Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

結局どうなってるの?簡単にわかるWi-Fiの仕組み

2019年7月24日

カフェや駅、ショッピングモールなどに飛んでいるWi-Fi。普及し一般的になってきましたが、そもそもWi-Fiの仕組みってどうなっているの?といまだに疑問に思っている人もいるはずです。

 

そこで今回は、Wi-Fiの仕組みと接続方法を簡単にご紹介します!

 

◼️Wi-Fiとは無線LANの規格のこと

 

Wi-Fiとは、ネットワークを無線で繋ぐ技術のことです。昔はデバイスとLANケーブルを接続してネットワークに繋ぐ有線LANが主流でした。

 

LANケーブルを繋いでいないとネットワークに接続できないためセキュリティが強固であり、今でも企業や省庁で使われている場合もあります。

 

しかし、有線LANはその名の通り配線を使わなくてはいけないネットワーク接続方法です。繋ぐデバイスが多くなればなるほど、配線が多くなり見栄えが悪くなってしまいます。

 

また、デバイスを接続する手間もかかるのが有線LANの難点といえます。それらを解決したのが無線LANです。2000年代に入ってから普及し、今では主流となっています。

 

実は、無線LANとWi-Fiは完全にイコールではないのですが、ほとんど同じものと考えても問題ありません。難しい言葉でいうと、「無線LANの統一規格の名称」のことです。

 

◼️Wi-Fiが繋がる仕組みとは

 

それでは、どのような仕組みでWi-Fiとデバイスが繋がっているのでしょうか。

 

Wi-Fiを使うには、「インターネット回線」と「Wi-Fiルーター」が必要です。街中に張り巡らされている電柱には、通信をするための回線が通っています。そのインターネット回線を、家まで引っ張ってくる必要があるのです。

 

戸建の場合は工事を行なって回線を家まで繋げます。マンションやアパートなどの集合住宅は、建てる段階でインターネット回線工事も一緒に行なっていることがほとんどです。

 

集合住宅の場合は、自宅に引かれている回線がどこのものかを確認し、インターネットを使いたい旨を回線業者に連絡しましょう。

 

電柱から引いてきた固定回線は、「モデム」という機器に繋がっています。ただしモデムだけでは無線でデバイスを繋げることはできません。Wi-Fiルーターをモデムと接続することで、Wi-Fiを使えるようになるのです。

 

Wi-Fiルーターは周囲に電波を飛ばす機器のことで、モデムからルーターに回線を繋げることで、家の中にある電子機器と無線で接続できるようになります。

 

スマートフォンやパソコン、ゲーム機などは、Wi-Fiルーターから発されている電波をキャッチして通信を行なっているという仕組みです。

 

◼️Wi-Fiの接続方法

 

Wi-Fiがデバイスと繋がる仕組みをご紹介しました。では、どのような手順でルーターからの電波をキャッチするのでしょうか。

 

Wi-Fiの接続方法は、フリーWi-Fiと個人所有のWi-Fiで異なります。2つに分けて説明していきます。

 

▼フリーWi-Fiの場合

 

iPhoneやAndroidの場合は、まずはホーム画面から「設定」→「Wi-Fi」をタップして、Wi-Fiをオンにしましょう。Macの場合は、デスクトップ画面から「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fiをオンにする」をクリックします。

 

オンにすると自動で近くにあるWi-Fiを探して表示してくれます。その中からカフェやお店で提供しているフリーWi-Fiを選択すると接続できます。

 

種類によっては、メールアドレスなどといった簡単な情報の登録が必要な場合もあります。

 

フリーWi-Fiは鍵がついていないので基本的にパスワードを入力する必要はありませんが、「ゲストWi-Fi」など、店舗を利用している人に制限して提供しているタイプの場合は、パスワードを要求されることもあります。

 

その場合は、店舗のテーブルやメニューに記載がないか確認し、なければ店員さんに尋ねてみましょう。

▼個人所有のWi-Fiの場合

 

個人所有のWi-Fiの場合も、Wi-Fiを検索するまでの手順は同じです。

 

iPhoneやAndroidでWi-Fiを使用する際は、ホーム画面から「設定」→「Wi-Fi」をタップしてWi-Fiをオンにし、近くにあるネットワークを検索しましょう。Macの場合は、デスクトップ画面から「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fiをオンにする」をクリックします。

 

このとき、Wi-Fiルーターの電源がオンになっているか確認することを忘れずに。

 

個人所有のWi-Fiルーターで接続する場合には必ずパスワードが必要です。Wi-Fiルーターに「SSID(ネットワークの名前)」と「パスワード」が記載されているので、接続前に確認しておきます。

 

検索して表示されたネットワークの中に、Wi-Fiルーターに記載があったSSIDと一致した名前を見つけたらタップします。パスワードを要求されるので、SSIDとセットで書いてあるパスワードを入力しましょう。

 

◼️まとめ

 

インターネット回線とWi-Fiルーターを使うことで、デバイスを無線でインターネットに接続することが可能なのです。Wi-Fiが繋がる仕組みを理解して正しい使い方をしましょう!

 

便利なWi-Fiを上手に活用して、ストレスフリーなインターネットライフを送ってくださいね。