来る外国人は、ここ数年で大幅に増加しています。そのため、大規模なホテルや旅館にとどまることなく、民泊・ゲストハウス・シェアハウス・民宿といった多くの外国人観光客にも分かりやすく利用することが可能である、Wi-Fi porterがあれば、非常に喜ばれるのではないでしょうか。オーナーの皆さんは、ぜひWi-Fi porterを取り入れてみる価値があるのでは?価格帯も高額というわけではなく、手が出せる範囲内であり、選択肢のひとつに入れてみる余地はありそうです。ちなみに、アマゾン・楽天・yahooショッピングでの販売価格は、4,980円(税別)となります。

Wifiプリンター活用している?メリットと選び方

2019年4月6日

今やあらゆる器機に対応するWi-Fi。現在販売されているプリンターのほとんどの機種もWi-Fiに接続できます。設定が難しそうで、まだケーブル接続で使用しているという方もこの機会にWi-Fiプリンターに挑戦してみましょう。

 

Wi-Fiプリンターとは

 

Wi-Fiプリンターとは無線LANで通信できるプリンターのことです。ワイヤレスプリンターともいい、ケーブルで接続する必要がないので、パソコンから離れていても操作ができます。

 

複数のパソコンやスマートフォン、タブレットからでも簡単に印刷が可能なので、幅広い世代に需要が高まっているのも大きな特徴です。

 

○Wi-Fiプリンターのメリット

Wi-Fiプリンターを使うメリットはどんなことがあるでしょうか。

 

・どこででも手軽に使える

パソコンとプリンターをケーブル接続した場合、ケーブルが届く範囲に設置しなければいけないので、置き場所が限られてしまいがちです。また、パソコン周辺がケーブルでごちゃごちゃと片付かないのも悩みのタネといえるでしょう。

 

Wi-Fiで無線接続すれば、電波が届く場所であればプリンターを自由に置くことが可能です。また、普段使わない時は収納しておけますし、ケーブルがなくなるので、パソコンまわりもすっきりとします。

 

・ケーブルをつなぎ替える手間が省ける

家庭内でプリンターを共有していると、自分のパソコンで使用する度にケーブを接続して利用することになりますWi-Fiならそんな手間がなく、すぐに使えるので余計なストレスもかかりません。

 

・スマートフォン、タブレットから印刷できる

直接接続できる機能付きのプリンターに限りますが、スマートフォンやタブレットからWi-Fiで接続して印刷ができます。

 

○Wi-Fiに接続するために必要な機器

プリンターをWi-Fiにつなぐためには、アクセスポイントとなる無線ルーターが必要です。無線ルーターが無い場合でもWi-Fiダイレクトと呼ばれる、Wi-Fiを直接接続可能な機能付きのプリンターであれば印刷できます。

 

また、スマートフォンやパソコンでもWi-Fiに直接接続すれば印刷が可能です。お手持ちのプリンターが、ダイレクト機能の対応器機かどうかは、製品の公式ホームページなどで確認できますよ。

 

Wi-Fiプリンターの選び方

 

パソコン周辺機器のなかでも特に便利なWi-Fiプリンターは各メーカーからさまざまな製品が販売されています。種類が多過ぎて、どれがよいか分からないという方はプリンターの選び方のポイントを知っておきましょう。

 

○接続方法

プリンターをパソコンに接続する方法はネットワーク方式とUSB接続方式の2種類があります。最近はネットワーク方式が一般的です。

 

現在販売されているネットワーク方式のプリンターは無線LANと有線LAN、どちらにも対応していますがWi-Fi接続などの無線LAN対応が主流になりつつあります。これからWi-Fiプリンターを購入するなら、無線LANプリンターがおすすめでしょう。

○印刷方法

家庭向けのプリンターの印刷方法はインクジェット式とレーザー式が一般的です。インクジェット式のプリンターは価格が比較的安く、コンパクトなサイズ感なので手軽に使えます。しかもインク交換はカートリッジを入れ替えるだけで印刷が可能に。

 

ただしインクカートリッジの容量が小さいので、多量に印刷した場合など、インクの減りが早いのがデメリットといえるでしょう。

 

レーザー式の場合、ランニングコストが安く、印刷速度も速いので、かつてはビジネス向けのモデルとしてラインナップされていました。最近は家庭用の製品も数多く出ているので、多量に印刷したい時におすすめです。

 

○単機能・複合機

プリンターは印刷機能だけを備えた単機能プリンター、印刷からコピー、スキャンまでできる複合機に分かれます。印刷だけが目的なら、単機能プリンターが向いているでしょう。

印刷のほかにも、コピーやスキャンを使用する場合は複合機を選んではいかがでしょうか。

 

○便利な機能付き

最新のプリンターはさまざまな機能を備えた製品が数多く登場しています。目的や用途に合わせたものを選んでください。

 

・両面印刷機能…用紙の両面に印刷ができる。用紙代や印刷にかかる時間が節約可能。

・自動両面印刷機能…プリンターが印刷動作を自動で行う。大量に印刷したい時に便利。

・レーベルプリント機能…CDやDVDのレーベルを印刷できる。

プリンターをWi-Fiに接続する方法

 

プリンターをWi-Fiに接続する方法はいくつかあります。

 

・手動で接続する

接続先であるアクセスポイントのSSIDを選択して、パスワードを入力します。

 

・簡単接続機能

「WPS」、「AOSS」などのボタン操作で簡単に接続する方法です。ほとんどのWi-Fiルーターに接続できるため、スマートフォン、タブレットからも印刷できます。

 

・Wi-Fiダイレクト機能

Wi-Fiルーターなどの親機がなくても、直接Wi-Fiに接続することが可能な機能です。

 

Wi-Fi非対応のプリンターに接続する場合

Wi-Fi非対応のプリンターも、「プリントサーバー」という器機で接続ができます。高画質、高機能ですが、金額が高めなので、そこまでのクオリティを求めていないというならWi-Fi対応プリンターに買い換えるのもよいでしょう。

 

・スマートフォン、タブレットのアプリを使う

プリンターの各メーカーからスマートフォンやタブレット向けの印刷専用アプリが公開されているので確認してください。

 

 

Wi-Fiプリンターは各メーカーから販売されています。いろいろ検討して、自分の目的や用途に合ったタイプを選びましょう。