他人からWi-fi履歴がバレることはある?!

2018年12月8日

・閲覧履歴って他人から見えるの!?

フリーWi-Fiや自宅でのWi-Fi、旅行や出張などではホテルのWi-Fiを使うこともありますね。スマートフォンの通信容量節約のためにはあらゆるところでWi-Fiを利用したいもの。インターネットは仕事などの必要不可欠な利用方法だけでなく、調べ物や自分の好きなことなど娯楽としての利用価値も高いですね。このため、閲覧履歴というものは極めてプライベートな空間にもなっているのです。

周りから画面が見えないように気を付けていたとしても閲覧履歴が自分以外の他人から見ることができてしまうとしたらあまりいい気分にはなりませんね。家族間とはいえ、自分の見ているものがすべてわかってしまうのは困りものです。自分が閲覧したものがすべて見られてしまうとしたら、不用意に見たいサイトを閲覧することもままならなくなってしまいます。かといって、一人ずつWi-Fiルーターを持つのも大変です。

そこで今回は、同じWi-Fiルーターを複数人で使っている場合、その閲覧履歴を調べることができるのかをご説明します。自分のプライバシーを守り安心して楽しくインターネットを利用しましょう。

・家庭用Wi-Fiルーターからは閲覧履歴を見ることはできないが…

結果から申し上げますと、基本的にはWi-Fiルーターから閲覧履歴を見られる心配はないといえるでしょう。一般家庭で使っているWi-Fiルーターにはそのような機能はなく、閲覧履歴すら残っていません。このため、ご家庭でWi-Fiルーターを利用してサイトを閲覧しても、Wi-Fiルーターから閲覧履歴を知られてしまう心配はないのです。しかしながら、Wi-Fiルーターの中にはルーターに接続したことをアプリやメールにて知らせる機能がついているものもあります。つまり、いつインターネットに接続をしたかがわかるようになっているのです。機種によっては3か月ほど接続の履歴を記憶できるものもあるのだとか。しかしながらその履歴はMacアドレスで表示されることが多く、どのサイトを閲覧したのかまでは特定できないものがほとんどなのです。ただ、もちろんスマートフォンなどの端末には閲覧履歴が残っています。どうしても見られたくないものや、不安を感じる場合は端末の履歴を削除して置くようにしましょう。

では、会社のWi-Fiルーターを使用した場合はどのようになっているのでしょう。会社などの公共のWi-Fiルーターは、ネットワークの管理者を配置していることがほとんどです。このため、サイトの閲覧履歴までがWi-Fiルーターに残っている可能性が考えられます。また、ネットワークの管理を一元化して、パソコンやスマホなどインターネット接続機器のすべてを監視していることもあるのです。会社から支給されたスマートフォンやアイパッドなどは、Wi-Fiルーターを含めてセキュリティーや使用目的を管理されていると考えておくとよいでしょう。この場合、スマートフォンやアイパッドなどの端末から閲覧履歴を削除しても管理者にはバレているということも考えられます。会社のWi-Fiルーターを利用する際には、プライベートな利用を避けたほうが無難といえるでしょう。

では、ホテルなどのWi-Fiアクセススポットはどのようになっているのでしょう。旅行先などのWi-Fiアクセススポットは大変便利で一度は利用したことがあるのではないでしょうか。しかし、こちらのWi-Fiには閲覧履歴が残る可能性があります。ホテル側は、宿泊客が悪質なインターネット利用をした際、その個人を特定するために閲覧の履歴を管理しています。とはいえ、犯罪性のある悪質なものでなければ警察など第3者に情報が提供されることはまずないと言えるため、安心してよいといえるでしょう。それでも絶対に他人に閲覧履歴を見られたくないという方は、ポケットWi-Fiを利用することをお勧めします。ポケットWi-Fiであれば小型で持ち運びも簡単で、対応地域であれば電源さえあればインターネットに接続をすることが可能です。

最後に、公共のWi-Fiはどうなのかご説明します。飲食店などの公共のWi-Fiには閲覧履歴が残っている可能性があります。コンビニのWi-Fiスポットでは、接続内容を調べることでマーケティングやサービス向上の資料としていることもあるのだとか。また、ホテルの場合と同様でWi-Fiを犯罪などの悪質な目的で利用された際の個人特定のためにも、閲覧履歴を残しているのです。さらに、公共のWi-Fiスポットはセキュリティーが低いと言われています。誰でも簡単につなぐことができる便利さの反面、オープンな回線は不正アクセスなどのリスクもあるのです。このような理由から、公共のWi-Fiスポットは情報漏洩の恐れがあるということも知っておきましょう。スマートフォンなど不正侵入を防ぐセキュリティーソフトを入れておくのも対策の一つです。

・Wi-Fiルーターは適した利用方法で

以上からわかるように、通常の適当な利用をしている分には自分の閲覧履歴がWi-Fiルーターから不特定多数の人物に漏れることは少ないことがわかります。しかし、フリーWi-Fiには十分に注意し、利用する場合もセキュリティーソフトを入れるなどの対策をしっかりとしましょう。