Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

【出張や旅行が多い人向け】田舎でも使えるポケットwifiってどれ?

2019年2月12日

田舎でもつながりやすいポケットWi-Fiを選ぶポイント

 

・データ通信料が無制限で使えること

 

田舎では、光回線が通っておらず固定回線を引くことができない・田舎に帰省するのにインターネットにつながらなかったら困る・自宅の回線は遅すぎて使い物にならないなどという場合、ポケットWi-Fiを使用するという選択肢が出てきます。田舎についたら、外出したり遊びに出かけたりすることがほぼないという場合、ポケットWi-Fiはデータ通信料が無制限でないと、固定回線代わりに使うことはできないことがお分かりいただけますでしょうか。つまり、動画を観たりゲームをしたりするなどで、膨大な容量を使用することになるからです。

 

・5種類のモバイル回線のなかから選択

 

スマートフォンの大手3キャリア・WiMAX2+・Yモバイルなどの回線網は、カバーしているエリアがバラバラです。

 

  • ソフトバンクのスマートフォンと同じ回線を利用するWi-Fiルーター
  • 旧ウィルコムとソフトバンク回線を利用するY!mobile
  • 専用のワイマックス回線を利用するWiMAX
  • ドコモのスマートフォンと同じ回線を利用するWi-Fiルーター
  • Auのスマートフォンと同じ回線を利用するWi-Fiルーター

 

特に、田舎ではこのエリアごとのつながり方が顕著であり、「auならつながるのにY!mobileだと使えない」「Y!mobileならつながるのにWiMAXでは無理」など。そのため、使用しているスマートフォンとセットで安くなるからなどという考えで選ぶことはおすすめできません。重要なのは、使用するエリアでピンポイントにつながるかどうかを診断することです。

 

契約前にエリア確認をしよう

 

・Y!mobile

 

まず、Y!mobileのエリア確認をしてみましょう。Y!mobileは、WiMAXと比較すると若干速度が落ちますが、使用しているLTE回線はプラチナバンドというつながりやすい回線となります。周波数も低く、山間部でもエリア内でもつながる可能性が高いです。

 

注意点としては、WiMAXのギガ放題とは異なり、月間データ容量無制限で使うことが難しいです。アドバンスモードエリア限定であれば無制限プランも存在しますが、アドバンスモードのエリアはまだまだ発展途上の状態です。そのため、田舎でアドバンスモードを使うという選択肢は早々に諦めた方が良さそうです。ただし、出張・帰省で1週間だけ田舎へ・動画を観たりゲームをしたりする予定はない(せいぜいSNSをチェックする程度)などで、容量を思いきり使用するような使い方はしないよという場合には、Y!mobileでもアリではないでしょうか。

 

・WiMAX

 

次に、WiMAXのエリア確認をしてみましょう。WiMAXはすでに廃止になっていますが、その代わりにWiMAX2・LTEのタブがあり、機種変更をされた方も多いのではいでしょうか。つまり、WiMAXを使用していた人は、今はWiMAX2に機種変更済みということですね。LTEはWiMAX2+よりも速度は遅くなりますが、エリア面で広くカバーしてくれているところが魅力的なポイントとなります。ただし、LTEはあくまでオプションであり、ギガ放題を契約しても、月間7GB以上で速度制限がかかる仕組みとなっています。

 

WiMAX2+の回線は周波数が高く、高速通信も可能です。その速度が売り文句であるWiMAXですが、代わりと言ってはなんですが、山間部などでは電波が届きにくいのです。そうした性質から、建物内でも若干の電波の弱さが気になる場合も。つまり、平野の広がる田舎では使える可能性が高いですが、周囲を山に囲まれた田舎ではつながりにくい、というように、どのエリアで使用するのがポイントとなってきますね。

おすすめはコレ!

 

では、いよいよおすすめのポケットWi-Fiを見ていきましょう。

 

・ブロードワイマックス

 

もしもエリア確認の診断後、WiMAX2の電波が届く・問題ナシという判断が下されれば、「ブロードワイマックス」がおすすめです。ブロードワイマックスは、料金面・速度面・契約期間・速度制限など全般的にとても優秀。田舎でも快適にインターネットを利用できる可能性が高いでしょう。実際に利用してみて、やはり電波が届かないということであれば、キャンセルも可能なので、試すだけも価値があります。最新のルーターはすべて無料・月額料金もWiMAX業界最安値と非の打ちどころがありません。ブロードワイマックスの月額料金は、2,726円~。いずれの機種でも、月間容量無制限で利用可能です。

 

・Y!mobile

 

「これから行く出張先・うちの実家ではWiMAX2+の電波が届きませんけど?!」という場合にはY!mobileがおすすめです。Ymobileは、WiMAX2+と提供エリアはほぼ同等の広さを誇っています。また、室内でもつながりやすいところが特徴のひとつです。ただし、速度面ではWiMAX2+の方が上です。

 

田舎でも使えるポケットWi-Fi選びのポイントなどについてまとめてみました。

もともと、WiMAXは光回線を利用することのできない地域のために開発されたネット回線であるため、離島・郊外・田舎でのインターネット利用を検討する場合、まずはWiMAXの検討を考えてみると良いでしょう。そのうえで、エリアが微妙となった場合、ほかのポケットWi-Fiをチェックしてみるという方法はいかがでしょうか。田舎だから使えない!とあきらめるのではなく、ピンポイントエリア診断で自分の行動範囲に合ったポケットWi-Fi

を探してみてくださいね。