ファーストフード店で使えるWi-Fi

2019年10月3日

最近は、ファーストフード店でもWi-Fi対応しているところが増えています。ファーストフード店には長居する方も多いと思いますので、Wi-Fiが使えるのはうれしいところでしょう。しかし、どのファーストフード店にWi-Fiがあって、どんなWi-Fiスポットが利用できるのか分からないかと思います。そこで今回は、ファーストフード店で使えるWi-Fiスポットを紹介します。

 

マクドナルドで使えるフリーWi-Fi

 

まずは、マクドナルドのWi-Fiです。無料で利用できますが1回60分の利用制限があるため、接続が切れた場合にはつなぎなおす必要があります。なお、回線速度は13.95Mbpsなので、動画などの視聴にも十分使えるレベルです。

 

マクドナルドのWi-Fi接続方法は、次の通りです。

 

1:Wi-FiをONにしてSSID「00_MCD-FREE-WIFI」を選択します。

2:Webブラウザでウィンドウを開きましょう。

3:利用規約に同意して会員登録を行い、ログインします。

4:接続完了

 

モスバーガーで使えるWi-Fi

 

モスバーガーでは、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」、およびNTT西日本が提供する「フレッツ・スポット」、KDDI株式会社の「au Wi-Fi SPOT」やソフトバンクモバイル株式会社の「ソフトバンクWi-Fiスポット」のほか、独自に提供する「MOS BURGER Free Wi-Fi」というWi-Fiが利用できます。利用できるWi-Fiは店舗によって異なりますので、注意が必要です。

ちなみに、MOS BURGER Free Wi-Fiの回線速度は2.83Mbpsで、利用制限はありません。

 

「MOS BURGER Free Wi-Fi」の使い方は以下の通りです。

 

1:Wi-FiをONにしてSSID「MOS_BURGER_Free_WiFi」を選択します。

2:メールアドレスを登録します。

3:モスバーガーのWi-Fiログイン画面に戻り、ログインして利用規約に同意しましょう。

4:接続完了

 

ロッテリアで使えるWi-Fi

 

ロッテリアは「LOTTERIA_Free_Wi-Fi」というフリーWi-Fiを提供しています。1回30分の接続で1日16回利用できるため、最大で8時間利用可能です。回線速度は10.02Mbpsとなっています。ただし、首都圏の店舗が中心に展開されているため、残念ながら地方のロッテリアでは利用できません。

 

「LOTTERIA_Free_Wi-Fi」のWi-Fi接続方法は次の通りです。

 

1:SSID「LOTTERIA_Free_Wi-Fi」を選択します。

2:「Wi-Fiネットワークにログイン」メッセージをタップ

3:「インターネットに接続する」をタップ

4:利用登録をタップして、メールアドレスを登録しましょう。

5:セキュリティ確認に同意します。

6:接続完了

 

フレッシュネスバーガーで使えるWi-Fi

 

フレッシュネスバーガーでは、「FRESHNESS FREE WiFi」というWi-Fiサービスが利用できます。利用時間は無制限、で回線速度は3.86Mbpsです。ただし、利用できる店舗が少なめなので、あらかじめHPなどで調べてから行った方がよいでしょう。

 

「FRESHNESS FREE WiFi」の接続方法は次の通りです。

 

1:SSID「Goyukkuri_FRESHNESS」、「Goyukkuri_FRESHNESS_g」、「FRESHNESS_Wi-Fi」、「 Tourists_FRESHNESS」(訪日外国人向け)のいずれかを選択します。

2.「接続先はインターネットに接続されていません」と表示されたら、ブラウザを起動しましょう。

3:「インターネットに接続」をタップします。

4:接続完了

 

ケンタッキーフライドチキンで使えるWi-Fi

 

ケンタッキーフライドチキンでは「KFC_FREE_Wi-Fi」という独自のWi-Fiサービスが利用できるほか、一部店舗において「docomo Wi-Fi」、「フレッツ・スポット」、「ホットスポット」、「ソフトバンクWi-Fiスポット」のいずれかのWi-Fiサービスが利用可能です。

 

「KFC FREE Wi-Fi」の接続方法は次の通りです。

 

1:SSID「KFC_FREE_Wi-Fi」を選択します。

2.ブラウザで「KFC_FREE_Wi-Fi」のページが表示されたら、仮登録をします。

3:認証メールを受信して、本登録を完了しましょう。

  1. 接続完了

 

なお、「Japan Connected-free Wi-Fi」というアプリを利用して、「KFC_FREE_Wi-Fi」に接続することもできます。

 

ミスタードーナツで使えるWi-Fi

 

ミスタードーナツでは店舗によって、「docomo Wi-Fi」、「au Wi-Fi SPOT」が利用できるほか、イオンモール内の店舗においては、イオンのWi-Fiが利用できる場合もあります。

 

参考までに、「docomo Wi-Fi」の接続方法は次の通りです。

 

1:SSID「0001docomo」に接続します。

2:自動的に接続完了

 

ただし、つながらない場合には、My Docomoからパスワードを入手してログインするようにしましょう。

 

サブウェイで使えるWi-Fi

 

サブウェイでは店舗によって、「docomo Wi-Fi」、「au Wi-Fi」、「ソフトバンクWi-Fiスポット」が使えるところがあります。

 

参考までに、iPhoneの「au Wi-Fi」接続方法は次の通りです。

 

1:アプリ「au Wi-Fi接続ツール」をインストールしましょう。

2:ログイン画面で「au ID」、「パスワード」を入力して、「ログイン」をタップします。

3:「プロファイルインストール」をタップ後、「許可」をタップします。

4:iPhoneの「設定」をタップし、「プロファイルがダウンロードされました」をタップしましょう。

5:「インストール」をタップします。

6:「パスコード」を入力して「インストール」をタップしましょう。

7:iPhoneホーム画面で「au Wi-Fi」アイコンをタップして接続します。

 

ファーストキッチンで使えるWi-Fi

 

ファーストキッチンでは店舗によって、「au Wi-Fi」、「ソフトバンクWi-Fiスポット」が使えるところがあります。

 

参考までに、「ソフトバンクWi-Fiスポット」のiPhoneでの接続方法は以下の通りです。

 

1:「ソフトバンクWi-Fiスポット」アプリをインストールします。

2:「”Wi-Fi”は通知を送信します。よろしいですか」で「OK」をタップしましょう。

3:利用規約に「同意する」を選択して、「設定する」をタップします。

4:「ログインID・パスワードの設定が完了しました」が表示されたら、iPhoneのホーム画面にある「設定」から「Wi-Fi」をONにして設定完了

 

Wi-Fiがあるファーストフードはもはや当たり前

 

今回紹介したように、今やファーストフード店でWi-Fiが使えるのは、当たり前となっています。そのため、逆にWi-Fi対応していない店舗では、Wi-Fi目当てで来たお客様を逃がしてしまう可能性もあるでしょう。まだ、未導入の店舗オーナーさんは、これを機会にWi-Fiの導入を検討してみてはいかがでしょう。