Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

子どもにスマホを持たせるか迷っているあなたへ!wifiの便利な活用術

2019年4月12日

スマホを子どもが持つメリット・デメリット

 

総務省は、小学生の約3割、中学生の約6割、高校生の約9割がスマホを持っているという調査結果を発表しています。今や、小学生でもスマホを持っているのは珍しいことではないのです。

 

・メリット①子ども同士でコミュニケーションをとる

大人同様、子どももLINEなどのメッセージアプリなどで友人とコミュニケーションをとります。スマホは、友達づくりのためのツールでもあるのです。

 

・メリット②家族ともコミュニケーションがとれる

スマホを持つことで、家族とのコミュニケーションも当然増えます。家族内でグループトークをするという仲良し家族も。

 

・メリット③GPSでいつでも居場所を把握できる

子どもの帰りが遅くなっても、居場所を知っているのとまったく知らないのとでは安心感が違います。設定次第で、どんな道順で帰宅しているのか知ることも可能です。

 

・デメリット①勉強時間が減る

ついスマホに夢中になると、大人でもそうですが、時間はあっという間に経過していきます。ゲームや動画、友人とのやり取りのために勉強時間が減ってしまうというのは危険信号です。

 

・デメリット②健康に悪い

まず、スマホばかり見ていることにより、目が悪くなるでしょう。また、夜遅くまでスマホをいじることによって、睡眠不足にも。視線が下を向いた状態が多くなるために、首や肩がこるといったケースも。

 

デメリット③有害サイトへの危険

望んでいなくても、ワンクリックで謎なページへ飛んでしまったり、アダルトサイトへ飛んでしまったりすることがあります。親に相談することもできず、事件発覚が遅れる場合も。

 

Wi-Fiの利用時間を制限しよう

 

子どもがスマホを持つことによるデメリットを防ぐためには、ネットへの接続時間を事前に決めておくなどの、「約束事」を取り付けましょう。ただ、子どものスマホにフィルタリングアプリなどの制限をかけていないようであれば、SIMカードでの通信は可能なので注意が必要です。今は、「こども安心ネットタイマー」が設定できるWi-Fiルーターの機種もあります。これは、端末ごとに曜日・時間帯を指定してスケジュール設定することが可能である、非常に便利な機能です。無料の専用アプリである「Aterm スマートリモコン」から簡単に設定することができますよ。

 

  • 「Aterm スマートリモコン」アプリをダウンロード
  • アプリを起動
  • 「こども安心ネットタイマー」を有効に設定

 

たったこれだけで、設定完了です。子どものスマホには使用時間に制限をかけて、大人の端末には時間制限をかけないようにできます。便利でおすすめです。例えば、高校生のお子さんがいるご家庭では、16時~18時まで。19時~21時までがWi-Fi接続可能時間。小学生のお子さんがいるご家庭では、15時~18時まで。19時~20時までがWi-Fi接続可能時間というように、設定することができるのです。18時~19時までは家族団らんとなる夜ご飯の時間であるため、制限時間を設けます。このように、各家庭によりさまざまな設定方法があります。

モバイルルーターに切り替えてみよう

自宅の光回線を解約したり、Wi-Fiの固定ルーターを撤去したりする方法も選択肢のひとつです。自分の仕事中、自宅で子どもたちがインターネットに自由に接続できる時間があるというのは、多少なりとも不安ではないでしょうか。有害サイトにアクセスすることのないようフィルタリング設定をしているとしても、確実とは言えません。また、ネット依存してしまうことにより、デメリット面でも紹介しましたが、自分が帰宅するまでゲームし放題、動画見放題という環境では、宿題や予習復習に時間を費やそうという方が無理な話というものです。

 

自宅でWi-Fiが利用できなければ、自分や夫が困るのでは?と思いますよね。そのとおり、自宅にいるのにネットが使えないとなれば、困るのは自分です。そのために、モバイルWi-Fiルーターという選択肢があるのです。モバイルルーターは、スマホと同じように持ち歩いて使用するもの。つまり、自分が出かける際に持ち歩くことによって、「お母さんがいないとネットを使うことができない」環境を作り出すのです。「やめなさい」「○時になったら寝なさい」「何時間スマホをいじっているの?」などと言っても、子どもはなかなか言うことを聞かないもの。怒るだけでは、子どもは反発するだけです。それならば、最初から自分がいるときだけネットが使用できるという環境を設定すればいいのです。

 

また、おすすめのアプリとして以下のようなものがあります。

 

・ノートンファミリー

子どものネット利用、位置情報を知って安全を守ることができる総合セキュリティアプリです。

 

・スマモリ

子どもの現在位置確認、フィルタリング、使用履歴チェックができる優良アプリです。

 

利用制限をすることにより、ネット犯罪から子どもを守ることができますが、位置情報が特定できたために実際の犯罪から身を守ることができたといった場合も。スマホは子どもには好ましくないと決めつけずに、しっかり話し合ってお互いの信頼関係を尊重しながら、上手に利用できるといいですね。