Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

海外でもレンタルWiFiで快適インターネット!オススメの会社や注意点を解説

海外旅行を楽しむ人や海外で仕事をする人にとって、インターネット通信の有無は特に気になるポイントです。普段、日本国内で固定回線やポケットWiFiなどでインターネット通信を行っている人は、海外に出た際でもSNSなどでネット通信を行いたいという人が多いかと思います。

 

世界各国の主要空港ではFree WiFiを提供しているので、空港内にいる時には問題なくネット通信が行えます。しかし、一歩外に出ると公共のWiFiスポットが少ない国も多く、不便な思いをする可能性があるのです。

 

そんなとき、役に立つのが海外用のレンタルWiFiです。この記事では、おすすめの海外用レンタルWiFi会社や、使用上の注意点などを詳しく解説していきます。

 

海外でWiFiを使う方法

 

旅行や仕事などで海外に行った際に、現地でWiFiを使ってネット通信を行う方法をご紹介します。方法は大きく分けて3つあります。

 

・海外用レンタルWiFiを借りる

・自分のモバイルWiFiをそのまま海外で使う

・公衆無線LANを利用する

 

結論からいうと、一番おすすめの方法は、「海外用レンタルWiFiを借りる」です。それぞれの使用方法と特徴をひとつずつ解説していきます。

 

-海外用レンタルWiFiを借りる

 

日本には、海外で使用できる海外用モバイルルーターをレンタルしてくれる会社があります。使用料金はレンタル会社ごとに使う日数や行く国によって金額設定がなされています。

 

海外用レンタルWiFiを持っていけば、海外でも安心して安全なインターネット通信が行えるため、人気がある方法です。

 

国内にいるとき同様にスマホを活用できれば、海外でもSNSを楽しむのはもちろん、マップを使ったり翻訳機能を使ったりして、不便なく海外を満喫することができるでしょう。

 

ただし、海外用レンタルWiFiを利用するには、レンタルしたWiFiルーターの携帯が必須となります。スマホ並みの機器を持ち歩くこととなるので、利用に慣れていない人にとっては荷物に感じてしまう可能性があります。

 

また、持ち歩くことに慣れていない場合、滞在先に置き忘れてしまったり落として破損してしまったりする可能性もありますので、取扱いには注意が必要です。

 

-自分のモバイルWiFiをそのまま海外で使う【一部のみ】

 

一部の事業者では、日本国内で契約・使用しているモバイルWiFiをそのまま海外に持って行っても使えるというサービスを提供しています。

 

条件でいうのなら、通信事業者が国際ローミングを提供しており、端末が国際ローミングに対応していれば、海外でもWiFiが使えるというわけです。

 

国内で使用しているモバイルWiFiを海外で使うには、手続きなしで使えるものから、オプションとして追加できるものなど、形式はさまざまです。海外でも利用できるモバイルWiFiは、以下の通りです。

 

事業者名 定額制の有無 利用料金
ワイモバイル Pocket WiFi海外データ定額 3,980円/月+90円/日
ドコモ WORLD WING Wi-Fi 1,980円~
au 世界データ定額 980円/日~
ソフトバンク 海外パケットし放題 1,980円~

※表示はすべて税抜

 

日本国内では人気が高く、ユーザー数も多いWiMAXは、国際ローミング非対応のため、残念ながら海外で使用することはできません。

 

-公衆無線LANを利用する

 

現地にも公衆無線LANが利用できるWiFiスポットが存在します。主要空港や駅、ホテルや飲食店などに多くあります。

 

その場で公開されているパスワードを入力することで利用することができますが、通信環境は必ずしもいいとは限りません。たくさんの人が利用している場合は、速度が遅いことがあります。

 

しかもその場から離れてしまうと途端に使えなくなってしまうので、長時間の利用は望めないでしょう。メールを1通送るだけなら問題なく利用できますが、海外でインターネットを楽しみたいという人には向かない方法です。

 

また、セキュリティに関しても必ずしも安全とは言い切れません。セキュリティが緩いWiFiは、ウィルス感染や情報漏洩の危険があることを覚えておいてください。

 

海外用レンタルWiFiを比較する際のポイント

 

海外用レンタルWiFiルーターを選ぶ際に、比較するべきポイントをご紹介していきます。用途や渡航先によって選ぶ事業者は異なるかと思いますが、共通して注目したいポイントを解説します。

 

海外用レンタルWiFiをはじめて利用する人はもちろん、渡航歴がある人も、海外でより快適なインターネット通信を行うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

-①1日あたりのデータ量の多いプランで比較する

 

利用するにあたって、データ容量は重要なポイントのひとつとなります。渡航先でSNSを楽しんだり、待ち時間などにネット通信を利用したりする際に、データ容量が少ないと十分に活用できないからです。

 

事業者によって、300MB~無制限の契約プランを設定しています。「ネット通信を行う予定はあまりないけれど一応用意しておく」というような人を除いては、無制限プランを選択することをおすすめします。

 

現地についてどのくらいネット通信が必要になるのかわからない場合が多いかと思うので、少ないプランで契約し、データ超過によって高額請求に陥ることのないようにしっかり準備しておきましょう。

 

グローバルWiFi
通常プラン

300MB/日

大容量プラン

600MB/日

超大容量プラン

1.1GB/日

無制限プラン

無制限/日

 

Wi-Ho!
通常プラン

300MB/日

大容量プラン

500MB/日

1ギガプラン

1GB/日

無制限プラン

無制限/日

 

イモトのWiFi
大容量プラン

500MB/日

超大容量プラン

1GB/日

無制限プラン

無制限/日

 

 

JAL ABC
無制限プラン

無制限/日

 

-②料金の安さで比較する

 

やはり気になるのは利用料金です。料金を比較する際は、条件の同じもの同士を比較する、ということが大切になります。同じ渡航先に対する1日のデータ容量での料金を比較すると分かりやすいでしょう。

 

【例:渡航先がハワイの場合のデータ容量別利用料金】

事業者名 300MBプラン 1GBプラン 無制限プラン
グローバルWiFi 1,170円 2,370円
イモトのWiFi 1,880円 2,380円
Wi-Ho! 750円 1,250円 1,850円
JAL ABC 1,250円

※表示はすべて税抜

 

時期によっては割引キャンペーンを展開している事業者もあるので、適用後の金額を元に比較していくといいでしょう。

 

-③サポート体制の充実度で比較する

 

WiFiに関して何かトラブルがあった際に、契約したレンタルWiFi事業者に連絡を入れることがあるかと思います。そのとき、「どのような方法で連絡が可能か」というのが大きなポイントとなるのです。

 

電話とメールのみの場合、電話では回線の都合でつながらない可能性もありますし、メールではレスポンスが遅くなる可能性があります。また、LINEのように既読されたかどうかも分かりません。

 

こういったことから、サポート窓口は電話とメールの他に、LINEやSkypeなどが利用可能な事業者を選びましょう。

 

なお、連絡可能時間は一般的に24時間年中無休ですが、事業者によっては対応時間が限られている場合もあります。契約を検討している事業者のサポート対応時間をチェックしておくことをおすすめします。

 

-利用する空港で受け取れることが大前提!

 

レンタルしたモバイルWiFiルーターの受け取りは、空港のカウンターなどで行える事業者を選びましょう。

 

渡航前は準備物がたくさんあり、忘れ物をしてしまう可能性があります。しかも、レンタルWi-Fiルーターはもともと自分のものではないので、持ち歩く習慣も付いていないでしょう。

 

家などに宅配された届いた場合、せっかく渡航前に契約したにも関わらず、家に置き忘れてしまうという事態になりかねません。

 

受け取りだけでなく、返却も空港カウンターで行える事業者も存在します。家に持ち帰ることなく確実に使用し、確実に返却するには、空港受け取り・返却が便利です。

 

ただ、出発前の時間に余裕がない場合など、空港でのピックアップを忘れて出発してしまう、といったケースもあります。せっかく空港での受け取りができるよう契約したのであれば、忘れずにピックアップしていきましょう。

 

また返却する際も同じことが言えます。返却するのを忘れてそのまま自宅に持ち帰り、数日経過してしまう、ということもあり得ます。

 

返却日にきちんと返却できなかった場合、事業者によっては延滞料金を請求されるケースがあります。余計な出費を増やさないよう、帰国したらすぐに返却するようにしましょう。

 

おすすめ海外用レンタルWiFi3社を紹介!

 

ここからは、おすすめの海外用レンタルWiFiを3社ご紹介します。渡航先や目的・用途によって選択する事業者は異なると思います。後悔のない選択をするためにも、それぞれの特徴をしっかり把握しておきましょう。

 

また、支払いをキャッシュレスにすることで5%還元してくれる事業者もあるので、ぜひチェックしておいてください。

 

-グローバルWiFi

 

グローバルWiFiは、世界200ヶ国以上に対応していて、ユーザー満足度の高い海外用レンタルWiFi事業者です。サポート体制も充実しているので、安心して利用できます。

 

受け取りを対応している空港は国内18空港なので、日本の主要空港はもちろん、伊丹や中央の地方空港でもピックアップすることができます。

 

1台で複数ヶ国利用可能なので、複数ヶ国周遊する人にも使い勝手のよいものとなるでしょう。

 

最大接続台数 最大5台まで
空港カウンター受け取り・返却
手数料 500円/台
補償サービス 安心補償パック

ミニ:200円/日

フル:300円/日

MAX:500円/日

支払い方法 クレジットカード

NP後払い

キャンセル料 出発3日前から全額請求
渡航サポート内容 受付:24時間(年中無休)

言語:日本語

対応:電話・メール・LINE・Skype

※表示はすべて税抜

 

-イモトのWiFi

 

イモトのWiFiは、テレビ番組で海外に多く渡航しているイモトアヤコさんで有名な海外用レンタルWiFi事業者です。お客様満足度No.1など実績も高く、キャンペーン内容も豊富なため人気があります。

 

会員登録をするとさらにおトクになるため、リピーターも多いのが特徴です。用途に合わせたプランも多数展開されているので、自分に合った料金プランを見つけることができるでしょう。

 

最大接続台数 最大5台まで
空港カウンター受け取り・返却
手数料 500円/台
補償サービス 安心補償パック

通常:200円/日

フル:300円/日

プラス:500円/日

支払い方法 クレジットカード

NP後払い

Amazon Pay

キャンセル料 出発2日前17時以降から2,100円/台
渡航サポート内容 受付:24時間(年中無休)

言語:日本語

対応:電話・メール・現地フリーダイヤル(固定電話からのみ)

※表示はすべて税抜

 

-Wi-Ho!

 

Wi-Ho!は、1日390円から利用できるリーズナブルな価格設定が人気の海外用レンタルWiFi事業者です。利用手順も分かりやすいので、初めてレンタルする人でも安心して利用することができます。

 

AI翻訳機やモバイルバッテリーのレンタルなどオプションも充実しています。また、海外コンセント用の返還プラグは無料で貸し出してくれます。渡航をより快適に楽しみたい人におすすめです。

 

最大接続台数 最大5台まで
空港カウンター受け取り・返却
手数料 500円/台
補償サービス 安心保証

通常:300円/日

プレミアム:500円/日

支払い方法 クレジットカード

NP後払い

Amazon Pay

キャンセル料 出発2日前から2,000円/台
渡航サポート内容 受付:9:00~18:00(年中無休)

言語:日本語

対応:電話・メール

※表示はすべて税抜

 

海外用レンタルWiFiを借りるまでの手順

 

では、実際に海外用レンタルWiFiを借りるまでの手順を解説していきます。手順としては複雑なものはありません。支払いのタイミングと受取方法をしっかりとチェックしておけば、初心者でも問題なく行えるでしょう。

 

なお、どの事業者を選択しても、借りるまでの手順は基本的に同じです。

 

  1. プランの選択・申し込み・決済

まずは、渡航先と滞在日数に合わせてプランを選択します。パソコンやスマホで、任意のページから行います。補償パックなどのオプションを付けたい場合は、このときに申し込みを行います。

 

申し込みには、期限が設けられている場合があります。事業者によっては受け取り当日の30分前まで対応してくれるものもありますが、できるだけ早い準備が大切です。

 

プランを選択し申し込んだら決済へと進みます。希望の決済方法を選択し、申し込み完了後に決済を行います。領収書が必要な場合は、申込時に「領収書希望」を申し出てください。

 

  1. 機器の受け取り

次に、希望する受け取り方法を選択し受け取りを行います。基本的には出発日に空港で受け取る方法がおすすめですが、事情により自宅に宅配してもらう人もいるでしょう。確実に受け取れるように、宅配の希望時間の指定などを利用しましょう。

 

空港での受け取りを選択した人は、出発時に忘れずにピックアップしてください。事情により本人がピックアップできない場合は、代理人での受け取りも可能です。その際には、受注確認書類と本人確認書類を準備してください。

 

  1. 設定・現地での利用開始

続いて、利用前に各種設定を行います。必要な設定は以下の通りです。

データローミング オフ
アプリの自動更新 オフ
iCloud/クラウドストレージサービス オフ

 

WiFiルーターに記載してあるSSIDとパスワードを確認し、スマホなどのWiFi設定画面に入力してください。なお、接続は必ず渡航先に到着してから行ってください。

 

【SSIDとパスワード入力方法】

「設定」→「Wi-Fi」をタップ→「Wi-Fi」をオン(〇が右側)にする→WiFiルーターに記載してあるSSIDが表示される→SSIDをタップ→パスワード入力画面になるので記載してあるパスワードを入力→「接続」をタップ

 

  1. 帰国後機器の返却

帰国後は、希望する返却方法で返却を行います。空港での返却を選択した人は、忘れずにカウンターや返却ボックスで返却しましょう。返却し忘れてしまうと、場合によっては延滞料金が発生する可能性があります。

 

また、レンタルした機器がすべて正常な状態であることも確認してください。紛失や破損があった場合は弁済金が発生します。

 

海外用レンタルWiFiを使うときの注意点

 

海外用のレンタルWiFiは、日本国内でレンタルWiFiを利用するときとは異なり、いくつか注意点が存在します。トラブルを避けるためにも知っておかなければならないポイントばかりなので、しっかり押さえておきましょう。

 

-利用国以外では絶対に電源を入れてはいけない

 

申し込む際に利用する国(渡航先)を選択します。そして、それに応じた料金設定に沿って契約を交わします。この申し込みを行った利用国以外での海外用レンタルWiFiの使用は固く禁じられており、もしも使用したら、高額な請求をされるケースがあります。

 

さらに海外用レンタルWiFiは、電源を入れた時点で設定されている海外での電波状況でWiFiをつないでしまいます。

 

したがって、渡航前に空港などで受け取りを済ませ、その場で電源を入れてしまうと、まだ日本にいるにも関わらず、「海外での使用」となってしまい、海外接続パケット料金が発生する恐れがあります。

 

日本も含め、利用国以外では絶対に電源を入れないようにしましょう。

 

-ルーターの電源ボタン以外はいじらない

 

スマホなどの通信機器とWiFiルーターの接続は、通信機器端末での操作で行います。したがってWiFiルーターは、電源ボタン以外触る必要はありません。

 

WiFiルーターには利用に関する設定が施されているため、下手にいじってしまうと利用できなくなってしまう可能性があります。

 

故障やトラブルを防ぐためにもルーターの電源ボタン以外は決していじらないようにしましょう。また、何度もいいますが、電源ボタンを押すのは、渡航先に到着した後にしましょう。

 

-できるだけ当日予約は避ける

 

海外用レンタルWiFiは当日に予約することも可能ですが、その場合、利用したいWiFiルーターが在庫切れになっている可能性があります。

 

そのため、利用したいWiFiルーターが利用できないという事態になってしまい、他機種で妥協するか利用できないというケースも起こりかねません。

 

旅行や出張などは、事前に予定が組まれているかと思います。手続き自体は簡単なので、当日予約は避け、事前にしっかりと予約し準備しておくことが大切です。

 

また、レンタル会社によっては「早割」など事前に予約しておくことで、利用料金が割り引かれるサービスを実施しているところもあります。

 

確実に、しかもおトクに海外用レンタルWiFiを利用するためには、早目の準備が一番なのです。

 

-はじめての人は補償パックに加入しよう

 

レンタルした海外用WiFiルーターがもしも破損してしまったり紛失してしまったりしたとき、弁済金が請求されることになります。

 

海外用レンタルWiFiルーターを初めてレンタルするという人は、使い方に慣れていなかったり、持ち歩くくせがついていなかったりするため、落としたり置き忘れてしまったりするなどのトラブルが発生しがちになってしまいます。

 

そんなときのために、高額な弁済金を免除してくれる補償パックに加入しておくと安心です。実際に海外用レンタルWiFiを利用する約80%以上の人が加入しています。

 

海外ではどんなことが起こるか分かりません。治安のいい国ばかりではないため、盗難などの被害も少なくないのです。また、扱いに慣れていない場合は、ちょっとしたことで故障させてしまう恐れもあります。

 

【弁済金の目安】

WiFi機器本体 15,000円~40,000円
SIM 10,000円~
モバイルバッテリー・充電器 4,000円~5,000円
オプション品(マルチ変換プラグやカーチャージャーなど) 2,000円~
付属品(ポーチなど) 1,000円~

※表示はすべて税抜

 

WiFiルーターは精密機器なので、思わぬ衝撃や水没などで故障してしまう可能性が多いにあります。たった数日だから大丈夫とは考えず、「備えあれば患いなし」の精神で、補償パックに加入することをおすすめします。

 

-複数台借りる必要はない場合が多い

 

海外用レンタルWiFiルーターは、最大5~10台の接続が可能です。自分一人で使用するときはもちろん1台あれば事足りますが、何人かのグループで渡航する際に「人数分レンタルした方がいいのかも」と考えるかもしれません。

 

しかし、何人かのグループで渡航したとしても現地で一緒に行動するのであれば、WiFiルーターは1台あれば十分機能します。

 

さらにそのレンタル代を一緒に利用する人数で割れば、一人頭の負担金は少額で済みます。したがって、5人程度のグループであれば、複数台レンタルする必要はない、という訳です。

 

しかし、5人程度のグループで渡航したといっても、現地で別行動をするのであれば話は別です。別行動するとルーターを持っている人から離れてしまった場合、途端にWiFiを利用することができなくなってしまいます。

 

現地で別行動することが分かっている場合は、その必要台数分をレンタルしておきましょう。

 

海外でインターネットを利用する方法はWiFi以外にもある!

 

海外用レンタルWiFiを利用しなくても、海外でインターネットを利用する方法は他にもあります。ここでは、3つの方法をご紹介していきます。

 

しかし、これらの方法は通信料金が通常以上にかかってしまったり、場所限定でしか使用できなかったりするため、とても快適な方法とはいえない、ということを覚えておいてください。

 

-①データローミング

 

データローミングとは、普段使っているスマホなどの設定をオンにすることにより、現地の電波を受信可能にして使用する方法です。

 

通常、日本国内では、契約しているスマホキャリアの電波を受信してネット通信を行っています。そして、そのキャリアの電波が届かない地域に行くと圏外となり、使用することができなくなります。

 

そこでデータローミングの機能をオンにすると、各キャリアが提携している現地の電波を使って、ネット通信ができるようになるのです。

 

しかし、この方法を使うと、契約しているキャリアでのプランは使えなくなりますし、現地での通信や通話料金はかなり高額となります。目安としては1MBあたり2,000円ほどです。

 

繋がるからと言って気軽にネット通信を利用していると、帰国してから通信料金の請求が何万円にもなってしまっていた、通称「パケ死」に陥る恐れがあります。

 

データローミングは、現地でどうしてものときの必要最低限で利用するくらいにとどめておくことをおすすめします。

 

【データローミング設定方法】

・iPhone

  1. 「設定」から「モバイル通信」をタップ
  2. 「通信のオプション」をタップすると「データローミング」の項目が出てくるのでオン(〇を右側に移動)にする

 

・Android

  1. 「設定」から「その他」をタップ
  2. 「モバイルネットワーク」をタップすると「データローミング」の項目が出てくるのでオン(〇を右側に移動)にする

 

-②海外用SIM

 

海外用SIMとは、海外で使えるプリペイド式のSIMカードのことです。普段使用しているSIMカードと入れ替えるだけで、いつも使っているスマホやタブレットが海外で使用できるようになります。

 

データローミングやスマホキャリアの海外オプションよりも安価なので、学生などにもおすすめの方法です。

 

この海外用SIMを利用するためには、まずSIMフリーの端末を用意することが必要不可欠となります。普段使っているスマホにSIMロックがかかっている状態であれば、それを解除することで使用できるようになります。

 

SIMロック解除の方法はキャリアによって異なるため、以下を参考にしてください。

 

【ドコモ】https://www.nttdocomo.co.jp/support/unlock_simcard/

【au】https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

【SoftBank】https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

 

海外用SIMカードは、日本ではもちろん、現地の空港などでも購入することができます。日本で購入する場合は、利用する国に対応しているかどうかを確認する必要があります。

 

現地で購入すると日本で購入するよりも比較的安価で購入できる傾向にありますが、なにかトラブルがあった際にサポートしてもらおうと思っても、日本語での対応ができない可能性があります。

 

さらに複数の国を周遊する場合は、行く先々でSIMカードを購入しなければならないため、販売しているところを探すだけでも手間となるでしょう。

 

サポートが日本語で受けられ、事前に用意しておくことで現地での時間ロスをなくすためにも、海外用SIMカードは日本で購入しておいた方が賢明です。

 

また、海外用SIMは比較的安価で購入することができ、データも簡単にチャージできるので無駄なく使えて便利ですが、海外用レンタルWiFiのように、複数でシェアして利用することはできません。

 

海外用レンタルWiFiを1台レンタルして複数でシェアして利用する場合と、個人で海外用SIMを購入する場合とでは、どちらが金銭的負担の少ない方法なのかをしっかり計算して検討してみましょう。

 

-③ホテルや空港に備え付けられているインターネット

 

海外に行く際に発着する空港や宿泊するホテルには、WiFi設備が整っている場合があります。そのため、自分で宿泊ホテルを予約する際に、WiFiの有無を確認して予約する人もいるでしょう。

 

こういった空港やホテルのWiFiに接続してインターネットを利用することは、もちろん可能です。利用する際にはIDとパスワードが必要となりますが、ホテルの場合、チェックイン時に開示されるので、それを入力するだけでそこのWiFiを利用することができます。

 

もしもホテル側からの開示がない場合は、フロントに問い合わせることで必要な情報を教えてもらえます。

 

ホテルや空港の公衆WiFiは、海外でも気軽に接続できる方法として有効ではありますが、その場から離れるとネット通信することはできなくなります。

 

しかも、パスワードをこまめに変更しているかどうかも分からないため、安全性に多少の疑問が残ります。セキュリティ面で安心できない場合は、使用しない方がいいケースもあります。

 

特にクレジットカードのナンバーの入力や、オンラインでのネット銀行へのアクセスなどは控えましょう。また、フェイスブックやメールアカウントのID入力なども盗み見られる可能性があるので、公共の場所では行わないように注意が必要です。

 

ホテルや海外の公衆WiFiは、海外用のレンタルWiFiを借りるまでしてネット通信を行わなくてもいいと考えている人が、そのときだけ利用する程度には助かる方法だといえます。

 

渡航先でネット通信を活用して滞在期間を充実させたいと考えている人には、不向きだといえるでしょう。

 

まとめ

 

海外でインターネットを利用するには、「海外用レンタルWiFiを利用する」「スマホやモバイルWiFiの海外オプションを利用する」「現地の公衆WiFiを利用する」などの方法がありますが、一番おすすめなのは海外用レンタルWiFiです。

 

渡航先や滞在日数でプランが選択できるので、無駄なくインターネット通信を楽しむことができます。海外用WiFiレンタルを契約する際に注目すべきポイントは3つです。

 

  • 1日あたりのデータ容量
  • 料金の安さ
  • サポート体制の充実

 

これらを踏まえておすすめする海外用レンタルWiFiは、以下の3社です。

 

・グローバルWiFi

・イモトのWiFi

・Wi-Ho!

 

海外用レンタルWiFiを利用する際は、「利用国以外での使用はしないこと」や「電源ボタン以外をいじらない」「当日ではなく事前に予約しておく」などの注意点があります。また、補償パックに加入しておくと安心して利用することができるでしょう。

 

海外用レンタルWiFi以外にも「データローミング」や「海外用SIM」など、インターネットを利用する手法は他にもあります。

 

利用コストや用途などを考慮した上で、自分の使い方に合った方法を選択しましょう。海外でのインターネット通信は、便利で滞在期間を充実させてくれるものとなります。後悔しないよう、しっかりと準備し、海外を楽しんでください。