Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

知ってる?話題のWifiダイレクトを使いこなしてみよう

2019年5月28日

Wi-Fiダイレクトの基本情報

 

Wi-Fiダイレクトとは端末同士をWi-Fiルーターなしで繋ぐ機能のことです。さまざまな通信機器を使うのに便利なため、最近あらゆる分野で評判です。

ぜひこの機会にWi-Fiダイレクトの基本的な情報や接続方法を知っておきましょう。

 

Wi-FiダイレクトはWi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)という業界団体によって決められた無線LAN規格のことです。通常、Wi-Fiはルーターから送られる電波を通して、インターネットをスマートフォンやパソコン、タブレットなどの末端に繋ぎます。しかし、Wi-Fiダイレクトの場合、Wi-Fiルーター(アクセスポイント)なしでWi-Fiが使えるのです。

具体的な例を挙げると、Wi-Fi Directに対応しているプリンターなどの通信機器がWi-Fiルーターの代わりに直接、Wi-Fi通信を行えるようになるため、ケーブルで繋げる必要がありません。

 

また、Wi-Fi機能のあるスマートフォンに専用のアプリをダWi-Fiダイレクトウンロードすることで、スマートフォン内の写真をWi-Fiダイレクト対応のプリンターに直接転送して印刷することも可能です。

 

1台のWi-Fiダイレクト対応の機器があれば、複数の機器に接続できる点も評判が高い理由のひとつでしょう。

 

・Wi-Fiダイレクトに対応する機器

Wi-Fiダイレクトに対応している機器はパソコンやスマートフォンだけではありません。テレビやレコーダーといった家電製品も増えてきています。

 

ただし、明確な表示がないので、ひと目見ただけではその機器がWi-Fiダイレクトに対応しているかどうかは分かりづらいかと思います。取扱説明書かメーカーに問い合わせて確認するとよいでしょう。

 

Wi-Fiダイレクトの設定方法

 

Wi-Fiダイレクトの対応機器はスマートフォン、テレビ、カメラ、プリンター、ゲーム機など種類が豊富で、それぞれ接続の仕方も異なります。ここでは大まかな接続方法を紹介します。

Wi-Fiダイレクトの対応機器にはSSID、暗号キーと呼ばれるパスワードがあります。通常のWi-Fi設定と同じように、繋げる機器の末端にSSIDと暗号キーを読み込ませて設定しましょう。

 

スマートフォンなどのWPSボタンが付いている器機は「WPS接続設定」をタップし、Wi-Fiダイレクト対応機器のWPSボタンを長押しすれば接続が完了します。

プリンターの場合は本体の結晶パネルに表示されている「Wi-Fi設定」から「Wi-Fiダイレクト」を選択、SSIDと暗号キーが表示されるので、スマートフォンやパソコンの「Wi-Fi設定」に入力して設定完了です。

 

・各末端の設定方法

プリンターなどのWi-Fiダイレクトに対応した機器が親機になるのに対し、スマートフォンやパソコンは受ける側、つまり子機の役割を果たします。それぞれの末端の接続方法を見てみましょう。

 

【iPhone、アンドロイドの設定方法】

1.プリンターなどの親機で、SSIDと暗号キーを表示。

2.スマートフォンの設定の「Wi-Fi」を表示させ、SSIDの一覧を表示。

3.接続したい機器のSSIDを選択し、暗号キーを入力して「接続」をタップ。

 

【Windowsの設定方法】

1.プリンターなどの親機で、SSIDと暗号キーを表示。

2.タスクバーからSSIDの一覧を表示させ、接続したい機器のSSIDを選択し、「接続」をクリック。

3.ネットワークセキュリティキーを入力、「次へ」をクリックして完了

 

【MACの設定方法】

1.プリンターなどの親機で、SSIDと暗号キーを表示。

2.アップルメニューから「システム環境設定」を表示させ、「ネットワーク」を選択。

3.WifiがOFFの場合は「Wi-Fi」を表示させ、「Wi-Fiを入りにする」をクリック。

Wi-Fiダイレクトの注意点

 

便利だと評判の高いWi-Fiダイレクトですが、使う際にはいくつの注意が必要です。正しい利用方法を知っておきましょう。

 

・Wi-Fiダイレクト使用後はルーターに繋ぎ直す

Wi-Fiダイレクトの使用中はルーターとの接続が切れてしまうため、インターネットが使用できません。Wi-Fiダイレクトで機器との通信が終わったら、ふたたびルーターに繋ぎ直す必要があります。

 

・Wi-Fiダイレクトに繋ぐ必要がない場合も

Wi-Fiダイレクトの最大のメリットはルーターなしで機器同士を接続できる点です。そのため、最初からルーターを利用しているのであれば、それほど必要性がありません。

ルーターがない環境で外部端末を繋ぐ手間などを省けるのは大変便利ですが、そうでなければあまり利用することがないでしょう。

 

 

ルーターを利用することなく機器同士を直接繋げられるWi-Fiダイレクトは対応機種も年々増えており、大変使い勝手がよい機能です。設定自体も簡単なので、ネットにアクセスできない場所では活用する機会が多くなることが予想されます。

その一方で、インターネットそのものが利用できる訳でなく、あくまでも機器同士を繋ぐだけの機能なので、環境によっては必要性を感じないかもしれません。利用したいという方は自分のWi-Fi環境や現在使用している器機がWi-Fiダイレクトに対応するかを確認してから検討してみてはいかがでしょうか。

 

スマートフォン、パソコンに限らず、評判のWi-Fiダイレクトを上手に使いこなすことができれば、快適なWi-Fiライフを送ることができますよ。