【若者向け】wifiルーターもおしゃれにこだわってみる?!

2019年4月12日

収納で上手に「おしゃれ」を作る

 

どれだけおしゃれなインテリアの家に住んでいても、ルーターやケーブルがごちゃごちゃと目立って見えていたら台無しです。では、どのようにルーターの存在感を消すことができるでしょうか。

 

・市販の収納ボックスを利用

シンプルな収納ボックスであれば、どんなインテリアにも相性が合いなじみます。また、Wi-Fiルーター収納用ボックスも販売されていることをご存知でしょうか。そのなかから、自分好みのものを選ぶと一番良いかもしれませんね。注意点としては、フタ付きのものでは密封されてしまうため電波妨害が起こり、Wi-Fi接続が不安定になる可能性も。できるだけ、放熱・電波状況の良い状態を作り出すため、完全に密封されているボックスは避けたほうが無難でしょう。

 

・ホームセンターや100均で手軽にゲット

どこにでも売っている安価な網カゴもおすすめです。カゴに入れて目隠し代わりに布で覆うというのもひとつの方法。カゴには隙間があり、通気性が良いためルーターを収納するのに実は大変便利なアイテムなのです。また、布で覆わなくても、造花を挿したりカーテンで隠したりするのもおすすめです。つっぱり棒にカフェカーテンやレースなどを通して、収納棚の目隠しに使えばおしゃれに目隠しができますよ。つっぱり棒とお好みのカーテンになりそうな布をゲットすれば、それだけでルーター収納はバッチリです。

 

・おしゃれな紙袋はいかが?

紙袋のなかには、おしゃれでかわいいものがたくさん。そうした素敵な紙袋は、捨てずに必ず取っておくことを習慣づけましょう。そんなおしゃれな紙袋は持っていないという方は、100均ショップへ足を運んでみてください。実はおしゃれな紙袋が数多く販売されています。あなた好みのものを見つけましょう。ブランドのショップバッグも非常に人気があり、なかにはメルカリなどで紙袋だけ売られている場合もあります。それほどブランドのショップバッグというだけで価値があるということですね。

 

出しっぱなしOK!デザイン性抜群のルーター

 

  • バッファローの「AirStation connect」

このWi-Fiルーターの画期的なところは、なんとフォルムが丸いところです。まるでお皿のような見た目で、どんなインテリアにもなじむ白のシンプルなデザインは、おしゃれにこだわる方にはぜひおすすめしたいルーターです。

 

機械であることを忘れてしまうほど、ディスプレイのひとつとして違和感がありません。また、収納棚に小物と同じ感覚で並べて置いておいても問題ないでしょう。こうしたデザイン性の高いルーターであれば、布で隠すなどの行為は逆にもったいないですね。また、横向きに置くのもアリです。つまり、本当にお皿のように置いてしまうということ。上から観葉植物を這わせてみると、もう誰もそれがルーターであるということは気付かないことでしょう。横向きのルーターの上に、置物などを置いてもおしゃれです。本当にただのおしゃれな部屋のインテリア、といったところですね。

 

  • バッファローの「WSR-2533DHP2シリーズ」

見た目はルーターといった雰囲気ですが、そのスタイリッシュでクール、エレガントなデザインは非常に魅力的です。また、カラーはシャンパンゴールドとクールブラックの2色で迷ってしまいますね。コンパクトなボディは、どこに置いてもかさばることはありません。普通に縦向きに置くのが無難ですが、おしゃれ上級者の方は、スタンドを利用して壁に取り付けるなどということも可能ですよ。

収納に適した場所・適していない場所

隠したいがために部屋の奥へ奥へと追いやってしまうと、電波が弱くなってしまいます。また、おしゃれにしたから目立つ場所へと思う気持ちも分かります。どんな場所がルーターを設置するのに適しているのでしょうか。

 

・できる限り部屋の中央に

部屋の中央にルーターを置くことにより、室内にまんべんなく電波が行き届くことに。

 

・1m~2mほどの位置に

高いところに設置すると、それだけ遠くへ電波を飛ばしやすくなります。ワンルームではなく、部屋がいくつかある場合にはぜひ試してみてください。

 

次に、ルーターを設置するのに適していない場所をご紹介しましょう。

 

・部屋の角

部屋の中央の反対、ということで、部屋の角にルーターを設置するのはおすすめしません。部屋全体に電波をしっかり届けることが難しくなり、電波が不安定な場所が発生する可能性があります。

 

・床に直置き

床にそのまま置いてしまうと、床面で電波が反射してしまい、Wi-Fiがつながりにくくなることも。せめて、台の上などに設置するようにしましょう。

 

・家電の近く(特に電子レンジ)

家電は電波を発信しており、Wi-Fiの電波干渉を受けてネット接続が不安定になることも。特に、電子レンジはWi-Fiの電波とほぼ同じ周波数帯の電波であるため、注意が必要です。

 

・水回りや水槽近く

ルーターが万が一にでも水に濡れることは避けねばなりません。また、水は電波を吸収します。水槽の隣などに置いておくと、電波が弱くなる可能性があります。

 

このように、ルーターの収納方法にはいくらでもおしゃれに見せる方法があることが分かりました。次のお休みには、ぜひ自分に合った選び方でルーターをおしゃれに収納してみませんか。