PS4のリモートプレイで外出先にiPhoneでプレイできる!

2019年11月18日

外出先からもPS4のゲームが楽しめるリモートプレイは、通勤や休憩時間といった隙間時間を有効活用してゲームがプレイできるため、忙しい社会人ゲーマーにとっては非常にうれしい機能です。しかも、これまでPS4のリモートプレイはPS Vitaやパソコン、Xperiaなど一部のAndroid端末でしか利用できなかったのですが、いよいよiPhoneでもプレイすることが可能になりました。そこで今回は、iPhoneユーザー向けにPS4のリモートプレイの説明と、iPhoneでのリモートプレイのやり方を紹介します。

 

PS4リモートプレイとは

 

まず、PS4リモートプレイがどのような機能なのか説明します。

 

PS4リモートプレイでできること

PS4リモートプレイとは、自宅にあるPS4の画面とサウンドをWi-Fi経由で別のデバイスに送り、ゲームがプレイできるという機能です。つまり、PS4を携帯して外出先でゲームをプレイできる機能といえるでしょう。PS4のほぼすべての操作を外出先でコントロールできるため、いつでもどこでもPS4が楽しめるというわけです。

 

もともとPS4リモートプレイは、PS Vitaやパソコン、Xperiaなど一部のAndroid端末向けにオープンにされていた機能だったのですが、いよいよ満を持してiPhone、iPadといったiOS端末でも利用できるようになりました。iOS用の専用アプリをダウンロードすることで、画面上のコントローラーを利用してゲームをプレイすることが可能です。また、マイクを使ったボイスチャットもすることができます。

 

iPhoneでPS4リモートプレイをする際に必要なもの

iPhoneでPS4をリモートプレイするためには、

 

・iOS 12.1以降をインストールしたiPhone、またはiPad

・iPhone、iPadに「PS4 Remote Play」アプリをインストール

・PS4本体に最新版システムソフトウェアをインストール

・PlayStation Network(PSN)のアカウント

・(できれば)Wi-Fiなど高速、かつ大容量転送可能なネットワーク回線

 

を準備する必要があります。

 

また、「スマホの画面ではコントロールがしづらい……」という方は、ワイヤレスコントローラー(DEUALSHOCK 4)を使うことも可能です。やり方としては、まずPS4上でサブアカウントを作成して、ワイヤレスコントローラーを接続します。次に、ワイヤレスコントローラーをメインアカウントに切り替えれば、プレイすることが可能です。

 

iPhone・iPadの対応端末

PS4リモートプレイ専用アプリ「PS4 Remote Play」の利用条件は、iOS12.1以降のiPhone、iPad、iPod Touchに対応しています。しかし、ソニー公式サイトでは、iPhone7以降、第6世代以降のiPad、第2世代以降のiPad Proが推奨となっています。恐らく、ハードスペックや画面の大きさによってはゲームを快適にプレイできない可能性もあるため、このような対応状況になっているのでしょう。

 

PS4リモートプレイのやり方

 

では、iPhoneでPS4リモートプレイを利用するやり方を紹介します。

 

PS4リモートプレイの利用手順

・iPhoneに「PS4 Remote Play」アプリをインストールします。

・PS4を起動して、PSNアカウントにサインインしましょう。サインインできたら「設定」から「リモートプレイ接続設定」を選択します。

・「リモートプレイを有効にする」を選択し、チェックマークを入れます。

・「PS4 Remote Play」アプリを起動して「はじめる」をタップしましょう。すると、iPhoneとPS4が接続を開始します。

・アプリでPSNアカウントのサインインを行います。このとき、リモートプレイしたいPS4でサインインしているPSNアカウントを使ってサインインするようにしましょう。

・PSNアカウントにサインインできると、PS4の検索がスタートします。PS4が見つかれば、数分後にはリモート接続が完了するでしょう。

・PS4側の画面がiPhone上に表示されますので、PS4を操作する感覚で画面をタップして操作することが可能です。

 

携帯回線でも遊べるのか?

4Gなどの携帯回線でも、PS4リモートプレイを遊ぶことはできます。ただし、データ量が多いため、ギガが足りなくなる可能性があるため注意が必要です。その際、解像度を低くしておけば、データ容量を減らしiPhoneでのプレイ環境を改善することができます。PS4リモートプレイにある「環境設定」から「解像度」や「フレームレート」を変更することが可能なので、初期設定である標準(540p)を低(360p)に設定しておくとよいでしょう。iPhoneの4G回線でも標準(540p)でプレイすることは可能ですが、データ容量のことを考えると、やはり低(360p)まで解像度を落としておくのがおすすめです。

 

PS4をiPhoneで遊べる幸せ

 

今回は、iPhoneユーザー向けにPS4のリモートプレイの説明と、iPhoneでのリモートプレイのやり方について紹介しました。PS4のゲームはどれもクオリティが高く、やりがいのあるタイトルが多いのですが、「自宅でTVの前に鎮座して……」という手間があるため、これまで忙しい社会人には若干ハードルが高いと言わざるを得ない部分があったと思います。しかし、PS4リモートプレイを活用すれば、外出先でiPhoneを使ってPS4のゲームがプレイできますので、隙間時間に気軽に本格的なゲームを楽しむことができるのです。ゲーマーにとって、PS4リモートプレイはまさに神機能としか言いようがありません。iPhoneユーザーの方は、ぜひ試してみてください。