スマホバッテリーの負担軽減?!Wi-Fiスマートプラグとは

2019年3月30日

スマホバッテリーに負担がかかる原因は

スマホバッテリーの寿命は1年から2年といわれています。この寿命が示すところは、使い方次第で倍近く長持ちするということ。最近はバッテリー内蔵型のスマートフォンも増えてきているため、電池交換だけでも一万円近くかかることもあります。できるだけバッテリーを長持ちさせて電池交換をする頻度を減らしたいですね。

 

・バッテリー負荷の3要因

バッテリーに負荷がかかる原因は大きく分けて3つあります。1つ目は充電を繰り返すこと。約500回の充電でバッテリーの性能は約半分にまで落ちてくると言われており、1日1回充電したとすると1年半ほどで「バッテリーの持ちが悪くなった」と感じるようになるのです。

2つ目の原因は充電中にスマートフォンを利用することです。充電しながらスマートフォンを利用した際、本体が熱くなったという経験はないでしょうか。このスマートフォンの発熱もバッテリーの劣化の原因となります。充電ちゅうスマートフォンを利用していなくても、高温な場所での充電はバッテリーの負担となり得るため注意しましょう。

3つ目は過放電と過充電です。「過放電」とはバッテリーが0%になるまでスマートフォンを使い、その後充電せず放置してしまうこと。そして「過充電」とはバッテリーの充電が100%となっても長時間放置してしまうことです。過放電はあまりないことかと思われますが、過充電はスマートフォンを普通に使っていてもしてしまいがち。

なぜ過充電がバッテリーの負担になるのかというと、充電が100%になった後スマートフォンは充電と放電を繰り返してしまうため。これはなんでも充電を繰り返していることと同じ状態になってしまうため、バッテリーにとって負担となってしまうのです。

 

この過充電によるバッテリーの劣化を防ぐ手助けとなるのが口コミでも話題の「Wi-Fiスマートプラグ」。これはタップのついているコンセントのような機能のあるプラグで、Wi-Fi経由でコンセントのオン・オフをコントロールすることができます。アプリを使ってコンセントのオン・オフを操作するだけでなく充電したい時間数を指定することもできるのです。

 

Wi-Fiスマートプラグの選び方

Wi-Fiスマートプラグを選ぶ時は、どのような使い道をしたいのかを定めておきましょう。

 

・Wi-Fiスマートプラグの選択基準

Wi-Fiスマートプラグにはコンセントが付いており、このコンセントが複数あるものもあります。Wi-Fiスマートプラグにつなぎたい家電の数に応じて選ぶようにしましょう。家族みんなで1つの場所でスマートフォンを充電する、という場合はコンセントが複数あったほうが便利です。

また、Wi-Fiスマートプラグを選ぶ際は形状にもこだわりましょう。コンセントの数が4つなどたくさんあるタイプのものはコード式になっていますが、Wi-Fiスマートプラグの多くは箱型の形状をしています。このため、大きいものだとコンセントをふさいでしまうことも。快適にWi-Fiスマートプラグを使うためにはできるだけ小型者ものを選ぶのがオススメです。中には横長の形状をしているものもあり、コンセントをふさいでしまわないような配慮がされています。

 

・確認すること

使用方法がはっきりしたなら、使用しているスマートフォンに対応したWi-Fiスマートプラグかどうかをチェックしましょう。Wi-Fiスマートプラグの中には、iPhoneかAndroidいずれかにしか対応していないものもあります。せっかく買ったのに使えなかったらがっかりですね。購入前に自分の持っているスマートフォンに対応しているかどうかは必ず確かめるようにしましょう。また、Wi-Fiスマートプラグが日本で使えるものかどうかも確認が必要です。日本でWi-Fiスマートプラグを使う場合は100Vに対応することが必須です。「JP」と表記されていれば日本で使えるというしるしです。通販を利用するときなどは特に表記を注意深くチェックしましょう。

そして、Wi-Fiスマートプラグに自分の使いたい機能が搭載されているかどうかを確かめましょう。スマートフォンの電池の劣化を防ぐためには、Wi-Fiスマートプラグの時間指定機能やタイマー機能は必須です。Wi-Fiスマートプラグを購入する際にはこれらのことを必ず確かめるようにしましょう。

Wi-Fiスマートプラグは使い方色々

また、Wi-Fiスマートプラグは遠隔で家電の状態をチェックするなど、アプリを使うことで様々な操作が可能となります。中には日々の消費電力をチェックできるWi-Fiスマートプラグも。Wi-FiスマートプラグにUSBポートがついていると+αで便利な使い方をすることができます。USBに接続して充電するデバイスの充電だけでなく、USBポートがついているタイプであればGoogle Homeなどのスマートスピーカーと接続して音声でオン・オフの操作をすることができるようになります。音声での操作もしたい場合は、お手持ちのスマートスピーカーに対応しているかどうかもチェックしておきましょう。

 

口コミでも話題のWi-Fiスマートプラグ。家電をより便利に使うことができること間違いなしです。スマートフォンの電池の劣化を防ぐことができれば、お財布にもうれしいですね。