住む場所が変わればルーターも変わる?!居住形態別おすすめルーター

2018年11月30日

Wi-Fiルーターの基本と選び方

スマートフォンの普及に伴い、今や必要不可欠となったWi-Fiルーター。多くのメーカーや人気の機種がある中、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。自分に合ったWi-Fiルーターを選択するために、まずはWi-Fiルーターについての基礎知識を学んでいきましょう。Wi-Fiルーター購入を考えている方なら「IEEE802.11」という文字の記載を見たことがあるのではないでしょうか。これが意味するのはWi-Fiの通信規格。その後に続くg、n、acというアルファベットでバージョンを示しています。現在の最新規格は、2014年に制定された「IEEE802.11ac」です。

 

バージョンが新しいものほど高速で通信することができるため、速さを重視するなら新しいバージョンを選ぶとよいでしょう。また、周波数帯についても抑えておきましょう。Wi-Fiルーターで使用されているのは2.4GHzと5GHzの2種類の周波数です。2.4GHz帯は電子レンジなどの家電と同じ周波数を利用しているため、電波が干渉しあって通信が不安定となってしまう傾向にありました。しかし5GHzが登場したことにより、安定して電波を飛ばすことができるようになったのです。

 

しかしながら、5GHz帯は速度と安定性ともに優れている一方で、障害物に弱いという弱点があります。このため、利用環境によってどちらの周波数帯を選ぶかを選択する必要があるのです。それでは、Wi-Fiルーターはどうやって選んだらよいのでしょうか。ます第一に、Wi-Fiルーターを選択する際で重要視すべきはそのスペックです。まずはお住いの住居の間取りに適したWi-Fiルーターを選択しましょう。ワンルームや3LDK、一戸建てなど利用環境に適したスペックのルーターがあるため、まずは住居形態からWi-Fiルーターを選択しましょう。ここで注意すべきは、Wi-Fiルーターに記載してあるスペックは住居の中央に置いた際に発揮されるものだということです。

 

このため、端に置いた場合、Wi-Fiルーターから一番遠い部屋では電波が届かないということも。設置する場所によっては、一回り広い部屋用のWi-Fiルーターを選択するようにしましょう。次に、利用しているスマホやパソコンがWi-Fiの規格バージョンに対応しているかをチェックしましょう。たとえ最新の「11ac」のWi-Fiを購入しても、受信する機器が対応していなければ速度の高い「11ac」のスペックの恩恵を得ることはできません。必ずチェックするようにしましょう。

・住居形態別オススメWi-Fiルーター

1:ワンルームなら「エレコム WRC-1467GHBK-S」

「エレコム WRC-1467GHBK-S」は最新規格の11acに対応した2.4GHz帯のWi-Fiルーターです。2.4GHz帯の送信用アンテナが3本、受信用に4本搭載されており、これらのおかげで安定した受信環境を実現しています。速度は5GHz帯で867Mbps、2.4GHz帯で600Mbpsと高速で快適にインターネットを利用することができます。5,000円前後と低価格なことも一人暮らしの方にオススメです。

 

2:ファミリーマンションにオススメ!IOデータ WNPR2600G

「IOデータ WNPR2600G」は複数の末端に同時に電波を送信することができるMU-MIMOに対応した機種です。受信機器の位置に合わせてアンテナが電波の方向を調節するため、安定した通信が実現されています。通信速度は5GHz帯で1733Mbpsと超高速!2.4GHz帯でも800Mbpsと高速通信となっています。スマートフォンやタブレットならQRコード読み取りで簡単にWi-Fi接続が可能。ゲーム機器との接続もワンタッチで簡単です。操作の簡単さも魅力の一つ。価格も一万円前後とお手ごろ価格。家族みんなで快適にインターネットを利用することができます。

 

3:複数階のある一戸建てならコレ!エレコム WRC-2533GHBK-I

「エレコム WRC-2533GHBK-I」は送受信アンテナがそれぞれ4本ずつ搭載されており、高速で安定した通信を可能にしています。5GHz帯での通信速度は1733Mbps、2.4GHz帯なら800Mbpsとハイスペック。規格ももちろん「11ac」で最新の規格で快適なインターネット環境を提供してくれます。価格帯も1万円以下とお財布にも優しくなっています。

 

・住まいに合わせて選んで快適なインターネット環境を

最適なインターネット環境のためには、自宅の形態に適したWi-Fiルーターを選択することが不可欠です。Wi-Fiルーターはスペックが高くなるほど価格も高くなっています。このため、利用環境にWi-Fiルーターを選ぶことはよりお得にWi-Fiルーターを購入することにつながるのです。Wi-Fiルーターの基礎知識をおさえ、どのような機能を持ったWi-Fiルーターが適しているかを考えることも重要です。

 

また、電波を受信機器の向かって送ることのできるビームフォーミング機能やMU-MIMOなどの機能搭載のものを必要に応じて選ぶことで、より快適にインターネットを利用することができます。自宅の間取りや利用人数など、生活に合わせてWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。自宅の環境や自分の生活や家族構成に応じてWi-Fiルーターを選ぶことでインターネット環境はぐっと快適なものになります。ちょっとした知識をつけておくだけで賢くWi-Fiルーターを選ぶことができます。これからWi-Fiルーターの購入を考えている方も、乗り換えを検討している方もぜひポイントをおさえてWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。