海外旅行するならwifiルーターをレンタルして快適な旅を楽しもう

2018年9月24日

海外wi-fiレンタルとは

海外wi-fiレンタルとは、海外のインターネットに接続できるポケットwi-fiルーターのことです。海外wi-fiレンタルをすると、海外で現地の人々と同じように、快適にネットを使用することができます。海外wi-fiレンタルは、日数によって料金が決まるため、高額になる恐れもありません。

 

メリット①:友達とシェアできる

友達と海外旅行に行くことになった場合、1台だけレンタルすれば、複数人でシェアして使用することができます。1人1台ということはありませんので、何だかとてもオトクな気分ですよね。

 

メリット②:どこでも使用可能

海外wi-fiレンタルは、電波が入る場所であれば、どこでも使用可能です。フリーwi-fiのように、使える場所が固定されているわけではないので、街のどこでも自由にネットをつなぐことができるのです。

 

メリット③:日本語で手続きできる

レンタル時の予約、申込みや受取り、返却までの手続きは、すべて日本でできてしまいます。海外で手続きしたり、海外で受取りや返却したりする必要はありませんので、外国語が話せなくても安心ですね。

 

デメリット①:常に携帯する必要がある

海外wi-fiレンタルは、常に持ち歩かねばなりません。電波の届く距離がその性質上、あまり広くはないため、数十メートルも離れてしまうと、つながらなくなる可能性も。常にバッグに入れて持ち運びましょう。

 

デメリット②:使い放題ではない

海外wi-fiレンタルは、基本的に使い放題ではありません。1日に使える通信容量は決まっています。その代り、容量は申込時に選べることが多いです。この通信容量を超えてしまうと、低速通信となってしまいますので、ご注意ください。

おすすめしたいソフトバンクの海外wi-fiレンタル

ソフトバンクパートナーズが提供している最新型クラウドルーターとなります。まず、利用の流れを簡単に説明します。

 

①予約:さっそくネット予約をしましょう。申込期限は、レンタル前日の午前11時となります。予約完了後、申込み完了メールが届きます。

②受取り:空港で受取りが可能です(羽田・成田・中部・関空)。また、宅配での受取りも可能ですよ。

③利用:即利用が可能です。不明点があれば、カスタマーサポートまで。日本語で対応してもらえます。

④返却:24時間返却ボックスの付いている空港で返却すればOKです(羽田・成田・中部・関空)。宅配での返却も可能ですが、送料は負担せねばなりません。

⑤お支払:無料発行の通信明細で、明朗精算となります。支払方法はクレジットカードになりますのでご注意ください。

 

さまざまなプランがありますので、いくつかご紹介します。

 

・世界単国プラン(91ヶ国対応)

1ヶ国で利用できます。通常の旅行であれば、アメリカとカナダとメキシコとさまざまな国をめぐるという人よりも、アメリカでニューヨークとワシントンに行く、というような旅行の方が多いのではないでしょうか。この場合レンタル料金は1日1,390円で、充電持続時間は15時間。同時接続台数は5台なので、5人の友人同士でアメリカへ旅行する場合一人あたり1日たったの278円でレンタル可能です。

 

・スペシャルプラン(アメリカ・ハワイ)

こちらはスペシャルプランということで、当日受付・お取り置き限定の要お問い合わせの商品です。レンタル料金は1日1,080円で、データ使用量はなんと使い放題!どれだけ使用しても、速度制限に引っかかることはありません。さらには、同時接続台数が驚異の10台。団体旅行や卒業旅行など、大人数での旅行にぴったりですね。

 

その他料金もご紹介しておきます。

・契約事務手数料:315円

・宅配送料:1,000円~。宅配を利用する場合のみなので、空港での受取り・返却であればかからない費用です。また、複数台レンタルの場合には割引が適用されます。

・受取手数料:0円

・延長手数料:0円

・キャンセル料:0円(受取り日の3日前までなら大丈夫!)

・通信明細書・領収書発行手数料:0円

と、これはかなりのサービス。さすがはソフトバンクですね。また、海外への持ち物ということになるため、盗難・紛失・故障の心配もありますよね。もしものときのために、「安心補償オプション」に加入することをおすすめいたします。補償オプションには、ミニプラン220円・スタンダードプラン330円・デラックスプラン440円の3種類があります。すべて1日のレンタル料金に上乗せされる金額となります。たとえば、wi-fi本体が盗難や紛失、水没してしまった場合、補償オプション未加入だと、75,600円もの賠償金が発生してしまいます。ところが、デラックスプランであれば、賠償金額は18,900円にまで減額。さらには、全損や毀損、充電器などのオプションのレンタルがある場合、それらの賠償は0円となります。日本に住んでいると平和すぎて盗難などの不安を感じることはありませんが、海外ではどこへ旅行するのかを見極めて、見合ったオプションへ加入しておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

友達とグループ旅行をする人やタイトスケジュールのなか旅行をする人、英語は苦手なので日本語で手続きをしたい人にとっては、海外wi-fiレンタルは特におすすめです。日本で快適なネットライフを過ごすのと同じように、海外でもネットライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。