Amazonギフトコード10,000円分プレゼント

※当キャンペーンは、当サイトにて独自に行うものであり、ソフトバンク株式会社とは一切関係ありません。

Wifiの速度が遅くなる・繋がらない原因と改善方法をご紹介!

2019年4月15日

Wi-Fiが遅くなる原因は?

・通信環境

Wi-Fiが遅くなる原因として考えられる原因は大きく分けて3つあります。1つ目は通信環境によるもの。お昼や深夜など通信回線が込み合う時間帯や、人が多く集まっている場所でWi-Fiスポットを利用した場合十分な速度を得ることができない可能性があります。

過程で使っているWi-Fiでも、近隣でWi-Fiの使用者が多かったり、多くのWi-Fi機器が一度にWi-Fiに接続されたりしている場合も繋がりが遅くなってしまいます。一度に多くの接続がある場合は、Wi-Fiの速度が遅くなることを知っておきましょう。

 

混み合っているとは考えにくいのにWi-Fiの通信が遅くなる場合は、使用しているスマートフォンケースに原因があるかもしれません。スマートフォンケースの材質によっては、Wi-Fiの電波に干渉してしまうことがあるのです。特に混雑していないはずなのにWi-Fiの速度が出ないという場合は、一度スマートフォンケースを外してWi-Fiの速さに変化が出るかを確認してみましょう。

 

・機器の不具合

2つ目はルーターなどネットワーク機器の不具合が原因となるケースです。ルーター内の「ファームウェア」が古いバージョンである場合、通信速度に影響が出てしまう場合があるのです。また、ルーターを長時間高温にさらしたり、結露させてしまったりするとルーター自体が不調となり、Wi-Fiの通信ができなくなってしまうことも。

 

・受信する機器(パソコンやスマートフォンなど)の問題

3つ目は、パソコンやスマートフォンなどWi-Fiの電波を受信する側が原因となるものです。もちろん、危機の故障も考えられますが、それだけでなく受信機器が古いモデルのケースもWi-Fiの速度が遅くなってしまうのです。Wi-Fiルーターは早い通信規格の電波を飛ばしていても、それにスマートフォンなど受信機器が対応していない場合は十分な速度を得ることができないのです。

次からは、Wi-Fiの速度が出ない際どのように対処したらいいのかをご紹介します。

Wi-Fiが遅い時の対処法

・通信環境の対処法

Wi-Fiが遅くなる原因の1つ目、通信環境に問題がある場合の対処法から解説していきます。人が多く集まる場所やアクセスが増える時間帯で、通信が混雑していることが原因の場合はWi-Fiスポットを変えるか時間を変えてアクセスするのも方法の1つです。

すぐに速度を改善したい場合は、利用しているチャンネルを変えると速度を回復することがあります。Wi-Fiの電波はお互いに干渉しあってしまうため、同じチャンネルを利用している人が多いと通信速度が遅くなってしまいます。チャンネルの変更方法は使用している公式サイトなどで確認できるので、チェックしましょう。

また、Wi-Fiルーターの置き場所を変えることで速度が改善することがあります。Wi-Fiの電波は、Wi-Fiルーターと接続する末端の間に遮蔽物があったり、距離が遠くなってしまったりすることで速度が落ちてしまいます。Wi-Fiをよく使用する部屋にWi-Fiルーターを設置したり、できるだけ自宅の中心部にWi-Fiルーターを設置したりしましょう。そうすることで強い電波をより広い範囲に飛ばすことができ、速度の改善が見込まれます。

Wi-Fiルーターの近くに電子レンジや冷蔵庫、水槽などがあると電波を阻害してしまうため要注意。家具を動かすか、ルーターの設置場所を検討し直しましょう。

 

・機器の不具合対処法

次に、ルーターなどネットワーク機器に原因がある場合の対処法です。ルーターを高温な環境下に長時間置いたり、ホコリをかぶったままにしておいたりしていると、Wi-Fiルーターの排熱がうまくいかず熱暴走を起こし不調を起こしてしまいます。このため、ルーターを置く場所は直射日光の当たらない通気性の良い場所とし、定期的に掃除することも心がけましょう。

また、結露など水分にも弱いため水回りに設置することも控えるようにしましょう。特に故障をしている様子はないのにWi-Fiの速度が遅い場合は、ルーターの再起動を試してみましょう。これで改善するケースが多いようです。

それでもだめなら「ファームウェア」のバージョンアップをしましょう。ファームウェアが原因でWi-Fiの速度が遅くなっている場合は、更新することで速度が改善されると考えられるのです。

 

・受信する機器(パソコンやスマートフォンなど)の問題対処法

最後に、Wi-Fi電波を受信する側に問題がある場合です。この場合も、スマートフォンやパソコンなどを再起動することで解消されるケースが多いようです。パソコンなら、ネットワークのトラブルシューティングを試してみるのも良いでしょう。

また、現在はプリンターなど多くの危機がルーターに接続されています。このため、気が付かないうちにWi-Fiに多くの危機が接続されてしまい速度が遅くなっていることもあるのです。このようなことを防ぐためにも、使用しない機器の電源を落としておくのも快適な速度でWi-Fiを利用することに役立ちます。

 

原因がわからなければメーカーに問い合わせを

Wi-Fiの速度が遅くなる原因を把握し対処法を知っておけば、安定した通信環境を保つのに役立ちます。以上のことを試してもWi-Fiの速度が回復しない場合は、メーカーに問い合わせましょう。使用機器が古い場合は、新しい機器に買い替えることでWi-Fiの速度を上げることもできます。Wi-Fiの速度が遅いと感じた際の参考にしてみてください。