アップルウォッチ×Wifi!便利機能をチェック

2019年2月21日

アップルウォッチとは?

アップルウォッチは2015年4月24日に発売された腕時計型の身に着けることができるコンピューターです。主にiPhoneとペアリングして使用する端末で、腕時計のように装着して使用する小型の端末ためスマートフォンの操作よりもよりお手軽に操作をすることができます。

2018年にはアップルウォッチ4が発売され、画面のサイズが大きくなりさらに見やすくなりました。スピーカーの出力も前モデルよりも50%強化され、音楽もより高音質で聞くことができるように!そしてアップルウォッチといったらフィットネスという方にも嬉しい機能が追加されました。アップルウォッチ4は心電図測定機能が追加され、今後日本でも心電図測定機能が使用できるようになることが期待されています。心電図測定ができるようになれば、心拍数だけでなく不整脈などの心臓疾患も検知できるようになることが見込まれるため、体調管理を手助けしてくれることが考えられます。そして転倒した際に検知する機能も追加されました。転倒後60秒経っても応答がない場合、緊急電話と緊急連絡先にメッセージが自動送信されるのだとか。誤報にもつながる可能性がありますが、一人暮らしの方などは不慮の事故の際にいち早く助けを呼ぶことができるため、離れて暮らしていても安心ですね。さらに容量も16GBまでアップ。アップルウォッチは年々進化を遂げ、私たちの生活に浸透しつつあるのです。このように便利な機能が満載のアップルウォッチ、Wi-Fiルーターとつなぐことでより便利に使用することができます。次からはアップルウォッチをWi-Fiにつなぐことでできるようになる機能をご紹介します。

 

Wi-Fi×アップルウォッチでもっとスマートに!

アップルウォッチをWi-Fiに接続するには、ペアリングされているiPhoneをWi-Fiに接続する必要があります。一度iPhoneに登録された内容はアップルウォッチに反映されるため、一度Wi-Fiに接続すれば次回からはiPhoneがなくてもWi-Fiに接続することができるようになります。

アップルウォッチがWi-Fiにつながっていることで最も便利といえるのは、地図アプリを起動できるということ。道がわからない時には地図アプリは必要不可欠ですが、歩きスマホでは周りの人に迷惑となってしまいます。周囲への注意がおろそかになってしまう危険行為です。

しかし、アップルウォッチならそのようなことはありません。両手がふさがることがないため、スマートフォンと比べて操作もシンプル。さらに、曲がるべきところに差し掛かるとバイブで知らせてくれるため、画面を見る時間が最小限で済むのです。この機能があれば、自転車で移動している時も地図アプリを利用することができますね。

さらに、ナビアプリをSiriで起動させれば話しかけるだけで操作は完了。手で操作をする必要もなくなります。便利なだけでなく、安全に目的地にたどり着くことができるのです。

アップルウォッチをWi-Fiにつないだなら、LINEの通知を受け取れるようにしておくと便利です。アップルウォッチでLINEの通知を受け取るためには、ペアリングしているiPhoneのアプリでラインの通知をオンにしておくことが必要です。こうすることで、新着メッセージを確認できるほか、LINEアプリを起動すればテキストや初期状態で搭載されているスタンプもアップルウォッチから送信することができます。アップルウォッチでLINEメッセージを確認できればいちいちカバンからスマートフォンを出す必要がなくなります。待ち合わせ先に向かう時の連絡など、こまめに連絡を取りたいときにはすぐにメッセージを確認できるアップルウォッチが圧倒的に便利です。立て込んでいる時も、アップルウォッチならメッセージをサッと確認して要件に緊急性があるかどうかを確認することができます。

また、アップルウォッチを家電リモコンとして使用することも可能です。照明などの家電をつけたいときは身に着けたアップルウォッチを操作するだけでいいので、リモコンを探さなくても良く操作がとってもスマートです。遠隔操作で帰宅時に合わせて快適な室温にできることはもちろん、ペットを飼っている方は不在にしている時でも気温などの室内環境を確認することができます。寒かったり暑かったりしたときは、アップルウォッチを使ってエアコンのスイッチをオン!操作がシンプルになるだけでなく、いつでも室内環境を管理できるので安心です。

 

アップルウォッチで生活をより便利に

このほかにも、アップルウォッチをWi-Fiにつなぐことでお天気情報をチェックしたり、株価の情報を見たりすることも可能です。Wi-Fiに繋がっていなくとも、Apple Payでの買い物や、心拍数などのフィットネス機能を使用することができます。同期済みであれば音楽を聞くことも、画像を見ることもできます。とはいえ、アップルウォッチの性能を最大限に生かして使うならWi-Fiは不可欠!メッセージをスマートにやり取りしたり、ナビ機能を使ったりするのもアップルウォッチなら操作も簡単です。

 

去年はアップルウォッチ4も発売され、今後さらに機能の充実が期待されます。Wi-Fi×アップルウォッチの便利さを実感してみましょう!