Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

Wi-Fi6はすぐに導入すべき?特徴とおすすめの買い替え時期

2019年9月15日

Wi-Fiの新規格として話題になっているWi-Fi6。名前は聞いたことがあるけれど、よくわからないと感じている人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、Wi-Fi6の特徴と、対応ルーターを買い換えるおすすめの時期についてご紹介します。

 

◼️Wi-Fi6とは?

 

Wi-Fi6とは、新しいWi-Fi規格のことを指しており、約5年おきに新規格が登場しています。

 

Wi-Fiの規格を決めているのは「Wi-Fiアライアンス」というところであり、これまでの「IEEE(アイトリプルイー)802. 11ac/n/a/g/b」というWi-Fiの名称がわかりづらくユーザーに馴染みにくかったため、表記法が改良されました。

 

今回の規格は「IEEE 802. 11ax」はWi-Fiの第6世代のことを指しているため、「Wi-Fi6」と呼ばれています。正式名称は「IEEE 802. 11ax」なので、どちらも頭に入れておくと混乱を防げるでしょう。

 

現在主流である「Wi-Fi5」が「IEEE 802. 11ac」、その1世代前の「Wi-Fi4」が「IEEE 802 11n」です。

 

◼️Wi-Fi6のポイント

 

新しいWi-Fi規格である「Wi-Fi6」にはいくつかのポイントがあります。ここからはポイントを詳しくご紹介していきます。

 

▼ポイント①通信速度の高速化

 

Wi-Fi6のポイントのひとつとして通信速度の高速化が挙げられます。Wi-Fi6の理想値最大速度は9.6Gbps(ギガビット毎秒)といわれており、現在の「Wi-Fi5」と比べて最大4倍の通信速度を有しているのです。

 

また、Wi-Fi6では5GHz帯だけではなく2.4GHz帯も改良されていることから、さまざまなシチュエーションに合わせた通信ができるようになるといわれています。

 

▼ポイント②省エネができる

 

Wi-Fi6のポイント2つ目は、省エネが可能になることです。

 

通信環境に合わせてコントロールしてくれる仕様になっており、消費電力が少なくなりバッテリーが長持ちするようになることが予想されています。

 

現状は、スマートフォンやパソコンを充電するために持ち運び式のモバイルバッテリーを携帯している人が多いはずです。Wi-Fi6に移行することで、モバイルバッテリーを持ち運ばずに済むようになるかもしれませんよ。

 

▼ポイント③同時接続可能台数の増加

 

Wi-Fi6のポイント3つ目は、同時に接続できる台数が増加することです。

 

Wi-Fi5は1ストリームに同時に接続できるのが4台です。ストリームとは、Wi-Fi機器のアンテナ(通信経路)のことを指します。

 

対してWi-Fi6は1ストリームあたりの同時接続可能数が8台に増加しました。単純計算で倍なので、より多くの機器との接続が可能になります。

 

近年はIoT家電が増えてきたことにより、家庭内でもネットワークに接続する機器が増加してきていますよね。

 

冷蔵庫や洗濯機など、スマートフォンやパソコンといったデバイス以外に複数の端末を接続しても、通信が混雑して遅くなってしまうことが緩和されるので、より便利に使えるでしょう。

 

また、大家族が同時に複数の機器を接続しても耐えられる仕様になったので、大人数で利用するのも安心です。

 

▼ポイント④下位互換性がある

 

Wi-Fi6の4つ目のポイントは、下位互換性があることです。

 

下位互換性とは、Wi-Fi6対応機器同士であればWi-Fi6で、Wi-Fi5まで対応の機器であればWi-Fi5で通信してくれるということです。Wi-Fi6のルーターを使ったからといって、Wi-Fi5まで対応の機器が使えなくなることはありません。

 

そのため、Wi-Fi6に対応したルーターに買い換えたから、スマートフォンやパソコンも必ずWi-Fi6対応のものに買い換える必要がないのです。

 

◼️いつWi-Fiルーターを買い換えるべき?

 

それでは、Wi-Fi6に対応したルーターや製品にはいつ買い換えるべきなのでしょうか。

 

実は、Wi-Fi6に対応したルーターはすでに発売されています。また、Wi-Fi6の受信に対応したスマートフォンやパソコンの発表も続々と続いています。

 

では今すぐルーターは買い換えた方がいいのかというと、それはそれぞれのタイミングです。ただし、快適に利用し続けるためには、適したタイミングでの買い換えが必要です。

 

どう判断するのかがむずかしい買い換え時期ですが、基本的にはWi-Fiルーターの「寿命」を参考に買い換えましょう。

 

寿命には「本体の寿命」と「通信規格の寿命」の2つがあります。本体の寿命は4〜5年、通信規格の寿命は2〜6年が一般的といわれています。

 

本体を故障まで使おうと思うと10年ほど使用可能なことが多いですが、長く使えば使うほど劣化が進み、通信速度が遅くなってしまう可能性が高いといえます。

 

また、通信規格はおよそ5年ごとに新しいものが登場しているので、通信速度を重視するのであれば、5年ごとに買い換えるのがおすすめです。

 

基本的には寿命を参考にして買い換えるのが適切ですが、新型スマートフォンやタブレットを新しく購入する際にルーターも新しくするのもひとつの方法です。

 

端末が新しくてもルーターが古ければ、反対にルーターを新しくしても端末自体が古いものであれば通信速度はそれほど変わりません。通信速度はルーターはもちろん、端末の性能にも左右されるのです。

 

快適に利用するためには、端末の買い換えと一緒にルーターも最新版にした方がいいかもしれませんね。

 

また、Wi-Fiルーターへの接続台数が増えるときも買い換えにおすすめのタイミングです。他にも、台数は変わらないけれど1台あたりの通信量が劇的に増えることが分かっている場合も、ルーターを買い換えた方がいいでしょう。

 

他にも、引っ越しで間取りが変わる場合に、ルーターによっては接続がしにくくなることがあります。引っ越しをして通信速度が遅くなったと感じる場合は、ルーターを買い換える、もしくは中継器を利用してみるなどの対策がおすすめです。

 

◼️まとめ

 

現在の主流であるWi-Fi5からさらに性能がアップしているWi-Fi6。上手に活用してストレスフリーにネットワークを利用しましょう!