5GとWi-Fi6ってどんな特徴があるの?

2019年9月3日

次世代の規格として注目されているのが、5GとWi-Fi6です。ではこれらにはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

また、どちらか一方を使えばいいのか、どちらも使った方がいいのか、詳しい使い分けもあまり分かりませんよね。

 

そこで今回は、5GとWi-Fi6が持つ特徴と、実用化された際にどのように使っていけばいいのかをご紹介します。

 

◼️5Gとは?

 

5Gは5th Generationの略で、第5世代移動通信システムのことを表しています。ワイヤレスネットワークの速度と容量をアップさせた最新技術であるといわれています。

 

1世代前が現在主流となっている4G(4th Generation)です。4Gと比べて5Gは、主に4つの点で優れているのです。

 

1つ目は先ほど少し触れた「通信速度の高速化」です。5Gは理論値最大速度が20Gbps(ギガビット毎秒)といわれてます。現状1番高速である4Gは理論値最大速度が1288Mbps(メガビット秒)なので、かなり高速化していることが分かります。

 

2つ目は「大容量化」です。通信速度の高速化に伴い、動画コンテンツの大容量化が進むと考えられています。その大量化にも耐えられる容量を5Gは有しています。大容量化で通信が混雑すると通信速度の低下や通信トラブルが起こってしまいますが、5Gは大容量化に対応しているので、トラブルを回避することが可能です。

 

5Gの実用化後は、ある1カ所に集まった人たちに対する動画コンテンツの配信が可能になるともいわれています。たとえば、スポーツスタジアムに集まった人たちにゴールシーンや名場面動画の配信が可能です。

 

また、通信容量の大きなバーチャルリアリティ(VR)コンテンツの配信も可能になると予想されています。

 

3つ目が「低遅延化」です。通信をする際にタイムラグを0にすることはむずかしいですが、5Gでは0.001秒程度の遅延まで短くすることを可能にしました。

 

もちろん4Gでも0.05秒以下の遅延と、日常生活を送るうえで支障が出るほどではありません。

 

しかし、今後実用化が予定されている自動運転車や遠隔手術の技術においては、ほんの少しの遅延が命取りになってしまいます。低遅延性を実現する5Gはこれらの技術において大きな役割を果たすことでしょう。

 

◼️Wi-Fi6とは?

 

Wi-Fi6とは、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応している第6世代のWi-Fi規格です。現在主流であるWi-Fi5と比べて性能がよりアップされているといわれています。

 

Wi-Fi6には4つの優れたポイントがあります。

 

1つ目は「通信速度の高速化」です。Wi-Fi6の理想値最大速度は9.6Gbps(ギガビット毎秒)で、Wi-Fi5の最大4倍の通信速度を実現するといわれています。

 

2つ目は「大容量化」です。ネットワーク容量が向上するので、動画コンテンツなどの送受信もよりスムーズになるでしょう。

 

3つ目は「省エネ化」です。Wi-Fi6はターゲットウェイクタイム(TWT)機能を利用することで、バッテリーの寿命を伸ばしてくれるといわれています。

 

4つ目は「同時接続台数の増加」です。1ストリームあたり8台と、Wi-Fi5の倍接続が可能になる予定です。

 

最近はスマートフォンやパソコンといったデバイスだけではなく、冷蔵庫の内容から献立を自動で考えてくれる冷蔵庫や遠隔で録画ができるテレビなど、ネットワークを利用したIoT家電が増えてきています。

 

Wi-Fi6は同時接続台数が増えるので、こういったIoT家電の接続にも対応できるといえます。

 

また、Wi-Fi6は企業の屋内ネットワークに最適といわれています。利用台数の密度が高いエリアに使用することで、スムーズな接続を実現してくれるでしょう。

 

◼️相互補完関係は変わらず続く見込み!5GとWi-Fi6を上手に使い分けるのがベスト

 

5GもWi-Fi6も、通信速度の高速化・ネットワーク容量の向上を実現しています。そのため、屋外での接続性がアップするといえるでしょう。

 

どちらか一方を使うといいのかと思いがちですが、やはりそれぞれに適した場面があります。そしてどちらも補完的な技術です。

 

これまでもWi-Fiは室内にて、4Gは屋外にてと使い分けてきた人が多いのではないでしょうか。5Gが実用化し普及しても、5G1本で……という使い方ではなく、今後もこれまで通りの関係性が続いていくと予想されています。

 

高速で走る新幹線や自動車の車内などは5Gを中心に、室内の企業のネットワークはWi-Fiになど、シチュエーションによって使い分ける利用法が主流となるでしょう。

 

◼️まとめ

 

5GとWi-Fi6は、共通した特徴とそれぞれが持つ特徴を併せ持っていることが分かりますよね。

 

2つを上手に活用することで、屋外でも室内でもよりスムーズでストレスフリーなネット接続が実現することでしょう!