【ネット初心者用】どうやって使うのが正解?Wi-Fiの接続方法

2019年7月30日

Wi-Fiとは無線LANの規格の一種であり、Wi-Fiルーターによって飛ばされているネットワークのことです。

 

言葉は有名ですが、どのように使えばいいかいまだにわからない……という人も一定数います。そこで今回は、ネット初心者の方のための「Wi-Fiの接続方法」をご紹介します!

 

◼️Wi-Fiを接続するためには何が必要?

 

Wi-Fiを接続して利用するためには、「インターネット回線」と「Wi-Fiルーター」の2つが必要です。

 

回線業者が提供しているインターネット回線を自宅に引っ張りWi-Fiルーターとつなぎ、無線でネットワークを飛ばすことでデバイスを使うことが可能です。

 

現在、インターネット回線として使われている主流なものは2種類あります。「光回線」と「モバイルルーター」です。

 

光回線とは、「ソフトバンク光」や「フレッツ光」などといった光ファイバーを使ってデータを送信する通信回線のことを指しています。

 

通信速度が早く大人数で利用するのに適しています。ですが、値段が少し張ることと持ち運びができないことがデメリットです。

 

モバイルルーターは「ポケットWi-Fi」とも呼ばれる小型のルーターです。持ち運びができどこでも使える便利なところが魅力です。場所を問わず使用できるので、引っ越しをしても手続きが不要です。

 

モバイルルーターはそれ自体がルーターの役割を担っているため不要ですが、光回線を契約する場合は別途Wi-Fiルーターが必要です。

 

光回線を契約する際にプロバイダがルーターを用意してくれることがあるので、事前に用意するのではなく業者に一度尋ねてみましょう。

 

インターネット回線を使う際には、戸建の場合は自分の家に回線を引っ張ってくる工事が必要です。契約するときにあわせて工事の日程を調整するのが一般的です。契約時に工事費用も含まれていることがほとんどですが、しっかり確認しておくといいでしょう。

 

対してマンションやアパートは、建てる段階でインターネット開通工事を済ませていることが多いといわれています。そのため工事は不要で、利用したい旨を業者に伝えてWi-Fiルーターを購入・レンタルするだけで使うことが可能です。

 

住んでいる物件で使える回線がどこのものかはしっかり確認しましょう。

 

◼️Wi-Fiに接続する手順

それでは、ここからはWi-Fiに接続する手順を詳しくご紹介していきます。

 

▼Wi-FiルーターのSSIDとパスワードを確認する

 

まずは、Wi-Fiルーターにパスワードの記載があるか確認します。ルーターを使ううえでSSIDとパスワードは必須なので、はじめにチェックしておくようにしましょう。

 

▼デバイスのWi-Fiをオンにする

 

続いて、繋げたいデバイスのWi-Fiをオンにしましょう。

 

iPhoneの場合もAndroidの場合も、ホーム画面から「設定」→「Wi-Fi」の順にタップします。Macの場合は、デスクトップ画面から「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fiをオンにする」をクリックします。

 

以前にタップしていない限りWi-Fiがオフになっている状態なので、Wi-Fiをオンにしましょう。オンにすると自動的に近くにあるネットワークを検索してくれます。

 

▼Wi-FiルーターのSSIDを探して選択する

 

Wi-Fiをオンにすると、周辺に飛んでいるWi-Fiを検索して表示してくれます。

 

最初に、所持しているWi-Fiルーターに記載されているSSIDを確認しましたよね。たくさん表示されているWi-Fiの中からルーターのIDと同じ名前のWi-Fiを見つけて選択しましょう。

 

▼パスワードを入力する

 

フリーWi-Fiではなければ、Wi-Fiのネットワーク名の隣に鍵マークがついているはずです。

 

鍵マークがついているWi-Fiは、選択するとパスワードを要求してくる仕様なので、Wi-FiルーターにSSIDとセットで記載されていたパスワードを入力しましょう。

 

▼画面の最上部にWi-Fiマークが出現すれば成功

 

画面の上部にWi-Fiのマークが出現すれば接続成功です。

 

フリーWi-Fiの中には接続後に登録事項が必要なものもあります。「Wi-Fiは繋がっているのにインターネットに繋がらない」という場合は、登録する画面がないか探すことをおすすめします。

 

◼️お店のWi-Fiの使い方

 

お店で使えるWi-Fiの種類はいくつかあり、ざっくり分けると、パスワードがなく誰でも使えるもの、店舗を利用している人のみに制限しているパスワードつきのものの2種類です。

 

もちろん、鍵アイコンがついているパスワードが必要なタイプのWi-Fiの方が安全性は高いです。提供元が不明なWi-Fiは危険なので、絶対に使わないようにしましょう。

 

お店のWi-Fiを利用するときも、Wi-Fiを探すまでの手順は変わりません。

 

iPhoneの場合もAndroidの場合も、ホーム画面から「設定」→「Wi-Fi」の順にタップします。Macの場合は、デスクトップ画面から「システム環境設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fiをオンにする」をクリックします。

 

お店が提供しているWi-Fiには店舗の名前が入っていることがほとんどです。わかりやすい名前のものが多いので迷わないはずです。

 

選択してすぐに利用できるものもあれば、タップ後にメールアドレスなどの情報を入力する必要のあるものも、パスワードを要求されるものもあります。指示に従って利用しましょう。