Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

【新機種】オススメのWi-Fiルーター6選

2019年10月31日

スマホを持つ方は、一日平均2時間以上利用するそうです。そんな現在では、家にWi-Fiがあることも当たり前になっています。ポケットWi-Fiを使っている方にはあまり関係ありませんが、一般的に家でWi-Fiを利用する場合には、Wi-Fiルーターが必要です。IT技術は日々進化しているため、Wi-Fiの規格もどんどん新しくなっており、新しいWi-Fiルーターの機種の中かなりスペックが高いものも販売されています。そこで今回は、新しいWi-Fiルーターに機種を変更しようという方向けに、オススメのWi-Fiルーターを紹介したいと思います。

 

コスパ重視という方向けの機種

 

まずは、何よりもコスパ重視という方におすすめの機種を紹介します。

 

BUFFALO:「AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4」

「AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4」は、最高通信速度は最大867Mbpsと普通ですが、ビームフォーミングの搭載によりお使いのデバイスにピンポイントでWi-Fi電波を届けてくれるためストレスなくインターネットを利用できます。推奨利用環境は、「戸建2階」から「マンション3LDK」、「利用人数3人」という、コスパ的に考えても一般家庭用のWi-Fiルーターとしてオススメの機種といえるでしょう。

 

WSR-300HPの主なスペックは、以下の通りです。

 

ブランド BUFFALO
重量 約265g
サイズ 幅 × 高さ 5.5 x 15.9 cm
カラー ブラック
Wi-Fi通信規格 802.11ac(b/g/n/a)
LANポート数 5
電源 ACアダプター

 

I-O DATA:「WN-G300R3」

「WN-G300R3」は最大で300Mbpsの通信速度で、かつ3,000円以下で購入できるという高コスパ機種になります。大きさもコンパクトでインターネットへの接続も非常に簡単なので、一人暮らしの方やワンルーム、1LDKのお部屋に住む方はもちろん、2LDKや3LDKのお宅でも十分カバーできるでしょう。

 

WN-G300R3の主なスペックは、以下の通りです。

 

ブランド I-O DATA
重量 130 g(本体のみ)
サイズ 約125(W)×98(D)×27(H)mm
カラー ブラック
Wi-Fi通信規格 802.11ac(11n/g/b)
LANポート数 4
電源 ACアダプター
付属品 ACアダプター、LANケーブル、セットアップガイド、縦置きスタンド、無線LAN設定情報シート,

 

適度に速さも重視した方向けの機種

 

次に紹介するのは、値段も通信速度も妥協したくないという方向けの機種になります。

 

NEC「Aterm WF1200HP3」

「Aterm WF1200HP3」は11nで接続時300Mbpsの高速通信に対応した機種です。また、接続もスマホのカメラでQRコードを読み取るか、PCやゲーム機器の場合にはWPSボタンを押すだけで簡単に接続できます。また、新しくWi-Fiルーターを買い替えた場合には、「Wi-Fi設定コピー」機能を使うことで、簡単に以前の設定が引き継げますので非常に便利です。2LDKや3LDKのお宅で、存分にWi-Fiを利用できます。

 

Aterm WF1200HP3の主なスペックは、以下の通りです。

 

ブランド NEC
重量 431 g
サイズ 24 x 22 x 5.6 cm
カラー ブラック
Wi-Fi通信規格 802.11ac(n/a/g/b)
LANポート数 3
電源 ACアダプター

 

BUFFALO:「WSR-1166DHP3-BK」

「WSR-1166DHP3-BK」は、最新のWi-Fi規格11acに対応した機種で、特に最新のスマホやタブレットと接続の際、非常に高速な通信を実現します。また、「ビームフォーミング」の搭載により、スマホやタブレットの位置や距離を自動で判別し、障害物や距離に関係なく、ピンポイントに電波を届けられるため、非常に快適にWi-Fiが利用できるでしょう。

 

WSR-1166DHP3-BKの主なスペックは、以下の通りです。

 

ブランド BUFFALO
重量 712 g
サイズ 22.5 x 21.9 x 6.9 cm
カラー ブラック
Wi-Fi通信規格 802.11ac (n/a/g/b)
LANポート数 4
電源 ACアダプター
付属品 スタンド、LANケーブル、ACアダプター、取扱説明書

 

速度重視という方向けの機種

 

次は、とにかく早いWi-Fiを求める方向けのWi-Fiルーターです。

 

NEC:「Aterm WG2600HP3」

「Aterm WG2600HP3」は、NECの最新かつ最上位機種にあたります。その最大の特徴は、「IPv6 IPoE」と「IPv4 over IPv6」に対応している機種ということでしょう。契約回線がIPv6に対応であれば、回線が混み合う時間帯でもプロバイダーを経由することがないため非常に快適に通信が利用できます。4×4の4ストリームを採用することで、最大で1733Mbpsという超高速通信を実現しており、ネットゲームや4K動画の視聴なども問題なく行える機種です。戸建3階建やマンション4LDKと、比較的大きなお宅でも十分に利用できるスペックとなっています。

 

Aterm WG2600HPの主なスペックは、以下の通りです。

 

ブランド NEC
重量 600g
サイズ 約38(幅)×129.5(奥行)×170(高さ)mm
カラー ブラック
Wi-Fi通信規格 802.11ac (n/a/g/b)
LANポート数 5
電源 ACアダプター

 

NEC:「Aterm WG1800HP4」

「Aterm WG1800HP4」は、3ストリームの11acに対応した機種で、通信速度は5GHz帯で最大1,300Mbps、2.4GHz接続時は450Mbpsという速度を実現しています。こちらのモデルも複数のデバイスを接続する方や、ネットゲームで絶対にラグを感じたくないという方にオススメです。また、4LDKや3階建てといった広い環境でも、問題なくパフォーマンスを発揮するでしょう。

 

Aterm WG1800HP4の主なスペックは、以下の通りです。

 

 

ブランド NEC
重量 721g
サイズ 24.2 x 22 x 6.4 cm
カラー ブラック
Wi-Fi通信規格 802.11ac (n/a/g/b)
LANポート数 4
電源 ACアダプター

 

今がWi-Fiルーターの買い替え時

 

今回は、さまざまな目的に応じて、オススメのWi-Fiルーターを紹介しました。今回、紹介した機種も含め、安いものは3,000円程度から、高いものでも10,000程度です。家庭用のWi-Fiルーターの価格は以前に比べかなり安価になっていますので、比較的お求めやすくなっています。たとえば、最新のスマホを購入したときや、引っ越しなどで広い家に引っ越したといったタイミングで新しいWi-Fiルーターに買い替えることで、より快適な通信環境を手に入れることができるでしょう。今回紹介した機種も参考に、ぜひ交換を検討してみてくださいね。