Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

無線LANの新規格WiFi6とは?対応ルーター・スマホもまとめてみました

スマートフォンやパソコン、果ては冷蔵庫や掃除機などの家電製品までがつながり、今や利用しない生活など考えられないほど、WiFiは生活に必要なインフラとして普及しています。

しかし、そのWiFiに世代や種類があることは、一般的にはあまり知られていなようです。

 

そんな中で、新世代のWiFiである「WiFi6」が近年発表され、その革新的な機能の向上に、各方面から注目が集まっています。

 

すでにその利便性を皆が体験しているWiFiですが、WiFi6によって、これからのインターネット環境はどのように変化していくのでしょうか。

 

今回の記事では、そんなWiFi6について、その特徴やメリットの解説、現在発売されているWiFi6対応端末の紹介をいたします。

普及には今しばらく時間がかかる段階ではありますが、前もって情報を押さえておけば、ここから先のネット環境の構築の助けになるはずです。

 

WiFi6とは?

「WiFi6」とは、スマホやパソコンなどの通信端末を無線でインターネットに接続するために用いられる、無線通信規格「WiFi」の最新世代の呼称です。

最初に登場したWiFi規格から数えて6世代目にあたり、今までのWiFiをはるかに超える通信の高速化・安定性の向上を実現しています。

 

しかし、このWiFi6で最も注目するべき点は、通信速度の向上だけではありません。

1つのホスト(WiFiルーター親機)に対して何十台ものクライアント(スマホやパソコン、タブレットなどの子機)を同時に接続することができ、かつハイクオリティな通信環境を維持できる点も、大きな向上です。

 

これは、今日までに世界規模でWiFiが普及し、利用する人数・端末の数が把握しようもないほどに増加の一途をたどっている現状にとって、最も解決を急がれる問題でもありました。

 

例えば、国際空港やスポーツ競技のスタジアムなど、人の数、つまりはWiFiを利用する機器の数が多い場所で、公衆WiFiの速度の遅さに、辟易した経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

また、それを家庭レベルに縮小すると、今やWiFiを利用する機器はスマホやパソコン、タブレットのみならず、照明・音響・冷蔵庫・掃除機など、一般家電にまでその裾野は広がっています。

 

これら通信機器以外を、インターネット(WiFi)を用いて管理することをIoT(Internet of Things)といい、これにより一般家庭内でのWiFi機器が数十もの数になることも珍しくなくなりました。

 

このように、ミクロ的・マクロ的ともに、同時多数接続の需要はとどまることを知りません。

すでにこれまでの規格では対応しきれなかったところに現れた1つの光明として、WiFi6が注目されています。

 

―正式な規格名称は「IEEE 802.11ax」

WiFi6という名称は、実は正式なものではなく、ニックネームです。

正式な規格名称は、「IEEE 802.11ax」となっており、前世代までは「IEEE 802.11ac」「IEEE 802.11n」以外の公式名称はありませんでした。

 

省略して「11ac」「11n」などと呼称することもありましたが、今回の新規格の発表を契機に、一般ユーザーにも浸透しやすく、フレンドリーな名称として「WiFi6」を正式な愛称とすることになりました。

 

それに伴い、過去2世代前までのWiFi規格「IEEE 802.11ac」「IEEE 802.11n」も、それぞれ「WiFi5」「WiFi4」とさかのぼる形で愛称が制定されました。

 

正式名称 愛称 最大速度 電波帯域
IEEE 802.11ax WiFi6 9.6Gbps 2.4G帯/5GHz帯
IEEE 802.11ac WiFi5 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE 802.11n WiFi4 300Mbps 2.4G帯/5GHz帯
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4G帯
IEEE 802.11b 11Mbps 2.4G帯

 

―2019年9月より認証プログラムの提供を開始

新規格であるWiFi6の発表に伴い、各電子通信機器メーカーは、WiFi6に対応した端末の開発を鋭意行なっています。

 

そして、その新製品がWiFi6として足り得る機能・条件を満たしているかを判断する認証プログラムが、2019年の9月より開始されました。

プログラム名は「Wi-Fi CLASSIFIED 6」と題され、無線LAN標準化団体である「WiFi Alliance」により厳しくチェックが行われています。

 

初めてWiFi6対応の端末として認証されたのが、韓国のSamsung Electronics社が開発・販売した「Galaxy S10」のシリーズです。

日本でも同名・同型の端末がdocomoとauから発売されていますが、WiFi6に対応しているのは海外版の製品です。キャリアから販売されている国内版のものは対応していないため、購入時に注意が必要です。

 

また、2019年9月20日に日本でも販売が開始した「iPhone 11」シリーズは、シリーズ内の「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」3製品すべてが、WiFi6対応機器として認証されています。

 

WiFiの発信側(親機)となる無線LANルーターに関しては、すでに現在でも多数の対応商品が市場展開しており、NETGEARやASUS、Ciscoなどの海外メーカーだけではなく、バッファローやエレコムなどの国内メーカーからも続々とWiFi6対応の新製品が発表・発売されています。

 

なかにはすでにハイエンドモデルと廉価モデルの両方をラインナップしているメーカーもあり、選択肢は広くなりつつあります。

 

現在発売されているWiFi6対応の子機(クライアント側)端末は、上記のGalaxy S10シリーズ、Galaxy Note10シリーズ、iPhone 11シリーズのみです。

 

しかし、ドイツ・ベルリンで開催された「IFA2019」など、2019年開催の各国の家電見本市では、パソコンを含むさまざまなWiFi6対応端末が展示されており、選択肢の拡充も目前の段階です。

 

WiFi6登場によるメリット

WiFi6は、今までのWiFi5から新たに開発された新技術により、あらゆる性能が飛躍的に向上しました。

 

通信速度の向上・安定化、それによる利用可能サービスの拡大は当然のごとく、複数台の同時接続時でも通信環境が高水準で維持できること、さらには接続されている端末のバッテリー消費を抑えることまでもが可能になりました。

 

また、WiFi6対応無線LANルーターは、従来のWiFi5、WiFi4以下の規格にも対応しているため、ルーターを買い換えても、現在利用中の機器は問題なく利用を続けることができます。

 

―ワイヤレスネットワークのさらなる高速化が見込める

当然のことながら、WiFi6の登場により、対応WiFiルーターが扱うことのできる通信の最大速度は大きく上昇しました。

 

端的に数値で表すと、ひと世代前のWiFi5(IEEE 802.11ac)では、理論上の最大速度が6.9Gbpsだったのに対し、WiFi6では9.6GMbpsまでとなり、およそ40%速度のキャパシティが向上しています。

 

また、WiFi5は通信速度に重きを置いた「5GHz帯」のみの対応でしたが、WiFi6では電波の遠心性、体物理障害性に優れる「2.4GHz帯」にも対応しています。

この2.4GHz帯を含む規格で比べると、今まで最新であったWiFi4(IEEE 802.11n)の300Mbpsから、WiFi6はおよそ20何倍以上の性能向上となります。

 

ちなみに、ここで比較している最大速度とは、大元となる通信回線、WiFiルーターの設置場所や周辺環境を最大限まで理想的なものにした場合の理論値です。実際にユーザーが利用する際の実行時の数値とは、大きく隔たりがあることにご注意ください。

 

そして、今回のこのWiFi6の大幅な速度向上には、「レイテンシー」と「スループット」の改善・拡張が大きな理由として挙げられます。

 

レイテンシーとは、通信信号の遅延のことを指します。

レイテンシーを実際の利用状況で表現すると、ホームページの展開の速さや、動画再生のスムーズさ、オンラインゲームプレイ中のラグなどで体感することになります。

 

これは後述しますが、WiFi6の特性として、1つのWiFi送信機が複数台の接続端末に対して同時通信ができるようになりました。

そのため、各端末での通信の待ち時間が軽減され、結果的に遅延のない高水準での速度の維持が実現しています。

 

スループットとは、一度の通信に利用できる周波数帯の幅のことを指し、WiFi5までの規格では80kHzまでであったものが、WiFi6からは倍の160khzの幅まで拡張されました。

 

これは、高速道路における車線の数で例えることができ、今までは1車線であったものが2倍の2車線になったことで、渋滞(通信の混雑)の緩和が実現し、より速度が出やすくなったと考えると理解しやすいでしょう。

 

―固定回線のハイエンドサービスや大容量通信に対応

WiFi6により、現在続々とローンチされているネット回線を含めたハイエンドサービスに対応することが可能になりました。

 

今まで個人契約ができる高速インターネット回線といえば、最大速度が1Gbpsの光回線が中心でしたが、近年、この1Gbpsを超える「超高速光回線」が、一般家庭向けサービスとして提供され始めました。

 

全国展開のものでは「NURO光」や「auひかり」、地方限定サービスでは関西地方の「eo光」などで、最大速度が5Gbps、10Gbpsのサービスが展開されています。

今のところはまだ一部地域限定での提供ではありますが、着々とその範囲は広がっており、今後のさらなるシェア拡大は間違いないでしょう。

 

従来の最大1Gbpsの光回線サービスであれば、WiFi5までの規格でそのポテンシャルを十分に発揮することができましたが、超高速の回線サービスであると、持て余すケースが考えられます。

 

さらに、現在のインターネット通信の大半を占める、「YouTube」や「Netflix」などに代表される映像配信サービスからも、4K画質や8K画質など、より大きなデータ通信環境を要求するサービスがリリースされています。

 

このような供給側、そしてサービス側の両側面からの、超高速通信環境の要求にWiFi6であれば応えることが可能です。

 

―複数台同時接続の効率がアップする

複数台の同時接続の効率アップは、WiFi6の最大の特徴ともいえる機能です。

1つのWiFiルーターから、接続されている複数の端末に同時に通信を行うことが可能になり、通信効率が飛躍的にアップしました。

 

今までのWiFi通信では、1つの端末から要求された処理を完了させてから次の端末の処理を行う、というような動きでした。そのため、その中の1台が時間のかかる処理を要求していた場合や、1つのWiFiルーターにキャパシティを超える数の端末が接続されていた場合などに処理の順番待ちが発生し、通信速度が低下・不安定化していました。

 

WiFi5までの技術でも、「MU-MIMO」という複数同時接続端末に対しての通信効率化を行う技術が利用されてきました。ただしこれは、WiFiルーターが備えているアンテナ1本に対し端末1台を割り当てる、というものであったため、効率化できる同時接続台数があまり多くありませんでした。

 

しかし、今回WiFi6から新たに導入される「OFDMA」という技術では、1つのアンテナから発信されるWiFiの電波で、複数の端末の要求に同時に応えることができるようになりました。

これにより、どの端末も他の端末の処理の完了を待つことなく、同時に並行して通信を行うことができます。

 

複数のアンテナを持つWiFi6対応ルーターであれば、この「OFDMA」と「MU-MIMO」の技術を併用することで、今まで以上に膨大な数の同時接続が可能になります。

 

―機器のバッテリー寿命がのびる

WiFi6からの新機能に、「TWT(Target Wake Time)」というものがあります。

これは、WiFiルーター親機が、接続されている子機端末の稼働状態を判別し、ネット通信が不要である状態の端末のWiFi受信待機状態を解除し、スリープ状態へ移行させるものです。

 

これにより、子機端末のバッテリー消費を大幅に抑えることが可能になりました。

また、通常利用時のバッテリー消費を抑えるだけではなく、結果的にトータルでのバッテリー寿命の延長にもつながります。

 

この機能を使用するには、WiFi親機・子機ともに、TWT対応端末同士の組み合わせである必要があります。

 

―従来規格とも互換性がある

このWiFi6は、全くの新開発技術というわけではなく、WiFi5までをベースに作られた規格です。

また、WiFi5までと同様に、上位規格に対応した無線LANルーターのほとんどは、下位規格の通信機能も搭載しています。

 

現在発売されているWiFi6対応無線LANルーターもWiFi5以下の従来規格に対応しているため、WiFi6特有の機能を使うことはできませんが、今までの端末を継続して利用することが可能です。

 

WiFi6利用時の注意点

WiFi6は、無線通信環境を飛躍的に向上させる能力を有していますが、その能力を最大限に発揮させるためには、無線LANルーターを取り替えるだけでは不十分です。

 

スマートフォンやパソコンなどの子機端末や中継器などがWiFi6に対応していることはもちろんのこと、光コンセントから無線LANルーターまでをつなぐLANケーブルも、WiFi6の要求に耐えうる高規格のものでなくてはなりません。

 

―WiFi6の性能を生かすには高規格のLANケーブルが必要

LANケーブルには複数のカテゴリーが存在し、通信速度の上限・伝送帯域に違いがあります。

カテゴリーは5から8の合計7つに分かれており、数字が大きいものほど通信速度が速いものになります。

 

規格 通信速度 伝送帯域
CAT5 100Mbps 100Mhz
CAT5e 1Gbps 100Mhz
CAT6 1Gbps 250Mhz
CAT6A

CAT6E

10Gbps 500Mhz
CAT7 10Gbps 600Mhz
CAT7A 10Gbps 1000Mhz
CAT8 40Gbps 2000Mhz

 

・WiFi6に最適なのはカテゴリー6A以上

WiFi6を活用するには、LANkケーブルの選択はカテゴリー6A以上が必須です。

カテゴリー6以下の最大速度は1Gbps、6A以上は10Gbpsになるため、カテゴリー6以下のLANケーブルでは、WiFi6の要求する通信速度に対応しきれません。

 

カテゴリー6A・6EのLANケーブルは高画質の動画コンテンツ視聴を想定用途にしているものであり、対応通信速度も10Gbpsであるため、WiFi6の能力を十分引き出すことができます。

 

また、カテゴリー7や7Aに関しては、6A・6Eから更にノイズの軽減などの能力を高めたものであり、オンラインゲームや業務用サーバーの期間配線などを想定用途としています。

 

カテゴリー8に関してはデータセンターなどの業務用であり、使うには非常に高額な設備が必要となるため、一般利用向きではありません。

 

―接続する端末や中継器もWiFi6に対応している必要がある

1Gbpsを超える超高速WiFi通信や多数同時接続の効率化、子機端末のバッテリー消費を抑えるTWT機能など、WiFi6特有の新機能を活用するには、スマホやパソコン・タブレットなどの子機端末や、WiFiの有効範囲を延伸するための中継機も、WiFi6対応機器でなくてはなりません。

 

2019年9月現在で一般市場に発売されているWiFi6対応端末は、韓国Samsung Electronics社から発売されているGalaxy Note 10、Galaxy S10シリーズ(海外版のみ)と米国Apple社から発売されているiPhone 11シリーズのみとなっています。

 

世界各国で開催されている家電見本市では、DELLやASUSなどの海外メーカーはもちろんのこと、FUJITSUやTOSHIBAなど日本発のメーカーも、WiFi6対応のパソコン・スマートフォンを発表しており、続々とその選択肢の広がりを見せてはいますが、現在はまだ普及を待つ段階であります。

 

また、WiFi6対応の無線LANルーターのほとんどは、WiFi5以前の通信規格にも対応しています。

そのため、WiFi6対応無線LANルーターの導入を機にすべての子機端末を刷新する必要はなく、今まで使っていた端末は、WiFi5以下の通信規格で継続して利用することが可能です。

 

WiFi6対応が発表されているWiFiルーター

スマートフォンやパソコンなど、子機端末のWiFi6対応機器は未だごく少数といったところですが、親機にあたるWiFiルーターにおいては、すでに多数のメーカーが複数のモデルを市場に投入しています。

 

なかにはフラッグシップモデルとも呼べる超高機能モデルと、いくつかの機能を抑えることで価格帯を下げた廉価版モデルの両方をラインナップしているメーカーもあり、現在時点でも十分な選択肢があります。

 

―バッファロー(BUFFALO)WXR-5950AX12

 

・メーカー:バッファロー(BUFFALO)

・実売価格:43,780円

・対応無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax

・対応周波数帯:2.4GHz/5Ghz

・アンテナ:5GHz/2.4GHz共通 4本、5GHz 4本(外付け)

・最大データ転送速度:4,803Mbps(IEEE802.11ax)

・特別な機能:ビームフォーミングEX、バンドステアリング、IPv6、可動式アンテナ、アドバンスドQoS(4K)

 

WXR-5950AX12は、国内パソコン周辺機器メーカーの大手「バッファロー社」から発売されている、超高機能WiFi6対応ルーターです。

 

5GHz帯と2.4GHz帯共通のアンテナ4本、5GHz帯専用のアンテナ4本が、本体天面に可動式で設置されており、任意の方向に傾け指向性を調整することができます。

 

最大通信速度は5GHz帯で4,803Mbps、2.4GHz帯で1,147Mbpsとなっており有線ポートはWANポートLANポートともに10Gbpsをサポートしています。

 

無線LAN規格はIEEE 802.11ax(WiFi6)、IEEE 802.11ac(WiFi5)、IEEE 802.11n(WiFi4)、IEEE 802.11g、IEEE 802.11b、IEEE 802.11aのすべてに対応しているため、現在利用中の従来規格端末も継続して利用することが可能です。

 

WiFi6の機能のみならず、ビームフォーミング機能やバンドステアリング機能、IPv6に対応しており、従来規格端末の速度向上にも十分な機能を有しています。

 

―バッファロー(BUFFALO)WXR-5950AX12R

 

・メーカー:バッファロー(BUFFALO)

・実売価格:43,780円

・対応無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax

・対応周波数帯:2.4GHz/5Ghz

・アンテナ:5GHz/2.4GHz共通 4本、5GHz 4本(外付け)

・最大データ転送速度:4,803Mbps(IEEE802.11ax)

・特別な機能:ビームフォーミングEX、バンドステアリング、IPv6、可動式アンテナ、アドバンスドQoS(4K)

 

WXR-5950AX12Rは、上記WXR-5950AX12の初期ローンチ分の特別仕様版です。

筐体の天面、そして背面が内部構造を確認できるクリアパネルで構成されており、バッファローのロゴがゴールドで装飾された高級感溢れるモデルです。

 

―エレコム(ELECOM)WRC-X3000GSA

 

・メーカー:エレコム(ELECOM)

・実売価格:19,224円

・対応無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax

・対応周波数帯:2.4GHz/5Ghz

・アンテナ:2.4GHz 2本、5GHz 2本

・最大データ転送速度:2,402Mbps(IEEE802.11ax)

・特別な機能:ビームフォーミング、IPv6

 

WRC-X3000GSAは、エレコム社から発売されているWiFi6対応無線LANルーターです。

実販売価格が2万円をきっており、導入しやすい価格帯のエントリーモデルです。

 

アンテナは内蔵式になっており、見た目に仰々しい主張がありません。

無線LAN規格もWiFi6までのすべての規格に対応しています。

 

WiFi6の最大通信速度は、5GHz帯が2,402Mbps、2.4GHz帯が574Mbpsと、auひかりやNURO光などの超高速回線サービスにも十分対応可能なスペックになっています。

接続台数は推奨36台までと多く設定されており、IoT化の導入が進んでいる住宅にもおすすめのモデルです。

 

―ネットギア(NETGEAR)RAX40-100JPS

 

・メーカー:ネットギア(NETGEAR)

・実売価格:19,998円

・対応無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax

・対応周波数帯:2.4GHz/5Ghz

・アンテナ:2.4GHz 2本、5GHz 2本

・最大データ転送速度:2,400Mbps(IEEE802.11ax)

・特別な機能:ビームフォーミング、IPv6、MU-MIMO

 

RAX40-100JPSは、アメリカの通信機器メーカー、NETGEARから発売されているWiFi6対応ルーターのエントリーモデルです。

実売価格は2万円程度と手の届きやすい価格設定で、最大速度は5GHz帯で2,400Mbps、2.4GHz帯で600Mbpsでの高速無線通信に対応しています。

 

デュアルコアCPUを搭載しており、オンラインゲームなど高負荷のかかる通信も、スムーズに処理することが可能です。

 

WiFi6対応が発表されているスマホ

現在一般発売されているWiFi6対応の子機端末の種類は少なく、スマホではiPhone 11シリーズと、Galaxy Note10、Galaxy S10シリーズのみとなっています。

 

史上初めてWiFi6対応端末に認可されたのは、Galaxy S10シリーズですが、Galaxy製品の日本国内出荷モデルはWiFi6対応していないため、購入の際には注意が必要です。

 

各メーカーもこれらに追随するようにWiFi6対応端末を開発発表している状況であるため、今しばらくでその選択肢は増えるものと予想されます。

 

―iPhone 11シリーズ

日本でも人気の高い、Apple社が発売をしている「iPhone」の最新シリーズです。

「iPhone 11」「iPhone11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」3機種が発売されていますが、このすべてがWiFi6に対応しています。

 

発売日は2019年の9月20日、販売価格は最小の内部ストレージ64GBでiPhone 11が74,800円、iPhone 11 Proが106,800円、iPhone 11 Pro Maxが119,800円となっています。

 

最大の特徴はカメラ性能の向上で、iPhone 11ではデュアルカメラ、iPhone 11 Pro、Pro Maxでは広角・望遠・超広角のトリプルカメラが採用されており。撮影機能が大幅に向上しています。

 

Galaxy Note10

Galaxy Note10は、Samsung Electronics社から発売されている、大型ディスプレイ端末です。

日本での発売はdocomoから、2019年10月31日です。

 

Galaxy Note10とGalaxy Note10+の2機種がシリーズラインナップとなっており、それぞれ画面が約6.3インチ、6.8インチと違いがあります。

スタイラスペンが付属しており、タッチ操作や手書きのメモなど、さまざまな用途に使うことができます。

 

内部ストレージは512GBと基本スペックから大容量であり、外部ストレージも1TBのマイクロSDカードに対応しているため、パソコンにも引けを取らないデータ保存能力を有しています。

背面には3基のカメラが搭載されており、写真や動画を、より鮮明に撮影することができます。

 

―Galaxy S10シリーズ

世界で初めてWiFi6対応のスマホ端末として登場したものが、この「Galaxy S10」シリーズです。

海外モデルとしては「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10 e」「Galaxy S10 5G」の4機種が発売されていますが、すべてがWiFi6対応となっています。

 

国内モデルとしては「Galaxy S10」「Galaxy S10+」がdocomoから2019年6月1日、auから2019年5月23日から発売が開始されています。

ほぼ全面がディスプレイの非常に高い特徴的な外観をしており、有機ELディスプレイの能力を最大限に発揮しています。

 

インカメラを従来のノッチ方式ではなく、パンチホール式で最小限の大きさに収めたため、この画面占有率が実現しました。

背面カメラも広角・望遠・超広角の3基を搭載しており、撮影時のズームの度合いに合わせて3つのカメラをシームレスに切り替えて撮影をサポートしてくれます。

 

まとめ

WiFi6は、今までのWiFiの機能全体を大幅に向上・拡張させた新たな無線通信規格です。

WiFi6により、以下のような点において、これからの無線通信は大きな変化を見せます。

 

・最大速度1Gbps超の超高速無線通信

・多数の端末を同時接続しても遅延しない

・接続端末のバッテリー消費を抑制する

 

なかでも多数同時接続時のパフォーマンス向上が今回の新規格の肝と言える部分であり、空港やスタジアム、駅など多数の人々が行き交う場所での公共インフラとしての活用に期待されているとともに、家庭内でのIoT化の中核にもなりえます。

 

現在、市場にはWiFi6対応のWiFiルーターが各メーカーから多数発売されています。ただし、WiFi6特有の機能を利用するためには、スマホやパソコンなど子機端末や周辺機器もWiFi6対応のもので揃える必要があります。

 

WiFi6対応端末として発売されているものは、海外向けのGalaxy Note10、Galaxy S10のシリーズと、国内版も含むiPhone 11シリーズのみとなっており、今後の普及を待つ段階です。