Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

大手スマホキャリアのWiFiスポットサービスまとめ!利用上の注意点やその他のWiFi使用方法もご紹介

SoftBank・au・docomoの3大キャリアでは、日本全国のいたる場所で利用できるWiFiスポットを設置しています。それぞれ料金や通信速度などに違いはありますが、キャリアのWiFiスポットは通信速度の安定性も良く、セキュリティも万全なので、とても快適に利用できますよ。

今回は、SoftBank・au・docomoの3大キャリアが提供するWiFiスポットの特徴や接続方法をご紹介します。最後にWiFiルーターや固定回線もいくつかご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

SoftBank・docomo・auにはWiFiスポットのサービスがある!


スマホ3大キャリアのSoftBank・docomo・auには、カフェや公共施設などさまざまな所でWiFiに接続できる「WiFiスポット」のサービスがあります。利用するためにはいくらかの料金が必要となりますが、WiFiスポットでは安全かつ安定した通信を利用できるので、外出先で頻繁にWiFiを利用したい方にとっておすすめのサービスです。 -SoftBank・docomo・auのWiFiとフリーWiFiの違いは? フリーWiFiは公共WiFiなので、完全無料でどのキャリアからも接続できます。ただし、WiFiスポットのように高機能ではないので、通信速度が遅いだけでなく、パスワードなどを読み取られたり、端末を乗っ取られて勝手に操作されたりする危険性もあることを覚えておきましょう。その点、SoftBank・docomo・auのWiFiスポットで提供されるキャリアWiFiは安全性も高く、通信速度も安定しているので安心ですよ。

ソフトバンク Wi-Fi スポット


スマホ3大キャリアのSoftBank・docomo・auには、カフェや公共施設などさまざまな所でWiFiに接続できる「WiFiスポット」のサービスがあります。利用するためにはいくらかの料金が必要となりますが、WiFiスポットでは安全かつ安定した通信を利用できるので、外出先で頻繁にWiFiを利用したい方にとっておすすめのサービスです。 -SoftBank・docomo・auのWiFiとフリーWiFiの違いは? フリーWiFiは公共WiFiなので、完全無料でどのキャリアからも接続できます。ただし、WiFiスポットのように高機能ではないので、通信速度が遅いだけでなく、パスワードなどを読み取られたり、端末を乗っ取られて勝手に操作されたりする危険性もあることを覚えておきましょう。その点、SoftBank・docomo・auのWiFiスポットで提供されるキャリアWiFiは安全性も高く、通信速度も安定しているので安心ですよ。


SoftBankユーザーの場合、契約プランによってWiFiスポット利用への申し込みの有無や料金が変わります。ソフトバンクWi-Fiスポットの基本情報は、以下の項目でご確認ください。

【光回線】
・WiMAX
・最大通信速度:54Mbps
・SSID:0001softbank/0002softbank/mobilepoint
・認証方式:自動/Shared key/Open/WPA2-PSK/WPA
・暗号化方式:NONE/WEP/AES/AES+TKIP

-ソフトバンク Wi-Fi スポットの利用方法

ソフトバンクWi-Fiスポットを利用するためには、基本的にソフトバンク回線が利用できるSoftBank、もしくはY!mobile端末の契約が必要です。どちらかのキャリアで契約している方は、以下の方法で端末側を設定しておくと、ソフトバンクWi-Fiスポットに近づくだけで、自動的にソフトバンクWi-Fiへつながるようになりますよ。



1.「Wi-Fiスポット設定」のアプリをダウンロードする
2.すべての項目を確認し、利用規約に同意する
3.「ログインID」と「パスワード」を設定する
4.Wi-Fiをオンにする
5.ソフトバンクWi-Fiスポットに行き、接続する(自動接続)

ただし、iPhoneまたはiPad(Cellularモデル)に限っては、アプリダウンロード前に「一括設定」を行う必要があります。一括設定は以下の手順でできますので、iPhoneユーザーは参考にしてください。


1.Wi-Fiと、safariのcookieブロックをオフにする
2.safariを起動し、URL欄に「sbwifi.jp」と入力する
3.「同意して設定開始」をタップする
4.SNSへ送られて来るURLをタップし、一括設定をインストールする
5.フルネームへお好きな名前を入力する(ニックネーム可)

iPadのWi-Fiモデルをお持ちの方は、safariで「http://i.sbwifi.jp」へアクセスし、購入時の箱裏に貼られているシールへ記載されている「シリアル番号」と、ご自身のメールアドレスを入力してください。すると、入力したメールアドレス宛へ、ソフトバンクWi-Fiスポットに接続するためのIDとパスワードが送られてきます。ソフトバンクWi-Fiスポットを利用する際は、「0001Softbank」を選択し、送られてきたIDとパスワードを入力して接続してください。

-ソフトバンク Wi-Fi スポットの料金

ソフトバンクWi-Fiスポットの料金は、ソフトバンクまたはY!mobile端末の契約プランによって、以下のように異なります。加入サービスによって申し込みの有無も異なりますので、確認しておきましょう。

【事前申し込み不要な方の加入サービスと料金】

加入サービス 月額料金
基本通話プラン ウルトラギガモンスター+
データ定額(50GBプラス)
ミニモンスター
データ定額(ミニモンスター)
永年無料
スマ放題 スマ放題ライト データ定額ミニ(1GB/2GB)
データ定額5GB
ギガモンスター
データ定額20GB
ウルトラギガモンスター
データ定額(50GB)
データ定額(3Gケータイ)
その他プラン フラット型パケット定額サービス


【事前申し込みが必要な方の加入サービスと料金】

加入サービス 月額料金
スマ放題 スマ放題ライト データ定額S(4Gケータイ) データ定額S(3Gケータイ) 加入から2年間無料
※3年目以降467円
その他プラン 二段階制のパケット定額サービス

※価格はすべて税抜 ※SoftBank公式サイト「よくあるご質問」より引用(https://www.softbank.jp/support/faq/view/10302)

ソフトバンクWi-Fiスポットの利用申し込みは、「My SoftBank」またはお近くの「ソフトバンクショップ」から、契約者本人が手続きを進めることができます。

-SoftBankユーザー以外でも利用できるサービスがある

「ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)」というサービスに登録すると、SoftBankユーザー以外の方でもソフトバンクWiFiスポットでWi-Fi接続が可能となります。月額料金は1日467円となっていますので、利用したい方は「ユーザ登録(https://exsupport.sbwifi.jp/WISC/wisca021-input.action)」より手続きを進めてみてください。ユーザ登録後は、ソフトバンクWi-FiスポットでSSID「SWS1day」を選択し、登録時に設定したIDとパスワードを入力すると、ソフトバンクWi-Fiスポットに接続できますよ。

au Wi-Fi SPOT


auユーザーは、事前申し込み不要で全国に設置されているau Wi-Fi SPOTに接続できます。料金はau端末の契約プランによって異なりますが、ほとんどのプランが無料で利用できますよ。au Wi-Fi SPOTの基本情報は、以下の項目でご確認ください。

・最大通信速度:433Mbps
・SSID:au_Wi-Fi2/au_Wi-Fi/Wi2premium_club/Wi2_club/0000Wi2/UQ_Wi-Fi/Wi2premium/Wi2/wifi_square
・認証方式:WEB/EAP-SIM
・暗号化方式:WPA2-PSK/WPA2-EAP/WEP/暗号化なし

-au Wi-Fi SPOTの利用方法

au Wi-Fi SPOTを利用するためには、au回線を契約した端末へ専用アプリをインストールする必要があります。ただし、専用アプリのインストール方法はAndroidとiPhone/iPadで少々異なりますので、以下の項目でインストール方法をご確認ください。

-専用アプリのインストールが必要

au Wi-Fi SPOTを利用するためには、端末のWi-Fi接続をオンにした後、スマホやタブレットに「au Wi-Fi接続ツール」という専用アプリをインストールしなければなりません。ここではAndroid・iPhone/iPad(iOS9以降)・iPhone/iPad(iOS8~5)の3端末別にインストール方法をご紹介していきます。

【Android】
Android端末の場合、アプリ内にau Wi-Fi接続ツールが標準装備されていますので、改めてアプリをダウンロードする必要はありません。アプリタップ後、表示される内容に沿って初期設定を行ってください。

【iPhone/iPad(iOS9以降)】
最新のiPhoneまたはiPadをご利用中の方は、App storeよりau Wi-Fi接続ツールをダウンロードできますので、アプリ検索後、端末にインストールしてください。インストール後はアプリに表示される内容に従って初期設定を行えば、au Wi-Fi SPOTが利用できます。

【iPhone/iPad(iOS8~5)】
iOS8~5の端末を利用している方は、アプリダウンロード前に以下の方法で「プロファイル」をインストールしてください。

【光回線】
1.safari>ブックマーク>「auサポート(旧:auお客さまサポート)」の順でタップする
2.下部にある「製品別各種設定・ご利用ガイド」をタップする
3.「iPhoneをもっと使いこなすための設定」内にある「外出先や自宅でWi-Fiを使いたい」をタップする
4.「iOS6~8の方はこちらから~…」の「こちら」をタップする
5.「プロファイルのインストールへ」をタップする
6.規約を確認し、「同意する」をタップし、プロファイルのインストールを行う

プロファイルのインストールが完了すると、au Wi-Fi接続ツールのダウンロード画面が表示されます。au Wi-Fi接続ツールを端末にインストールしたあとは、表示内容に沿って初期設定を行うことで、各地のau Wi-Fi SPOTへ接続できるようになりますよ。

-電波の強さに応じて通信を自動で切り替える

au Wi-Fi SPOTは、特別な設定をしなくても、電波の強さに応じてWi-Fi(au Wi-Fi SPOT)と4G LTE/3Gを自動的に切り替えてくれます。そのためau Wi-Fi SPOTの電波が弱かったとしても、常に快適な状態でネットへ接続できますよ。

-使用スマホ以外の端末も接続できるサービスがある

au Wi-Fi SPOTは、au回線を契約しているauスマホ・ケータイ・タブレットのみ接続可能なWiFiスポットです。しかし、auユーザーに限り「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」を申し込むと、WiFi接続可能なパソコンやゲーム機なども、専用アプリ不要でau Wi-Fi SPOTに接続できるようになります。 料金はほとんどの場合無料ですが、新auピタットプランやauピタットプラン(S)など一部プランでは300円/月の料金がかかりますので、公式サイトを確認しておきましょう。

Wi2 300 for auマルチデバイスサービスの利用方法は、以下の手順を参考にしてください。

1.「申し込みページ(https://service2.wi2.ne.jp/wi2was/userAgreement?crplanid=aumdpay)」よりWi2 300 for auマルチデバイスサービスへ申込手続きを行う
「Wi2マイページ(https://service2.wi2.ne.jp/wi2was/mypageLogin)」へログインし、「ワイヤレスLANの設定」内にある「公衆無線LAN接続の設定・確認」を選択する
3.「SSID」と「ネットワークキー」を確認する
4.確認した情報をもとに、ノートパソコンやゲーム機をau Wi-Fi SPOTへ接続する

docomo Wi-Fi


docomoユーザーの場合、契約者は「docomo Wi-Fi」に申し込むだけで、全国のドコモ専用WiFiスポットが無料で利用できるようになります。docomo Wi-Fiの基本情報は、以下の項目でご確認ください。

【光回線】
・最大通信速度:72.2Mbps
・SSID:0000docomo/0001docomo
・認証方式:PSK認証+Web認証/EAP-SIM
・暗号化方式:WPA2-PSK/CCMP/WPA2-EAP

-docomo Wi-Fiの利用方法

docomo Wi-Fiは、ドコモ回線を契約した端末で利用できます。ただし、docomo Wi-Fiへ接続するためには事前にオンラインや電話またはショップで申し込みを行う必要がありますので、利用したい場合は契約者本人が手続きを行っておきましょう。

-docomoユーザー以外は月額1,500円で利用することができる

docomoユーザー以外の方もドコモショップで「docomo Wi-Fi月額プラン(月額1,500円)」を申し込めば、月額1,500円でdocomo Wi-Fiへ接続できるようになります。docomo Wi-Fiのみの単独契約なので、外ではdocomoのWi-Fiを利用したいという方は申し込んでみるといいでしょう。

-使用スマホ以外の端末も接続できる

docomo回線を1台でも契約している方は、「docomo Wi-Fi月額300円プラン」を契約すると、2台目以降のスマホやタブレットを月額300円でdocomo Wi-Fiに接続できるようになります。docomo Wi-Fi月額300円プランには以下のように多数のメリットがあるので、家に中古のスマホやタブレットが眠っている方や、外出先でもdocomo Wi-Fiを接続したい方は契約を検討してみてください。

【光回線】
・月額300円で速度制限なしのdocomo Wi-Fiが使い放題になる
・セキュアな通信なので、パスワードやアカウント情報を入力する場面でも安心できる
・一度IDとパスワードを入力すれば、2回目からは自動的にdocomo Wi-Fiへ接続される

-プリペイド式サービスがある

先ほどドコモ回線を契約していなくてもdocomo Wi-Fiが利用できるプランとして「docomo Wi-Fi 月額プラン(1,500円)」をご紹介しましたね。しかし、ドコモには数日間だけ日本に滞在する外国人観光客や、docomo Wi-Fiをちょっと試してみたい他社キャリアユーザー向けに、日額388円から利用できるプリペイド式の「docomo Wi-Fi for visitors」というサービスも用意しています。料金は以下のように1日・1週間・3週間と滞在時間(利用日数)に合わせてお好きなプランを選択できますよ。

プラン 1日 1週間 3週間
料金 388円 972円 1,404円
支払い方法 クレジットカード

※価格はすべて税抜

docomo Wi-Fi for visitorsには、他にも以下のように多数のおすすめポイントがあります。利用してみたい方は「申し込みページ(https://visitor.docomowifi.com/ja/reservation/new)」より手続きをしてみてください。

・日本全国の観光スポットや空港カフェ、コンビニなどさまざまな場所でつながる
・一度接続設定を行うと、2回目以降は自動的に全国のdocomo Wi-Fiへ接続される
・WPA2の暗号方式でセキュリティも万全
・日本語/中国語/英語/韓国語に対応したコールセンターを設置しているので、海外旅行者も安心
・モバイルルーターを持ち歩く必要なく、街中いたるところでWi-Fiに接続できる

SoftBank・docomo・auのWiFiスポットを利用する際の注意点


ここまでSoftBank・docomo・auのWiFiスポットについてご紹介してきましたが、WiFiスポットを利用する際は以下のように注意点もありますので、気を付けましょう。

・なかなかつながらない・接続が切れるという可能性がある
・LTEよりも通信速度が遅いという場合もある

-なかなかつながらない・接続が切れるという可能性がある

各キャリアがWiFiスポットで提供しているWiFiは、電波が不安定になるとつながりにくくなったり、接続が突然切れてしまったりすることもあります。そのような現象が起きたときは、以下の対処法を試してみてください。

・つながらない・接続が切れるときの対処法

WiFiスポットの電波が切れてしまうときは、スマホやタブレット側で何らかの不具合が起きているか、うまくWiFiに接続されていないことが考えられます。この場合、以下の対処法を試してみてください。

・接続機器(スマホやタブレットなど)を再起動させる
・接続設定を再確認し、WiFiスポットに再接続する
・別のSSIDへ接続してみる

-LTEよりも通信速度が遅いという場合も

WiFiスポットで利用できるWiFiは、同時接続人数が多くなったり混雑しやすい夜間に接続したりすると、通信速度が落ちてしまうことがあります。場合によってはLTE回線より遅くなってしまうこともありますので、あまりにも遅い場合はWiFi接続をオフにしてみましょう。

WiFiを使う方法は他にもある


各キャリアが提供するWiFiスポットの電波を利用するだけがWiFiを使う方法ではありません。WiFiはモバイルルーターやホームルーターを契約することでも利用できますので、WiFiスポットより高速で安定したWiFiを利用したい方は、ぜひ「モバイルルーター・ホームルーター」の項目をご覧ください。

ちなみに、WiFiスポットのWiFiやモバイルルーター・ホームルーターより安定した高速通信を利用したいのであれば、固定回線の利用がおすすめです。「安定した高速通信を実現する「固定回線」」の項目ではおすすめの固定回線もご紹介していますので、オンラインゲームなど大容量データ通信を頻繁に行う方や、自宅にネット回線を引き込みたい方は参考にしてください。

-モバイルルーター・ホームルーター

室内外どこでもWiFi接続ができる通信機器を「モバイルルーター」、室内のみにWiFi電波を作り出す通信機器を「ホームルーター」と呼びます。モバイルルーターやホームルーターは今回ご紹介したSoftBank・au・docomoからも提供されていますが、今回はさらにお得なものをご紹介していきます。

・WiMAX

WiMAXは、モバイルルーターもホームルーターも提供しているWiFi事業者の最大手です。WiMAXは契約時にお好きなプロバイダを選択できますが、2019年8月の最新情報によると、「GMOとくとくBB」がWiMAXのプロバイダとして一番お得となっています。GMOとくとくBBでWiMAXを契約した際の料金等は、以下の表でご確認ください。

契約タイプ モバイルルーター ホームルーター
実質月額料金 3,476円 3,462円
契約期間 3年 3年
最大通信速度 1.2Gbps 1Gbps
通信制限 ・WiMAX2+:直近3日間の合計ギガ数が10GBを超えると、10GBを下回るまで夜間のみ1Mbpsに制限
・ハイスピードプラスエリアモード:4G LTE回線を月間7GB以上利用すると、月末まで128kbpsに制限

※価格はすべて税抜
※モバイルルーター:W06 ホームルーター:HOME L02でギガ放題プランを契約した際の料金を記載

WiMAXには、以下のような特徴があります。

・モバイルルーターだけでなく、ホームルーターも契約できる
・最大1Gbps以上の高速通信が利用できる
・賃貸物件にお住まいの方でも開通工事不要でホームルーターを設置できる
・契約時に利用できるプロバイダ特典が豪華
・速度制限の内容がゆるい

WiMAXは、モバイルルーターおよびホームルーターを利用する方の多くが契約する通信サービスです。どこでWiFiを契約しようか迷っている場合は、WiMAXを選んでおくとまず間違いはないでしょう。

・縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、モバイルルーターのみを提供しているWiFi事業者です。縛りなしWiFiの料金は、契約期間に縛りのある「縛っちゃうプラン」と、縛りのない「縛りなしプラン」の2種類によって以下のように異なります。

契約プラン 縛っちゃうプラン 縛りなしプラン
実質月額料金 2,800円 3,300円
契約期間 3年 なし
最大通信速度 612Mbps ※発送される端末によって変動
通信制限 ・WiMAX端末が発送された方:直近3日間の合計ギガ数が10GBを超えると、10GBを下回るまで夜間のみ1Mbpsに制限
・SoftBank端末が発送された方:1日3GB以上利用すると、当日のみ速度制限

縛りなしWiFiには以下のような特徴があります。

・契約事務手数料不要
・「縛りなしプラン」ならいつ解約をしても解約金がかからない
・「縛っちゃうプラン」は契約期間に3年の縛りがある代わり、月額料金が業界最安級
・速度制限の内容がゆるい
・月額料金が初月からずっと変わらない

縛りなしWiFiは、契約期間に縛りのない縛りなしプランでも月額3,300円と格安なので、固定回線が開通するまでのつなぎとして利用したい方や、出張や転勤などでいつネットを解約する状況になるかわからない方から人気です。利用できる端末はこちらで選択できませんが、どのルーターが届いても問題なく通信できますので、利用機種に強いこだわりのない方は、縛りなしWiFiで通信費を安くおさえましょう。

・どんなときもWiFi

どんなときもWiFiも、モバイルルーターのみを提供しているWiFi事業者です。どんなときもWiFiの料金等は、以下の表でご確認ください。

実質料金 3,480円
契約期間 2年
最大通信速度 150Mbps
通信制限 なし
※LTE回線:1日1GB以上の利用で月末まで384kbps

※価格はすべて税抜
※クレジットカード払い「データ放題プラン」の料金を記載

どんなときもWiFiには以下のような特徴があります。

・1台で国内でも海外でもWiFiが利用できる
・海外利用は1日定額制なので、料金は使用した日数分だけしか請求されない
・毎日どれだけWiFiを利用しても速度制限にかからない
・LTE回線利用時に速度制限にかかっても、最大384kbpsと通常利用に問題ない速度で利用できる
・3大キャリアのLTE回線を自動的に最適化し、そのとき最も電波の強い回線に接続する

特徴からもわかるように、どんなときもWiFiは海外でも利用できるモバイルルーターなので、海外旅行や海外出張など、短期間の渡航を頻繁に行う方におすすめです。また、国内ではSoftBank・au・docomoのLTE回線のうち、最も強い電波を自動的にキャッチしてくれるので、WiFi電波が届きにくい場所でも問題なく通信できますよ。

・SoftBank Air

SoftBank AirはSoftBankが提供するホームルーターです。SoftBank Airの料金は、ターミナルを購入するかレンタルするかで変わってきますので、以下の表で詳細をご確認ください。

ターミナルの利用状況 分割購入 レンタル
実質料金 4,880円 5,370円
契約期間 2年 2年
最大通信速度 962Mbps
通信制限 なし

※価格はすべて税抜
※Airターミナル4のスペックを記載

SoftBank Airには、以下のような特徴があります。

・コンセントに接続するだけでWiFi環境ができあがる
・ターミナルは分割購入をすると3年間で実質無料になる
・固定回線のように、どれだけデータ通信が増えても速度制限にかからない
・SoftBank端末とのセット割(おうち割 光セット)が組める

SoftBank Airは工事不要で自宅にWiFi環境をつくりだせるので、壁に穴を開ける開通工事ができない賃貸物件やマンションなどにお住まいの方へおすすめです。また、データは何ギガ使用しても通信制限にかからないので、オンラインゲームや動画配信サービスなどを利用時間に縛られることなく楽しみたい方にもピッタリですよ。

-安定した通信を実現する「固定回線」

WiFiスポットやモバイルルーター・ホームルーターは、工事不要で手軽にWiFiを利用する方法として最適です。ただし、より高速で安定した通信を求める方には固定回線の利用がおすすめなので、該当する方は光回線の契約を検討してみてください。 光回線はスマホ料金が安くなるセット割が組めるところとの契約がマストです。今回は、SoftBank・au・docomoの光回線をご紹介していきますので、ご契約中のキャリアに合わせ、以下の3種類から最適な光回線を選択してください。

・SoftBankユーザーなら「SoftBank光」
・auユーザーなら「auひかり」
・docomoユーザーなら「ドコモ光」

ーSoftBankユーザーなら「SoftBank光」

SoftBankユーザーには、「おうち割 光セット」でソフトバンク端末の料金が毎月最大1,000円安くなる「SoftBank光」がおすすめです。SoftBank光は光コラボ回線なので、対応エリアはフレッツ光同様、日本全国となっています。
おうち割 光セットを適用させるためには、ひかり電話・光BBユニットレンタル・WiFiマルチパックの3つの有料オプションへ加入する必要がありますが、SoftBank光を契約した方は3つのオプションを500円/月で利用できます。オプション料金はおうち割 光セットの割引で相殺できるので、SoftBank光契約者なら、実質無料でおうち割 光セットを適用させることができますよ。

SoftBank光の料金は、以下の表を参考にしてください。

  ホームタイプ マンションタイプ
契約事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 5,200円 3,800円
契約期間 2年 2年
工事費 24,000円 (1,000円x24回) 24,000円 (1,000円x24回)
解約違約金 9,500円 9,500円

SoftBank光はフレッツ光回線を利用した光コラボ回線なので、フレッツ光と同じく最大1Gbpsの高速通信が利用できます。また、IPv6高速ハイブリッドにも対応しているため、混雑しやすい時間帯でもサクサク通信を行うことが可能です。

ーauユーザーなら「auひかり」

auユーザーは、「auスマートバリュー」でau端末の料金が毎月最大1,000円安くなる「auひかり」がおすすめです。ただし、auひかりは以下の地域に対応していないのでご注意ください。

エリア 県名
関西エリア 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・福井
中部エリア 岐阜・愛知・静岡・三重

auスマートバリューはネットとひかり電話またはひかりテレビを同時契約すると適用されるセット割です。ひかり電話とひかりテレビは500円/月の基本料金がかかりますが、料金はauスマートバリューの還元で相殺されるため、実質無料で利用できますよ。

auひかりの料金は、以下の表を参考にしてください。

  ホームタイプ マンションタイプ
契約事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 5,100円 4,050円
契約期間 3年 2年
工事費 37,500円 (625円x60回) 30,000円 (1,250円x24回)
初期費用相当割引 -37,500円 (-625円x60回) -30,000円 (-1,250円x24回)
解約違約金 違約金:15,000円 撤去費用:28,000円 7,000円

※価格はすべて税抜

auひかりはホームタイプに限り、一部地域で5ギガ・10ギガの超光速サービスを契約できます。標準の通信速度は最大1Gbpsですが、5ギガ・10ギガの通信速度は最大5Gbps・10Gbpsにもなるので、大容量データを頻繁にダウンロードする方におすすめです。また、auひかりは独自回線かつIPv6接続に対応した光回線なので、通信速度の安定性も抜群ですよ。

ーdocomoユーザーなら「ドコモ光」

docomoユーザーの場合、「ドコモ光セット割」でdocomo端末の料金が毎月最大1,000円割引される「ドコモ光」がおすすめです。ドコモ光セット割はネットとdocomo端末を同時契約するだけで適用されるため、有料オプションへ加入する必要がありません。ただし、ドコモ光セット割の割引額はdocomo端末の契約プランによって異なりますので、詳細はドコモ公式サイトをご確認ください。

ドコモ光の料金は、以下のとおりです。

  ホームタイプ マンションタイプ
契約事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 5,200円 4,000円
契約期間 2年 2年
工事費 18,000円 (750円x24回) 15,000円 (625円x24回)
初期費用相当割引 -18,000円 (-750円x24回) -30,000円 (-625円x24回)
解約違約金 13,000円 8,000円

※価格はすべて税抜

ドコモ光はdocomoとセット割が組める唯一の光回線となっているため、docomoユーザーならドコモ光一択です!通信速度は最大1Gbpsとなっていますが、「IPv4 over IPv6機能」に対応しているため、どの時間帯でも比較的快適に通信ができますよ。

まとめ


SoftBank・au・docomoが提供するWiFiスポットでは、セキュリティに守られたWiFiを制限なく利用できます。どれだけ利用しても速度制限にかかることはないので、WiFiスポットサービスは手軽にキャリアWiFiを利用したい方におすすめですよ。

また、SoftBankやdocomoは、キャリア契約をしていない端末もWiFiスポットに接続できるプランを用意しています。外出先では別キャリアのWiFiを利用したいという方は、SoftBankなら「ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)」、docomoなら「docomo Wi-Fi月額プラン(月額1,500円)」または「docomo Wi-Fi for visitors」を申し込んでみましょう。