Wi-Fiタダ乗り?!危険性と防止策

2019年1月8日

Wi-Fiただ乗りされていることは分かる?

ご家庭で使っている無線LANは、電信柱から光回線をつなげ、そして部屋内部にあるルーターと接続することで、無線でのインターネットが利用できるようになっています。この電波を受信することで、スマートフォンやパソコンなどでインターネットに接続できるようになっているのです。

Wi-Fiの「ただ乗り」とは、この自分が契約しているWi-Fiを他人から無断で使用されてしまうことを指します。無線LANの電波は、部屋の壁を通り越して外に出ていることは理解できますよね。こうなると、他人でも自宅で使っているWi-Fiから出る電波を使うことができるようになってしまうのです。

電波は目に見えないものですので、ただ乗りされているかどうかはなかなか気が付きにくいものですね。「Wi-Fiがただ乗りされているのでは?」と不安に感じた時も安心です。Wi-Fiルーターの管理画面から確認することができるのです。Wi-Fiの末端の管理画面のネットワークをチェックしその時に心当たりのない末端からのアクセスがある場合、自宅のWi-Fiが現在進行形でただ乗りされているということになります。また、過去にただ乗りされたかどうかも確認することができます。その場合は、Wi-Fiルーターの接続ログをチェックしましょう。自分が使用している末端以外のログをチェックすることで過去にただ乗りされた記録も把握することができるのです。

自分がお金を払って契約しているのに、他人からタダで使われてしまうのは気分がいいものではありませんね。しかも、Wi-Fiのただ乗りをされることは危険性もはらんでいるのです!少しでも気になったら、不正にWi-Fiが利用されていないかどうか確認するようにしましょう。

 

Wi-Fiをただ乗りされることの危険性と対策

Wi-Fiをただ乗りされることは、回線を勝手に使われてしまうという問題だけではありません。実は、末端のデータを盗まれてしまうことがあるのです。ネットの検索履歴やメールの送受信履歴に始まり、時にはクレジットカードの番号などの個人情報が抜き取られてしまうこともあるのだとか。また、他人からスマートフォンやパソコンを遠隔操作されることで迷惑メールの送信元となり、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるのです。いわゆる「なりすまし」の事件はセキュリティのないWi-Fiが利用されてしまうことも考えられるのです。

さらに、不正にWi-Fi末端にアクセスすることができることはコンピューターウイルスに感染させられたり、大切なデータを破壊されたりする危険もあるのです。

無線でインターネットを使うことができるという便利さの反面、自分の知らないところで悪意ある人に自分のインターネット環境が不正に利用されてしまうことがあるのはとても怖いですね。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、ただ乗りに対する防衛策が必要です。その対策で最も手軽かつ需要なのは「セキュリティ設定」です。セキュリティの設定には大きく3つあります。

 

1つ目は「Wi-Fiのパスワード設定」です。これは、Wi-Fiのパスワードを知っている人にしかインターネットに接続できなくなるというものです。現在のWi-Fiルーターのほとんどはパスワードの設定がないとインターネットにつなげなくなっていますね。逆に、パスワードの設定のないWi-Fiや、パスワードの文字列が非常に単純な文字列の場合はセキュリティ対策が不十分なWi-Fiとして警戒しておくとよいでしょう。

2つ目は、MACアドレスを登録するという方法です。「MACアドレス」とはパソコン固有の番号です。この番号をWi-Fiルーターに登録したパソコンのみがWi-Fiに接続できるという仕組みとなっています。

3つ目は「暗号化」です。暗号化とは、Wi-Fiから飛ばされている電波が傍受されたとしても、中身がわからないようにすることでデータを守るという方法です。暗号化にもレベルがあり、WEP<TKIP<AESの順で強いセキュリティレベルとなっています。WEPの暗号キーは破られやすいため、特別な理由がなければそれ以上の暗号キーに設定するようにしましょう。暗号化はWi-Fiルーターから設定できますので、できるだけセキュリティレベルが高くなるように設定しましょう。

 

ただ乗り防止は自衛が肝!適切なセキュリティ対策を

様々な危険性をはらんでいるただ乗りですが、実はただ乗りをしたとしても、現在の法律では犯罪として逮捕されたり立件されたりすることは難しいのが現実なようです。このため、無防備な回線は悪意を持った人に利用されやすく、大切なデータを失うだけでなく犯罪に巻き込まれることも考えられるのです。

スマートフォンの普及により、無線Wi-Fiは今や生活になくてはならないものとなっています。便利で快適にインターネットを利用し続けるためにも、セキュリティをしっかりと設定し自分のデータを守るようにしましょう。Wi-Fiにパスワードを設定しないということは、ただ乗りやインターネットを悪用する人たちを自ら招いているようなもの。「自分は大丈夫」という油断が、思わぬトラブルにつながることもあります。危機意識をしっかりと持ち、ただ乗り対策をするようにしましょう。