wifiに接続できない!自分でできるチェックポイント

2018年11月21日

自宅や外出先でWi-Fiがつながらなくて困ったという経験はありませんか?せっかく便利なWi-Fiに接続できなくては、余計なストレスも溜まってしまいがちです。今回はWi-Fiがつながらない時のチェックポイントを紹介します。

 

最初に確認すべきこと

 

普段と変わったことはないか

普通にWi-Fiが使えていたのに急につながらなくなったという場合、変わったところがないかまず確認してみてください。

 

スマートフォン、ルーターの設定を変えていないか、アップデートが自動的に行われていないか、または昨日から変わったことがないか、できるだけ細かく思い出しましょう。また、停電があったり、機器の周りにものが落ちたりするのも原因のひとつです。

 

Wi-Fiの電波を妨げていないか

Wi-Fiの仕組みは限られたエリアを前提とし、極めて弱い電波でルーターと通信できるようになっています。使用するルーターによって違いはありますが、直線距離で10メートル以上、遠ければ100メートルほど通信可能です。

 

ただし、範囲内に障害物がある、もしくは電波を発生させているものがあれば、通信しにくくなります。ルーターと末端との間に壁ができたなら、速度が落ちてしまうかもしれません。

 

単純にルーターが遠くなった場合も考えられるので、最近部屋を模様替えしたり、電子レンジなどの電波を妨害する機器が、Wi-Fi近くにあったりしないか確認してみましょう。

 

インターネット等の料金未払い

Wi-Fiはインターネット回線につながらなければ接続できません。回線使用料やプロバイダーへの料金未払いがあると、サービスが停止されている可能性もありえます。

 

もし、有線接続できるパソコンがあるなら直接線を接続して、確認してみてください。接続できる場合はインターネット回線自体に問題なく、ルーターより先が原因かもしれません。

 

ただし、月払いしている場合は稀に先月分をきちんと支払っていても、それ以前の料金が3か月分滞納してしまうと利用停止されます。クレジットカード引き落としに設定していると見落としがちですが、万が一のことを考えて毎月確認しましょう。

 

ルーターとモデムの確認

パソコンおよびスマートフォンを接続する末端に問題なければ、ルーターに問題があることが考えられます。まずはルーターの電源が入っているか、LANNや電源のケーブルが抜けていないかを確認してください。

 

次に無線LANがしっかりと作動しているか、状態ランプの色を確かめます。ランプの名称や正常に動作する時の色は機種によって異なるので、マニュアルを参考にしましょう。

 

最後は無線LANのアクセスポイントを識別するネットワークの確認です。このネットワークは「SSID」と呼ばれており、ルーターの設定画面を開くと表示されます。「SSID」における「ステルス機能」がONになっていればOFFに戻してください。

 

また、モデムやルーターが何らかの原因によって熱を持ち、動作しなくなって手いる可能性もありえます。近くにストーブなどの熱を持つ家電製品があれば、ひとまず遠ざけて様子をみましょう。

 

 

デバイスかルーター、どちらに原因があるか調べる

 

ほかのデバイスで確かめてみる

使用中のパソコン、スマートフォン以外でインターネットが使えるか試してみるのもひとつの手です。タブレットやゲーム機などで、Wi-Fi接続してみてください。それで接続できれば、ルーターではなくデバイスの問題だと分かります。

 

使用しているデバイスで調べる方法

ほかにデバイスがなければ、捜査しているパソコンやスマートフォンから原因を調べるしかありません。Wi-Fi接続して、ルーターの設定画面に入ってみましょう。

 

もし、その時点で接続できなければ、ルーターの接続に問題があるので、再度ルーターに接続する方法を試してください。

 

デバイス側とルーター側の問題を解決する方法

 

Wi-FiがONになっているか

一時的にWi-Fi接続機能をOFFにした場合、うっかりONへの変更をし忘れてしまっているだけかもしれません。気づかないまま動画を何本もみていると、Wi-Fi以外のLTEなどの回線に接続されてしまい、通信制限によってつながらないことも。

 

基本的なことですが、接続の切り替えの確認を注意することも大切なポイントです。

 

Wi-Fi機能を一度切オフにしてみる

一旦、Wi-Fi機能をOFFにしてからあらためてONにすると、一時的なエラーだった場合は解決することがあります。うまくいかなければ、1度設定を削除してから再挑戦してみてください。

アップデートが最新バージョンか確認

使用中のOSはアップデートしていますか?基本ソフトが最新でない場合、OS側に問題があるとそれを修正するアップデートが行なわれることもあります。

 

もしかするとそのアップデートの不具合の問題によって、ルーターと接続できないのかもしれません。

 

ルーターの再起動

ルーターの配線が正しく接続されていることを確認し、プラグからコンセントを抜いて1分以上待ってみてください。その後、コンセントを差込み、通信が安定するまで待ちます。

 

こうしてルーターを再起動することで、通信設定をゼロからつくり直すことが可能です。コンピューターは動作の度に書き込みと消去を繰り返すため、データーに不連続な部分が生まれてしまいます。

 

その結果、処理速度を低下させるので、再起動することでそういった不連続を修正し、速度が上がる可能性を期待できるのです。

 

Wi-Fiが突然つながらなくなると焦ってしまいますよね。自分であれこれやる前にしっかり状況を見極めて、対応することが大切です。上記で紹介した方法を試してみてください。

 

それでも直らない場合はメーカーなどに問い合わせて、理解しながら原因を突きとめましょう。