ノマド必見!フリーWi-Fiのあるカフェチェーン店をおさらい

2019年8月16日

ノマドの作業場といえば、フリーWi-Fiが使えるスタバやタリーズといったカフェは外せません。カフェでノマドたちが颯爽とパワーブックを開いて仕事をする様は、今や当たり前に見られる光景です。しかし、一口にカフェのフリーWi-Fiといっても、チェーン店ごとにサービス内容や接続方法も若干異なります。そこで今回は、上島珈琲、スタバ、ドトールといったフリーWi-Fiのあるカフェの紹介や使い方、利用時の注意点についておさらいしたいと思います。

 

各チェーン店のフリーWi-Fiを比較

 

まず、大手カフェチェーンで提供されているフリーWi-Fiの機能を比較してみましょう。

 

上島珈琲

上島珈琲のフリーWi-Fiは、1日無制限で利用できます。また、再接続は何度でも可能です。さらに、下り速度も20.8Mbpsと問題ない速さといえるでしょう。利用時にメールアドレスかFacebookやTwitterのアカウントが必要になりますので、事前に準備しておく必要があります。上島珈琲は、落ち着いたお店のイメージもあってか、パソコンを使って作業している人が比較的少ないため、ノマドにとっては穴場スポットといえるかもしれません。

 

タリーズコーヒー

タリーズのフリーWi-Fiも1日の利用制限がなく、何度でも接続し放題となっています。下り速度も24.4Mbpsということで、十分な通信速度です。接続時のアカウント登録も不要で、サクッとネットに接続できるため非常に快適といえるでしょう。お店によってはコンセントが設置されているところもあるので、ノマドにとってはまさに最強の環境といえます。しかし、それだけにノマド人口が多く混雑しているというデメリットもあります。

 

ベローチェ

ベローチェのフリーWi-Fiは、1回60分で1日6回まで利用できます。下り速度は13.9Mbpsと平均的な速度ですが、利用上はまったく問題ないでしょう。さらに、ベローチェのフリーWi-Fiにはセキュリティ対策が施されているため、安心して利用できるというメリットもあるのです。ベローチェは意外にパソコンで作業する人が少ないため、ノマド的には穴場スポットとなっています。

 

スターバックスコーヒー

スタバのフリーWi-Fiは、1回1時間で何度も接続可能です。下り速度は6.1Mbpsあるため、動画の視聴なども問題なく行えます。また、コンセントがある店舗も多いため、ノマド的に最強の環境が提供されているのがスタバです。しかし、ノマドの仕事現場というイメージがある故なのかフリーWi-Fi目当てのお客さんも多く、自分が利用したいときに利用できないことや、つながりにくいことが多い点がデメリットといえるでしょう。

 

カフェのフリーWi-Fiの使い方

カフェのフリーWi-Fiの使い方を、スタバと上島珈琲の事例で紹介します。

 

スタバのフリーWi-Fiの使い方

1:スマホの「設定」のWi-Fi画面で「at_STARBUCKS_Wi2」を選択しタップします。

 

2:「インターネットに接続」をタップすると、利用規約の画面に自動で遷移します。何も変化がない場合は、ブラウザを立ち上げたり、一度Wi-Fiをオフにしたりすれば回復するでしょう。

 

3:利用規約に「同意する」タップすれば接続完了です。次回からは、スマホ内にWi-Fiの接続記録が残るため自動でつながります。

 

上島珈琲のフリーWi-Fiの使い方

1:スマホの「設定」のWi-Fi画面で「+Free_UESHIMA_WiFi」を選択しタップします。

 

2:画面が自動で切り替わりブラウザが起動したら、「インターネットに接続」をタップしましょう。もし、画面が自動で切り替わらない場合には、ブラウザを起動して「https://www.ueshimacoffee-house-wifi.jp/」にアクセスすればOKです。

 

3:メールアドレスを入力して「送信」をタップします。

 

4:受信メール内に記載されたURLをタップしましょう。

 

5:完了画面が表示されれば接続完了です。

 

カフェでフリーWi-Fiを使う上での注意点

 

カフェでフリーWi-Fiを利用する際には、以下の点に気をつけましょう。

 

  • セキュリティ

カフェのフリーWi-Fiでは、セキュリティ対策が万全ではありません。(ただし、ベロ―チェを除く)そのため、カフェのフリーWi-Fiを利用する際には、個人情報などの入力は控えるようにしましょう。

 

  • 接続回数が決まっている

カフェのフリーWi-Fiには、1日の接続回数に制限がある場合が多いです。そのため、一定時間が経過すると再度認証を求められる場合もあり、一日中使い放題とはいかないことも多くなります。そのため、長時間作業をしたいという人は、あらかじめ接続時間や接続回数を確認しておくと安心でしょう。

 

  • フリーWi-Fi狙いの客で満席

スタバやタリーズといったフリーWi-Fi目当てのお客さんが多いカフェは常時満席で、いざ仕事をしようと思っても席が空いておらず、カフェを何軒も巡るジプシー状態になることもしばしばあります。そのため、フリーWi-Fi目的でカフェに行こうとしても、カフェ難民になるリスクがついてまわるわけです。

 

また、無事に席をキープできたとしても、

 

・コーヒー一杯で何時間も居座る

・混雑しても意に介さない

 

という行為はエチケットに反する場合もありますので、お店の人の顔や回りの空気を最低限読むことも必要になるでしょう。

 

フリーWi-Fiの活用でノマド生活を快適に

 

今回は、カフェで使えるフリーWi-Fiについて紹介しました。今回紹介した以外にも、ほとんどの大手カフェチェーン店でフリーWi-Fiが提供されていますので、ぜひ有効活用していただければ幸いです。ご自分にとって最高の仕事場(カフェ)が見つけられるとよいですね!