Wi2 300の評判は?使えるエリアや速度、料金を調査

2019年1月20日

Wi2 300とはどんなサービス?

 

最近、カフェなどでノートパソコンを広げて仕事している人が増えています。セキュリティ保護のあるWi-Fiサービスによって、あらゆる場所でインターネットが使えるようになりました。その中で特に注目されているWi2 300について紹介します。

 

Wi2 300はKDDIグループの「株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス」が提供しています。個人向けでは日本最大希望のエリアで使用できる公衆無線LANサービスです。

 

かなりのエリアに拡大しており、カフェやレストラン、公共施設から交通機関までパソコンやスマートフォンの末端に繋げることができます。

 

・サービスの特徴

Wi2 300の主なサービスの特徴は以下の通りです。

 

○国内最大級のスポット数を誇り、利用できるエリアが多い。

○WPAやWPA2などの暗号化方式に対応するので、安全に利用できる。

○最大通信速度が下り300Mbpsと高速で、ストレスなくインターネットを楽しめる。

 

上記のほか、個別に契約することによって月額の費用が無料になり、毎月の基本使用料がコストダウン可能です。また、スマートフォンはもちろん、タブレットやパソコンでも無料でWi-Fiが利用できます。

 

・申し込み方法

Wi2 300を利用するには月額の有料プランに申し込むか、au契約者限定ですが、auプランでの申し込みが可能です。auプランの場合、「ピタットプラン」、「auフラットプラン20/30」、「LTEフラット」なら無料で利用できるので、契約時に確認しましょう。

 

auはKDDIのグループ会社なので、auユーザーは契約することによって、Wi2 300を全エリア無料で使える特典があります。

 

・設定について

利用申し込み後、Wi2 300のログインIDとパスワードを設定することで、SSIDのネットワークキーが割り当てられます。このSSIDは無線LANのアクセスポイントを識別するための名称で、通信を安全に行うために必要です。

 

使えるSSIDは7つですが、暗号化でセキュリティ保護されているSSIDは3つだけです。セキュリティ保護されているSSIDのみ使うようにしましょう。

 

・ベーシックエリアとオプションエリア

スポットや場所によって、「ベーシックエリア」と「オプションエリア」に分かれます。Wi2 300の契約プランによって利用できるエリアに違いがあり、月額定額プランは基本的にベーシックエリアのみです。

 

オプションエリアを利用するには時間制の追加料金が必要となります。エリア検索すれば、スポットがどちらのエリアになるのか表示されるので、調べてみましょう。

 

・Wi-Fi接続の仕方

パソコンでWi2 300へ接続する方法を紹介します。

 

1.パソコンの設定マークをクリックし、「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」の順にクリックします。

 

2.次に「ネットワークに接続」をクリックし、接続可能なSSIDが表示されるので、エリアに合わせて選択しましょう。盾のアイコンが付いているSSIDは暗号化されていなので、注意してください。

 

3.接続可能なSSIDを開いて、接続をクリック。Wi2 300のマイページに記載されているネットワークキーを入力します。

 

4.エリアのページが開くので、ログインIDとパスワードを入力してください。「このページはセキュリティ確保のため暗号化しております」と表示されたらログイン完了です。

 

オプションエリアの場合、エリアのページにオプションエリアチケットが必要だと表示されますが、そのままログインできます。

 

気になる口コミ!wi2 300の評判は

 

wi2 300の評判はどうなのか?実際に使ってみたという、ネットの口コミを見てみましょう。

 

・使ってみてよかった口コミ

○空港やパーキングエリアで通信がスムーズに繋がった

○カフェでインターネットを利用する人には便利なサービス

○月額が安い

○サービスの使用範囲が広く、パソコンやタブレット複数台同時に使える

○セキュリティが高い

 

・使ってみてよくなかった口コミ

○移動しながら利用するには不向き

○地下や高層階にいると電波状況が悪くなる

○動画を見ていると通信が不安定な時がある

○よく行くWi-Fiスポットではオプションエリアの接続しかできず、追加料金が掛かってしまう

○追加料金が必要なエリアが多く、通信速度も途切れがち

 

よい点、悪い点についての感想がそれぞれありました。悪いと感じる口コミでは有料エリアや通信の不安定さへの不満が目立ちます

 

ただし、特に問題なく接続できるという声もあったので、使う場所や周りの状況によって違うのかもしれません。公衆無線LANでもっとも気になるのがセキュリティ面ですが、wi2 300のセキュリティは評判がよいようです。

 

wi2 300のセキュリティには「WPA」、「WPA2」という暗号化システムが採用されており、全世界で認められているので安心して使えます。ただし、接続先によっては暗号化されていない場合もあるので、事前の確認は必要です。

 

まとめ

 

外でインターネットをよく使用するという方にとってWi2 300は気になる公衆無線LANサービスだったのでは? ただし注意したいのが、Wi2 300に限らず、公衆のWi-Fiスポットを利用する場合、通信している内容をそのままみられてしまう可能性も否定できません。Wi-Fi接続時中、大切な個人情報やデータは送受信に気を付けましょう。

 

そしてWi2 300だけでなく他社にもさまざまなプランがあるので、自分に合ったものを探してみてくださいね。