飛行機内でWifiが使える!機内Wifiとは

2019年5月22日

生活がもっと便利に!飛行機でもWi-Fiが使える!

飛行機内では、携帯などの電波を発する機器の使用が法律で禁じられているため、機内モードに設定するか電源を落とす必要があります。このような内容のアナウンスは飛行機に乗ったことのある方なら一度は聞いたことがあるでしょう。これは、飛行機内で携帯電話などの危機を使用すると、そこから発せられる電波が飛行機に必要な電波を妨害してしまい、誤作動の可能性があるからなのだそうです。このため、今までは飛行機内ではインターネットは使えない、というのが常識でした。

 

しかし、最近では「機内Wi-Fi」が搭載されることで機内でもインターネットを使うことができるようになってきているのです。機内でも連絡を取れたり、インターネットを閲覧で斬れば長いフライト時間を有効に過ごしたりすることができますね。次の章からは機内Wi-Fiの仕組みやどうしたら使えるのかを見ていきましょう。

 

機内Wi-Fiとは?

「機内Wi-Fi」は通信衛星を経由することで通信を可能としているサービスです。地上では基地局で電波を通信いており、衛星を経由して通信している点が普段の通信と異なります。機内Wi-Fiはこのように、フライトに影響がないことが確認できている電波を使用するため、機内でも安全にWi-Fiを使用することが可能となっているのです。

機内Wi-Fiの設備があれば後は通常のWi-Fiを使用するときと使い方は同じです。スマートフォンやタブレットなど、使用したい機器とWi-Fiを接続すればインターネットの利用が可能となるのです。機内Wi-Fiと接続することで、インターネットの検索はもちろん、TwitterやインスタグラムなどのSVS、ラインなどのメッセージアプリも使用が可能となるのです。長いフライト時間も仕事をできれば上手に時間を使うことができますね。

旅行などのレジャーなら、機内から撮影した空の写真をリアルタイムで共有できてみんなで楽しむことができます。LINEなどのメッセージアプリが機内で使用できることで、遅延などの情報をすぐに伝えることができるため、待ち合わせをしている場合でも安心!このように、機内でも普段通りにWi-Fiを使うことができれば飛行機の旅がより便利で楽しくなります。

 

ここで気になるのは、機内Wi-Fiには料金がかかるのか?ということ。現在、JAL国内線とANA国内線では無料で機内Wi-Fiを使用することができるようになっています。国際線の場合は、ANAのファーストクラスですと無料、それ以外なら時間単位で料金を支払うことでWi-Fiを使用することができるようになります。データ使用料ですがJALは無制限、ANAはプランによって容量制限があるなど、航空会社によって様々。どうなっているかを事前に確認しコンテンツを思う存分楽しみましょう!

 

機内Wi-Fiはすべての航空会社が対応しているわけではありません。また、機内Wi-Fiを提供している航空会社であっても路線によっては対応していない場合もあるので、機内Wi-Fiを使用したい場合は予約時など事前に確認しておくと良いでしょう。機内Wi-Fiに対応しているかどうかは予約画面でも確認することが可能です。「空席照会画面」にWi-Fiマークがついている路線は機内Wi-Fiを使用することができます。また、機内Wi-Fiが使える場合は期待や機内にWi-Fiマークがついています。機内Wi-Fiの使用を希望する場合はチェックしてみましょう!

 

 

機内Wi-Fiの使い方と注意点

 

 

機内Wi-Fiを利用するときは、機内モードにしたままWi-Fiをオンにして利用します。たいていの機種は機内モードにすると自動でWi-Fiもオフになるので、手動でWi-Fiをオンに設定しましょう。あとは画面に従ってWi-Fi接続の操作を進めることで機内Wi-Fiを思料することができるようになります。アプリをダウンロードしたり、専用サイトにログインしたりすることで、使用できるようになるものが多いようです。

そして、離着陸の前後5~10分は機内Wi-Fiを利用することはできません。Wi-Fiが使えるようになるとアナウンスをしてくれる場合もあるので、離陸後は期待が安定するまで待機しましょう。

 

また、使用容量が無制限や上限が設定されておらず、従量制の航空会社もあるようです。何気なくインターネットを利用したら思わぬ高額請求が来てしまった、というケースも!機内Wi-Fiの料金形態は必ず確認して置くようにしましょう。想定外の出費を防ぐためにも、スマートフォンなどの自動更新は飛行機に登場する前にオフにしておきましょう。

また、機内Wi-Fiの通信速度は今のところあまり早いとは言えないようです。このため、YouTubeなどの動画コンテンツの視聴を禁止している航空会社もあります。その代わり、航空会社が動画コンテンツを提供しているケースもありますので、これを利用してフライト時間を楽しみましょう。JALでは月ごとの配信コンテンツをWeb上で公開していますので、旅行日に合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、ポケットWi-Fiなどのルーターは機内での使用は禁止されています。機内ではルーターの電源を入れること自体が禁止となっているので、ルーターが荷物にある場合は気をつけるようにしましょう。

 

空の上でもWi-Fiを使うことができるなんてとっても便利ですね!機内Wi-Fiを利用してより快適に旅を楽しみましょう。