一戸建てとマンションの無線LANの選び方の違いについて

2018年9月24日

一戸建ての場合

自宅でネットを利用したい場合便利なのが、「無線LAN」です。無線LANとは、ワイヤレスでインターネットを利用できるシステムのこと。有線ではないので、見た目が気になるごちゃごちゃしたケーブルは一切必要ありません。これから一戸建てに引っ越す場合や、現在一戸建てに住んでおり、無線LANへの切り替えなどを検討しているという場合、どのように選択すればよいでしょうか。

 

まずおすすめしたいのは、光回線です。光回線は光ファイバーケーブルというケーブルを通して通信を行い、安定した高速通信であることが特徴です。日常的にネットを利用する方にとっては、ノンストレスでネットライフを送ることができるでしょう。ただし、光回線には回線を引き込むための開通工事が必要となります。面倒な手続きはなく、ネットや家電量販店で光回線の申し込みをするだけですが、工事費用がかかることを覚えておきましょう。そのためはじめは高いというイメージがありますが、一戸建ての場合はこまめに引っ越すような方は少ないと思いますので、長年利用することを考えれば光回線が最適と言えます。ネット接続のためのモデムは業者が支給してくれる場合がほとんどですが、ルーターは自分で購入するかレンタルします。ルーターにも様々な種類があるので、一戸建てに適したものを選ぶようにしましょう。家が広く、無線LANがつながりにくい場合には以下を試してみましょう。

 

①ルーターの位置を変えてみる

家の中心や、ネットを最もよく利用する部屋やその階に置くなどして、電波の受信状態が良くなるよう工夫をしてみましょう。

 

②ネットの使用環境の確認

ルーターには、使用できる機器に上限があります。もちろん、安いものを使用していれば当然ながら両親のパソコン、家族全員分のスマートフォン、兄弟のアイパッドなど多数利用していれば接続も悪くなることでしょう。高ければいいというわけではありませんが、家族全員がネットをよく利用するという家庭であれば、何台も同時に接続しても平気なものを利用したいものです。

 

③中継器の使用

ルーターだけでは電波がうまく届かない場合などには、中継器を利用すると良いでしょう。適当な箇所に設置するだけで、家の隅々まで電波が行きわたる場合もあります。

 

マンションの場合

マンションの場合、どういったネット環境に対応しているかをまず確認しましょう。最近のマンションは、「インターネット完備・導入済」といったものが多く、申し込みさえすればすぐにネットにつなげる環境にある場合が多いです。部屋にはLANポートが備え付けられてあり、自分でwi-fiルーターを購入してつなげるだけでネットが利用できるようになります。

 

注意したいのが、「インターネット対応」としか書かれていない物件です。こうしたマンションは、共用スペースまでなら回線が引かれていますが、部屋までは回線が届いていません。つまり、自分でネット業者を探して申し込まねばならず、使用できる回線もほぼ決まっていることが多いため、管理会社や不動産会社に問い合わせて確認する必要があります。

 

さらには、「インターネット無料物件」といったものまで存在します。これは毎月の利用料が無料で、料金を気にすることなくネットができるマンションです。「無料なんてラッキー!絶対インターネット無料物件を探そう!」と考えた方、ちょっと待ってください。無料には、無料なりのリスクというものがあるのです。タダより高いものはないとはよく言いますよね。まず、利用制限や通信速度制限が発生する場合があります。せっかく無料でネットができると思っても、接続までにものすごい時間がかかったり、重い動画を観ていたりすると、快適なネットライフとは程遠くなってしまいます。「無料」というワードだけにすぐ飛びつくことはせずに、きちんと速度制限やプラン内容を確認して、契約を進めていきましょう。

 

はじめに説明したように、マンションであれば、自分でwi-fiルーターを購入して使用するのが一般的です。では、どのようなルーターを選べばいいの?となりますよね。基本的には、間取りに合わせて最適な性能・機能を兼ね備えたものを選びます。マンションは、実はwi-fiの電波がつながりにくいという特性を備えており、設置場所や環境によっても大きく接続状態が変わる場合も。そこでおすすめしたいのが、「マンション向けwi-fiルーター」。最新のwi-fi規格を兼ね備えているルーターこそが、マンション向けルーターです。推奨される企画はIEEE802.11acというもので、旧規格と比較してみると11倍ものデータ通信容量に差が出ます!参考にしてみてくださいね。また、wifiルーターにはアンテナが2種類あり、内蔵タイプと外付けのものがあります。おすすめは、外付けタイプです。内蔵の方がデザイン的にすっきりしていて良いかもしれませんが、マンションの形状などを考えると、外付けアンテナで集中的に電波を確保することが重要です。

 

まとめ

ネットの使えない生活が想像もつかないほど、わたしたちの生活に根付いているネット。一戸建てやマンション住まいの場合で、設置方法や選び方が違うことなどは、詳しい知人が身近にいたりしないと、なかなか分かりにくいものです。それでも昔よりははるかにネット接続はお手軽になってきていますので、これからも楽しくネットを利用していきましょう。