Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

ソフトバンクエアーなら工事不要でネットにつなげる!お得な最新キャンペーン情報も解説

「ソフトバンクエアー(SoftBank Air)」は、月間データ通信量無制限の自宅据え置き型Wi-Fiルーターです。コンセントに接続するだけでWi-Fi通信が可能となるため、マンションや賃貸など工事ができない物件にお住まいの人へ特におすすめといえます。

ソフトバンクエアーの最新端末であるAirターミナル4であれば、最大962Mbpsの通信速度が出るので、オンラインゲームや動画配信サービスも快適に楽しめますよ。 本記事では、ソフトバンクエアーのスペックや注意点、利用者からの評判やお得なキャンペーン情報などをご紹介していきます。

ソフトバンクエアーとは?


ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とは、ソフトバンクが提供する自宅据え置き型のWi-Fiルーターです。 ソフトバンクエアーを申し込んだ人は、Airターミナルを自宅コンセントにつなぐだけで、簡単にWi-Fi環境を作り出すことができますよ。


ソフトバンクエアーのスペックは以下の表でご確認ください。

  Airターミナル
1 2 3 4
最大通信速度(下り最大) 110Mbps 261Mbps 350Mbps 962Mbps
通信方式 4G方式 AXGP
TD LTE × ×
4G LTE方式 FDD-LTE × ×
Wi-Fi規格 IEEE 802.11a/b/g/n IEEE802.11a/b/g/n/ac
Wi-Fi最大接続数 32台 64台

ソフトバンクエアーの特徴は、以下4つにまとめることができます。


・コンセントにつなぐだけでインターネットに接続できる

・データ容量が無制限

・料金プランは購入かレンタルで選択できる

・サービス提供エリアが広い

この項目では、ソフトバンクエアーがどのような機器なのかを簡単に説明していきましょう。

-コンセントにつなぐだけでインターネットに接続できる!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は、自宅のコンセントに接続するだけでWi-Fi環境が作り出せる自宅据え置き型ルーターです。

面倒な初期設定や開通工事をする必要がないので、ネットに詳しくない人や、工事ができない物件にお住まいの人向けといえるでしょう。

-データ容量が無制限!

Wi-Fiルーターといえば月間データ通信量に制限のある機器が多い中、ソフトバンクエアー(SoftBank Air)には上限がありません。

スマホやポケットWi-Fiのように毎月のデータ通信量を気にする必要がありませんので、オンラインゲームや動画配信サービスなども、どんどんダウンロードできますよ。

-料金プランは購入かレンタルで選択できる

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)で使用するAirターミナルは、購入かレンタルかお好きな方を選択できます。

購入、またはレンタルした際の料金は以下のとおりです。

購入 レンタル
契約事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 利用料金 4,880円 4,880円
Airターミナル代 58,320円 (1,620円×36回) 490円
月月割 -58,320円 (-1,620円×36回)
SoftBank Air加入特典 -490円 ※1ヶ月間のみ
実質月額料金 初月:3,000円 2ヶ月目以降:4,880円 初月:7,880円 2ヶ月目以降:5,370円

※価格はすべて税込

購入を選択した人は、58,320円のAirターミナル代を1,620円×36ヶ月間の分割払いで支払います。 ただし、購入の場合は「月月割」という割引特典が適用されるため、Airターミナル代は36ヶ月の継続利用で実質無料となる仕組みです。


一方、レンタルを選択した人は、Airターミナルを月額490円で利用できます。 レンタルの場合は1ヶ月目のみ「SoftBank Air加入特典」が適用されるため、初月はAirターミナル代が無料になりますよ。

このように、3年以上ソフトバンクエアーを利用する人は購入の方が月額料金を安くできますが、途中解約をするとAirターミナルの残債を支払わなければならないので、注意が必要です。 ソフトバンクエアーを利用する人は、レンタルと購入どちらがご自身に合っているか検討してみてくださいね。


-サービス提供エリアが広い!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は、北海道から沖縄まで日本全国さまざまな場所で使用できる点が大きな特徴です。
ソフトバンクエアーのサービス提供エリアは「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)速度情報(住所別下り最大通信速度)(https://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/)」のページで確認できます。


都道府県を選択すると対応している市区町村が表示されますので、お住まいの地域をご確認ください。 ちなみに、ソフトバンクエアーはAirターミナル3または4であれば、ソフトバンクスマホと同じ4G LTE回線が利用できます。

ただし、ソフトバンクスマホの通信エリアとソフトバンクエアーの提供エリアには多少誤差がありますので、スマホが使える場所にお住まいの人も、一度上記ページよりサービスエリアの確認を行ってみてください。

ソフトバンクエアーはこんな人におすすめ!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は、以下の条件をより多く満たした人におすすめです。

・光回線の工事ができなかった人

・家の中での利用しか想定していない人

・すぐに引っ越しする可能性がある人

・ソフトバンクユーザー

おすすめできる人は限定的となってしまいますが、これらの条件に当てはまる人にはぴったりのWi-Fiルーターですよ!

それでは、おすすめできる人の条件を詳しく見ていきましょう。

-光回線の工事ができなかった人

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)はコンセントに接続するだけでインターネット環境ができあがるため、光回線のように開通工事を行う必要がありません。 賃貸やマンションなどにお住まいの人は、壁に穴を開けるような工事を簡単に行うことはできませんので、ソフトバンクエアーの利用は非常におすすめです!

また、ソフトバンクエアーは1台でWi-Fi環境を作り出せるため、別途無線ルーターを購入する必要もありませんよ。

-家の中での利用しか想定していない人

外出先で頻繁にデータ通信を行う人はモバイルルーターを契約すべきですが、家のネット環境のみを整備したい人はソフトバンクエアー(SoftBank Air)の利用がおすすめです!

たまに外出先でパソコンやタブレットなどを利用する状況があっても、少しのデータ通信ならスマホのテザリング機能で十分補えますよ。

-すぐに引っ越しする可能性がある人

光回線を契約している場合は、引っ越しの度に解約が必要になることが多いため、手間になってしまいます。 しかし、ソフトバンクエアー(SoftBank Air)なら引っ越し先の家にあるコンセントに挿すだけで再び使えるため、大変便利です。

ただし、引っ越しによる住所変更がある場合は、事前に引っ越し先が提供エリア内にあるか確認し、ソフトバンクショップ、またはWebから手続きを行ってください。

-ソフトバンクユーザー

ソフトバンクスマホはウルトラギガモンスター+で契約すると、50GBまでデータ量を増やすことができます。

スマホの月間データ通信量が50GBもあれば、テザリング機能でどこでもネット通信ができるようになりますが、ウルトラギガモンスター+はソフトバンクエアー(SoftBank Air)の料金より割高です。

ウルトラギガモンスター ソフトバンクエアー
月額料金 6,480円 4,880円
6,480円※基本通話プラン含む

※価格はすべて税込 ※割引適用後1年目の料金を記載

ちなみに、ウルトラギガモンスター+もソフトバンクエアーも、ソフトバンク端末の料金から最大1,000円/月の割引が永年続く「おうち割 光セット」を適用させることができます。

ソフトバンクユーザーなら「おうち割 光セット」へ最大10回線までのソフトバンク端末を適用できるので、ソフトバンクユーザーがご家族に多い人ほどお得ですよ。

「おうち割 光セット」の割引額はソフトバンク端末の契約プランによって異なりますので、以下の割引額表を参考にしてください。

※SoftBank おうち割 光セット割引額より引用(https://www.softbank.jp/ybb/special/setwaribiki-air/)

ただし、ウルトラギガモンスター+の場合は別途インターネットを契約しなければ「おうち割 光セット」が適用されません。

一方、ソフトバンクエアーならソフトバンクスマホを契約しているだけで「おうち割 光セット」が適用となるので、トータル費用を抑えることができますよ。

ソフトバンクエアーを契約する前に注意点も確認!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は、契約前に以下のポイントを確認しておくことが大切です。

・突然、速度制限にかかる可能性がある

・ソフトバンクエアーは屋外では使えない

・引越しの場合は住所変更が必要

・2年以内に途中解約すると違約金が発生する

納得してソフトバンクエアーを使用するためにも、これらのポイントは事前にチェックしておきましょう。

-突然、速度制限にかかる可能性がある

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は月間データ通信量無制限という点が大きなポイントですが、速度制限が絶対にかからないというわけではありません。

公式サイトにも、高画質動画・画像の閲覧、ソフトウェアのダウンロードをともなうサイトやアプリの利用など、大きなデータ通信を頻繁に行う利用者には通信速度制限がかかる場合もあります。

ただし、速度制限をかける基準が「特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられる場合であって、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ」となっています。これは膨大なデータ通信を繰り返したユーザーに対する措置と考えられるので一般ユーザーに制限が掛かることはほぼ無いでしょう。(※SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の速度制限などについてより一部引用)

-ソフトバンクエアーは屋外では使えない

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は室内据え置き型のWi-Fiルーターなので、屋外で使用はできません。

また、コンセントがあればどこでも使えるというわけではなく、登録した住所内でのみ使用できるので、カフェや友達の家などに持ち込まないようにしましょう。

-引越しの場合は住所変更が必要

先述したとおり、ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は登録先住所でしか使うことができません。

途中で引越しが決まった際は、ソフトバンクショップまたはWebから住所変更を行い、引越し先でも使えるようにしておきましょう。

-2年以内に途中解約すると違約金が発生する

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は2年契約となっているため、レンタル・購入ともに途中で解約をすると違約金(解約金)が発生します。 特に、Airターミナルを購入した人は36ヶ月以内の解約でさらに本体の残債が発生するため、より注意が必要です。

わかりやすいよう、ソフトバンクエアー契約後、1年間で解約した場合の解約費用を計算してみます。

レンタル 購入
解除料 9,500円 9,500円
Airターミナル残債 - 38,880円(1,620×24ヶ月)
解約費用合計 9,500円 48,380円

※価格はすべて税込

このように、ソフトバンクエアーを解約する場合は、レンタルなら2年、購入なら4年継続利用しなければ、解約費用を無料にできないので、ご注意ください。

ソフトバンクエアーとWiMAXを比較!

室内だけでなく外出先でもインターネットを利用したい人は、WiMAXサービスの利用も検討してみましょう。 WiMAXは、モバイルルーターとホームルーターの2種類が用意されている、無線のインターネットです。

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とは異なる独自の回線(WiMAX2+回線)を使用しているため、速度が速く、料金も安く設定されています。 また、WiMAXの端末代は多くのプロバイダで完全無料となっています

ソフトバンクエアーとWiMAX(ホームルーター)の違いがよくわかるよう、両者の最新機種でスペックや料金を比べてみましょう。

  ソフトバンクエアー WiMAX
機種名 Airターミナル4 HOME L02
最大通信速度 962Mbps 1Gbps
通信方式 4G方式:AXGP/TDD-LTE 4G LTE方式:FDD-LTE WiMAX2+ au 4G LTE
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
同時接続数 64台 42台
月額料金 購入:4,880円 レンタル:5,370円 ギガ放題プラン:3,411円 ライトプラン:2,726円(※それぞれデータ通信量で制限あり)
端末代 58,320円 0円

※ソフトバンク:税込  ※WiMAX:税抜  ※2ヶ月目以降の料金を記載

この表からもわかるように、WiMAXは月額料金の安さと通信速度の速さが魅力的です。 なかでもWiMAXのホームルーター「HOME L02」は、ソフトバンクエアー同様、自宅のコンセントに差し込むだけでインターネットが使用できるようになります。

-月額料金重視ならWiMAXを検討しよう!

通信速度や月額料金の安さを重視する人は、WiMAXがおすすめです! ギガ放題プランは直近3日間で10GB以上を使用すると速度制限がかかるシステムとなっていますが、制限後の速度は1Mbpsです。1Mbps出ていればネットの閲覧はできますし、YouTubeなどの動画も標準画質に落とせば閲覧できます。

ライトプランは7GB使用すると128Kbpsまで速度制限がかかります。ここまで遅いとまったく実用性はないですね。

-ソフトバンクエアーはデータ通信量が無制限

データ通信量を気にしたくない方はソフトバンクエアーのほうがおすすめです。動画視聴やオンラインでの作業が多い方にとってデータ通信量を気にしないでいいということは大きなメリットでしょう。データ通信量を気にせずに安定してインターネットを使用したい方はソフトバンクエアーを選ぶ方が多いようです。

ソフトバンクエアーの評判

実際にソフトバンクエアー(SoftBank Air)を利用している人の口コミを見てみると、ソフトバンクエアーには良い評判も悪い評判もありました。

この項目では、ソフトバンクエアーの速度・料金・サポートなどさまざまな評判を、利用者の口コミとともにご紹介していきます。

-速度に関する評判

ソフトバンクエアーの通信速度に関する評判を見てみると、速いと感じている人もいる反面、遅いと感じている人も見られました。
https://twitter.com/AirSoftbank/status/1117618655028596736

この方は、4G LTE回線に接続できるソフトバンクエアーで210Mbpsの実測値が出ています。 インターネットの速度は100Mbpsあれば十分といわれていますので、この速度であれば、さまざまなサービスを快適に利用できますね。
https://twitter.com/dq10_ezo/status/1001792926492471297

ソフトバンクエアーの通信速度に関する口コミを見てみると、この方のように遅いという内容も見られました。

とはいえ、まともに使用できなくなるということはかなり特殊な状況下なのではないでしょうか?接続障害など発生している場合は端末に限らず通信が遅くなったり、通信が途切れてしまったりすることがあります。

-料金に関する評判

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の料金に関する評判を見てみると、月額料金は安くても解約費用が高いという評判が多く見られました。Airターミナルの端末代は、毎月1,620円の支払いと同時に同額が割引されるため、36ヶ月間の継続利用で実質無料になります。

ただし、途中で解約をすると残債を一括払いしなければならないので、契約期間によっては解約費用がかかってしまうのです。ソフトバンクエアーの解約費用を抑えたい人は、解約費用を負担してくれる乗り換え先を探すか、3年は解約を見送るようにしましょう。

ソフトバンクエアーを解約する場合、「サービス変更」を利用してソフトバンク光に乗り換えると、9,500円の違約金を無料にできます。ただし、「サービス変更」はAirターミナルの残債まで無料にできませんので、ご注意ください。

ソフトバンクエアーは購入を選択すると、4,880円/月で利用できます。別途Wi-Fiルーターを購入する必要なく、最大64台もの端末を同時接続できることを考えると、月額5,000円以下という料金設定は安いですね!

-その他の評判

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の評判には、カスタマーセンターやさまざまな手続きに関する内容も多く見られましたので、いくつかご紹介していきます。

https://twitter.com/NMBeeee48/status/1025925981033324545
先述したソフトバンクエアーからソフトバンク光へのサービス変更は、カスタマーセンターへの電話1本で完了します。 面倒な書面の手続きをかわすことなく、サッと終わる点は嬉しいですね。

一方で、ソフトバンクエアーのカスタマーサポートへの電話は、30分以上かけても繋がらないという人も見られました。 ただし、ソフトバンクエアーの問い合わせ先は電話だけでなく、
・Web(http://ybb.softbank.jp/support/sbair/index.php)
・チャット(https://www.softbank.jp/ybb/special/contacts/sales-webchat/)
・Twitter(https://twitter.com/SBCare)
でも受け付けていますので、電話が繋がらない場合はこれらの窓口を利用してみましょう。

ソフトバンクエアーでは他社回線の解約違約金を全額キャッシュバック!

他社からソフトバンクエアー(SoftBank Air)に乗り換える場合、最大100,000円までの違約金を負担してもらえる「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」が適用されます。

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーンの詳細は以下のとおりです。

キャッシュバック内容 他社解約時に発生した違約金+端末の残債+撤去費用
キャッシュバック額 最大100,000円※端末代の残債は最大42,000円まで
受け取り時期 明細確認後の翌月下旬
適用条件 ・ソフトバンクエアー/ソフトバンク光を新規契約すること
・他社解約時の違約金や撤去費用の明細を指定された方法で提出すること
・支払い方法を登録していること
キャッシュバックの受取手順 1.ソフトバンクエアーを申し込む
2.申し込みから90日以内に課金を開始する
3.課金開始月を1ヶ月目とした5ヶ月目の末日までに明細を提出する
4.明細確認後の翌月下旬ごろより郵便為替証書が送付される
5.郵便局窓口で郵便為替証書を換金する

他社解約時の費用が掛かれた明細書は、「My SoftBank(http://ybb.softbank.jp/support/mysoftbank/howto_upload/)」からの画像添付または郵送のいずれかで提出できます。

郵送の場合は「証明書貼付シート(http://ybb.softbank.jp/support/mysoftbank/howto_upload/pdf/certificate_sheet_201904.pdf)」に必要書類を添付し、「返信用封筒(http://ybb.softbank.jp/support/mysoftbank/howto_upload/pdf/envelope_sheet_201904.pdf)」に入れて提出してください。

また、キャッシュバックは普通為替で還元されるので、郵便為替証書へ記載された有効期限内に、郵便局へ免許書やパスポートなどの本人確認書類と印鑑を持ち込み、換金をしましょう。

ソフトバンクエアーは店頭かWebで申し込もう

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の申し込みは、Webまたはソフトバンクショップから受け付けています。
各窓口別の申し込み方法は、以下をご覧ください。

【Webからの申し込み】

Webから申し込みたい人は、以下の手順で手続きを進めてください。

1.「SoftBank Air お申し込み情報の入力ページ」へアクセスする

2.ソフトバクエアーを利用する住所を入力する

3.氏名やメールアドレスなどの契約者情報を入力する

4.必要に応じてオプションサービスを申し込む

5.料金プランを選択する(購入またはレンタル)

6.「同意してお申し込み内容の確認へ」をタップする

7.後日送信されるSMS内に記入されたURLにアクセスし、支払情報を登録する

8.佐川急便から自宅にAirターミナルが配達される

Webから申し込んだ場合、Airターミナルが手元に届くまで2~3日かかります。

しかし、Webからの申し込みは24時間365日受け付けていますので、Web上の手続きに慣れている人は、Webから申し込むとスムーズですよ。

【電話での申し込み】

お電話でのお申込みの場合、下記の電話番号へ連絡することで申込みが可能です。

<新規受付センター>
電話番号:0120-981-072(通話料無料)
受付時間:午前9時~午後10時

不明な点等は質問ができるため、Webでの申し込みが心配な人にオススメです。

【ソフトバンクショップからの申し込み】

ソフトバンクショップで手続きをする際は、以下の持ち物が必要です。

・本人確認書類(免許証やパスポートなど)

・印鑑

・クレジットカードやキャッシュカードなど(支払手続きに必要)

店頭に行くと、ショップ定員の人が申し込み手続きを一緒に行ってくれるので、「Webからの申し込み方法がよくわからない」「いろいろ質問したい」という人におすすめです。

また、店頭申し込みは基本的にAirターミナルの即日受取りが可能なので、すぐに利用したい人にもおすすめの方法といえます。