【おすすめ】ぜひ活用したい都内でフリーwifiが使えるスポットとは?

2018年10月6日

Wi-Fiスポットってなに?
Wi-Fiスポットとは、街中で無線通信のWi-Fiを利用できる場所のことであり、ほかにも公衆無線LANやホットスポットなどと呼ばれることもあります。このWi-Fiスポットを利用することにより、タブレットやノートパソコンをネットにつなげて、高速通信のデータ量を消費することなくスマホを利用することが可能となります。

みなさんも、フリーWi-Fiのマークを一度は見かけたことはありませんか?いろいろなところで見かけるけれど、「利用の仕方が分からない」「見かけたことはあるけれど、どこで利用できるのかは覚えていない」など、疑問も多くありますよね。
ここでは、都内では主にどういったエリアにWi-Fiスポットがあるのか紹介します。

Wi-Fiスポットの利用方法

まず、Wi-Fiスポットには有料と無料のスポットが存在します。ここでは、無料のWi-Fiスポットについて紹介していきます。

 

無料のWi-Fiスポットとしてまず思い浮かぶのは、カフェやファーストフード店です。Wi-Fi接続画面からSSIDを選択、画面の案内に従ってメールアドレスを登録、もしくは会員登録を行うことにより即利用することができます。利用方法にはさまざまあり、メールアドレスを登録するものが基本的ですが、SNSアカウントで登録することも可能です。

 

また、一度登録すれば再登録なしで提携しているWi-Fiサービスを利用できるものや、アプリをインストールして利用する方法もあります。おすすめのアプリは、「Japan Connected-free Wi-Fi」です。一度インストールして登録すれば、空港や駅、コンビニなど多くのエリアでフリーWi-Fiスポットに接続することができます。

 

 

都内の主なWi-Fiスポット

①観光案内標識近辺

主要駅の出口や街中には、多くの場所で地図が設置されているのをご存知でしょうか。観光・街歩きをより便利に楽しめるように、こうした観光案内標識の周辺では、Wi-Fiスポット化が進んでいます。Wi-Fi が使えるのであれば、地図を見ながら現在地や目的地を確認して、近くにある観光施設や美味しいレストランやカフェなどのチェックも、スマホひとつでお手軽にできますね。

 

②コンビニ

コンビニのWi-Fiスポットは、利用時間と回数が制限されているものが多いことが特徴的です。

・セブンイレブン「7SPOT」

会員登録すれば誰でも無料で利用可能です。また、セブンイレブンはイトーヨーカドーやデニーズなど、セブン&アイホールディングス系列店でも利用可能となっています。

・ファミリーマート「Famima Wi-Fi」

ファミマの専用アプリを使えば、利用可能時間が1日のうち60分×3回利用できます。専用アプリを利用しなければ、20分×3回です。会員登録が少々面倒という意見も。

・ローソン「LAWSON_Free_Wi-Fi」

こちらはとても簡単に接続することができます。「ナチュラルローソン」では対応していますが、「ローソンストア100」では対応していないようです。

 

コンビニ業界大手3社では、このように独自のWi-Fiを提供しています。

 

③カフェ

カフェでは、コーヒーを飲みながらぜひネットを利用したいという人は多いことでしょう。

・スターバックスコーヒー

会員登録なしで、ブラウザから利用規約に同意するだけで簡単に利用することができます。速度もかなり早く、ネット環境としては快適に利用できることでしょう。

・ドトール

店員にWi-Fiを利用したい旨を告げると、リーフレットをもらえるので、その通りに接続してみましょう。ドトールには接続可能時間があり、3時間までとなっています。

・上島珈琲店

通信速度の速いWi-Fiを利用した人には、穴場とも言える上島珈琲店。接続時間も無制限です。

・プロント

プロントでは、利用時間に制限があり、30分×3回と他店舗よりも少々短いようです。

 

通信速度は、お店の混雑状況や環境によって大きく変わることがあります。都内の比較的人の集まるエリアでのカフェ店では、少々速度が遅い可能性も視野に入れておきましょう。

 

④ファーストフード店

安い料金で入店でき、長居もできるファーストフード店。もちろん、ちょっとした合間に立ち寄ることもできる便利な店舗であり、学生などにもおすすめです。

・マクドナルド

動画サービス「Netlix」を無料で閲覧できるのが最大の特徴です(ただし1回60分まで)。

・フレッシュネスバーガー

フレッシュネスバーガーでは全158店舗のうち、Wi-Fiに対応しているのは45店舗のみのため、事前に確認してから店内に入ると良いでしょう。

 

⑤意外なWi-Fiスポット

実はWi-Fiスポットに対応している、知っていてオトクなエリアを箇条書きにしてみましたのでご活用ください。

・東京都庁舎

・井の頭恩賜公園

・駒沢オリンピック公園

・葛西臨海公園

・代々木公園

・浜離宮恩賜庭園

・六義園

・多摩動物公園

・葛西臨海水族園

・東京芸術劇場

・公衆電話

・豊洲工場

 

いかがでしたでしょうか。空港や駅、ホテルはもちろんのこと、それ以外にも都内ではここには書ききれないほどのWi-Fiスポットがたくさんあります。今後、2020年の東京オリンピックまでにさらにWi-Fiスポットは増加していくことでしょう。

 

フリーWi-Fiは危険といった声もありますが、仕事関係やネットショッピングでクレジットカード情報などを入力する際には、そうした場所では行わないようにするなど、上手に活用していきましょう。