知らなきゃ損!Wi-fiパスワードが共有できるって知ってる?

2018年12月8日

・パスワードはセキュリティーの証拠で安心!だけど…

実家への帰省や、友人宅を訪れたときなど、普段のWi-Fiルーターとは違うルーターを使うこともありますね。その際は新たにパスワードを入れる必要があります。しかしこのパスワードが厄介者。英数字の無造作な羅列は入力するのが非常に面倒です。しかも、間違っていたらまた最初からやり直し…ちょっとウンザリしてしまいます。

そんなお悩みを解決するiOSが登場!iPhone同士を近づけることでWi-Fiのパスワードが共有できる機能が搭載されたのです。この機能により、iPadやMacのパソコンともパスワードを簡単に共有することができるようになりました。

わずらわしい数字やローマ字から解放されることは、伝える手間が省けるのは伝える側にとっても、教えて貰う側にとってもいいことずくめの新機能ですね。次の章ではパスワードを共有するための手順やその条件に付いて見ていきましょう。

・パスワードが共有できる条件や手順は?

このiOSに導入されたパスワードの共有機能、大変便利なのですが利用するためにいくつかの条件をチェックし満たす必要があります。まず1つは、Wi-Fiへと接続できる端末に、Wi-Fiのパスワードを教える相手の連絡先が登録されている必要がありあます。また、受信する側も送信側の連絡先が登録されていなければなりません。2つ目は、パスワードを送信する側と受信する側、どちらもiOS11がインストールされている端末であること。そして、送信する端末と受信する端末の両者が通信可能であることが必要不可欠となっています。「通信可能」というのは、機内モードがオフになっており、電波があってモバイルデータ通信ができる状況をさします。当然ながら、パスワードを共有したい末端同士が近くにある必要もあります。条件がそろったなら、さっそくパスワードの共有方法を見ていきましょう!

 

まず、パスワードの受診側の設定をしていきます。設定のWi-Fiを選択し、該当するSSIDを選択しパスワードの入力画面を表示させたなら準備完了です。受信側がこの画面になったなら、受信側は共有したい相手の末端に自分のiPhoneを近づけます。そうすると、「Wi-Fiパスワードを共有しますか?」というメッセージが表示されます。この時の表示が、相手の末端で間違いがないことを確認したなら「パスワードを共有」をタップしましょう。

こうするだけで、相手のパスワード入力画面にパスワードが記載された状態となり接続が完了します。これであればパスワードを伝える手間も、入力ミスもなくWi-Fiを共有することができます。

接続するための条件にお互いの連絡先が末端に入っていること、そして共有前に確認画面が表示されるため誤って接続することもないでしょう。iOS11同士でないとパスワードを共有することはできませんが、普及がどんどんひろがっていっているため知っておくとかなり便利な機能といえるでしょう。

これなら複雑な数字とローマ字の入り混じった文字列を入力する手間や、伝える手間も省くことができますね。入力ミスも伝え間違いもないのもとっても便利です。

・iSO11にはほかにも便利機能がたくさん

iSO11の便利機能はWi-Fiのパスワード共有だけではありません。

iSO11はいつも使わないWi-Fiの自動接続を切断してくれるのです。こちらの設定も、Wi-Fiの設定画面から行います。Wi-Fiから、接続されていないWi-Fiをタップし、自動接続をオフにするだけ。簡単に設定することができますので設定しておきましょう。

 

さらに、使わなくなったアプリをiSO11が自動で削除する設定もあるのだとか。iPhoneもiPadも、容量が少なくなってくると動作が重くなってしまいますね。動画や音楽がスムーズに視聴できないことも地味にストレスが溜まります。こまめに不要なアプリなどを削除しておけば良いのでしょうが、ついつい忘れがちになってしまいます。そんな時はiSO11に初めて搭載されたアプリを自動削除する設定を使ってみてはいかがでしょうか。これにはいくつかの条件があるのでチェックしていきましょう。

1つ目は使用していないアプリは自動で削除されても、書類やデータは保持されるということ。2つ目はAppStoreのアプリであれば、インストールすればデータが元に戻るということです。逆にいえば、AppStoreからアプリがなくなってしまえば復活はできないということになります。容量に余裕をもって快適な操作環境を保つ助けになるかもしれませんね。

また、見逃せないのが「ファイル」というアプリ。このアプリを使うことで、iPhoneとiPad、そしてMac間でファイルを簡単に共有することが可能になったのです。ファイルアプリを使えば、iPadに入っているデータをiPhoneで見る等の操作が可能になるのです。さらに、iPhoneやiPadは写真アプリやメモ帳のアプリなどもファイルアプリへ追加することができます。複数の末端で同じ情報を見ることができれば大変便利ですね。

 

このように、iSO11には知らなきゃ損の追加された便利機能がたくさんあります。最大限に活用しよりインターネットやデータを活用しましょう。