今さら聞けないスマートウォッチって何?

2019年12月8日

Apple Watchの登場以降、日本でもすっかり普及がすすんだ感のあるスマートウォッチ。とはいえ、まだ持っていない方にとっては、「スマートウォッチって何?」、「スマートウォッチって何ができるの?」といった疑問もあることでしょう。そこで今回は、これから購入を考えている方に向け、スマートウォッチの概要や選択するポイント、おすすめ機種などを紹介します。

 

スマートウォッチの特徴

 

まず、スマートウォッチがどのようなものなのか説明します。

 

スマートウォッチとは

「スマートウォッチ」とは、時計本体にCPUが内蔵された、腕時計のように身に付けられるウェアラブル端末の一種で、腕時計のデザインになっているものをさします。スマートウォッチというと、画面がタッチパネルになっているものを連想される方が多いのですが、中にはアナログ文字盤のようなデザインのものもあり、その種類も多種多様です。また、スマートウォッチは通常の時計として利用できるのはもちろん、スマホと連動することでさまざまなアプリの機能を利用することができます。また、電子マネーのチップを内蔵しているタイプの機種であれば、決済手段として利用することも可能です。

 

スマートウォッチでできること

スマートウォッチはスマホと連携することで、電話やメール、メッセージ送信、アプリ通知の確認といった一連の機能を、スマホを取り出すことなく利用することが可能です。また、活動量計としての利用目的で購入する方も多く、歩数や距離、消費カロリーといった運動データの計測や、心拍数や睡眠の記録といった健康管理ができる点も大きな特徴になっています。さらに、音楽プレーヤーとしての機能や、手首をかざすことで決済可能な「電子マネー」(Suica、Apple Payなど)として利用できる機種も多いです。

 

スマートウォッチを選ぶ際のポイント

 

自分に合ったスマートウォッチを選ぶための、ポイントについて説明します。

 

対応OS

スマートウォッチはスマホと連携して使用するケースが多いため、対応OSをご自分のスマホと同じものにしておくのが重要なポイントです。Apple Watchは「Watch OS」というOSを搭載しているのですが、これはiPhoneと連動するためにAppleが独自に開発したウェアラブル用のOSになります。したがって、Apple Watch使用するためにはiPhoneが必須です。

 

いっぽう、Googleが開発したAndroidと互換性があるOSである「Wear OS by Google」と、サムスンの「Tizen」というOSがありますが、スマホのOSは「Android」、「iOS」のどちらでもOKになっています。ただし、「Tizen」に関しては、OSによっては一部使用できる機能が限定されますので注意が必要です。

 

自分の目的や用途

スマートウォッチを選ぶ際には、自分がどんな目的で使用したいかという点も重要なポイントになってきます。たとえば、毎日の生活をキャッシュレスで便利に過ごしたいという方であれば、電子決済やSuicaといった機能を搭載した機種を選ぶようにしましょう。また、スマートウォッチを健康管理や運動目的で利用される方は、心拍系や血圧、歩数を計測してくれる機能がついた機種を選ぶ必要があります。特に、普段からランニングなどをされる方であれば、加速度センサーや消費カロリーを表示できるものがおすすめです。

 

好みのデザイン

スマートウォッチは、腕時計のように常時身に付けるものであるため、デザインが自分好みであるかという点も大切でしょう。デザインの種類もさまざまあり、Apple Watchなどのように「いかにもスマートウォッチ」といった先進的なデザインのものもあれば、アナログ時計のようなデザインのものまでさまざまな種類があります。

 

おすすめスマートウォッチ3選

 

では、スマートウォッチの購入を検討されている方に向け、おすすめスマートウォッチを紹介しておきます。

 

Apple「Apple Watch Series 5 GPS」

まず、第5世代のApple Watchである、「Apple Watch Series 5 GPS」は外せないでしょう。常に時計やスケジュールを確認できますので、画面をタップしたり腕を動かしたりする必要もありません。また、GPS機能や心拍数の計測機能、デジタルコンパス機能を搭載しているので、運動をされる方にもおすすです。さらに、文字盤のデザインも自由にカスタマイズできますので、どんなファッションにもマッチします。

 

SAMSUNG「Galaxy Watch」SM-R800NZSAXJP

SAMSUNG「Galaxy Watch」SM-R800NZSAXJPは、シャープなデザインが印象的なスマートウォッチです。全面有機ELディスプレイを文字盤に採用し、ベゼルを回すことで電話やアラームといった機能を簡単に切り替えることができます。音楽データも4GBまで保存可能なので、スマホなしでも通勤や運動時に音楽を楽しむことが可能です。バッテリーの寿命も長く、通常であれば3日前後、省電力モードの場合には5日程度使用できるのもうれしいところでしょう。

 

Fitbit「Versa Peach」FB505RGPK-CJK

ピンクのデザインがひと際目を引くFitbit「Versa Peach」FB505RGPK-CJKは、女性におすすめのスマートウォッチです。健康状態をチェックできるアプリを利用することで、日々の体調記録や予測を行ってくれます。また、睡眠や消費カロリーの記録だけでなく、ランニングなど運動データもリアルタイムに記録してくれますので、定期的にワークアウトの内容をチェックすることも可能です。さらに、水深50mの耐水仕様になっているため、プールでハードなエクササイズをされる方にもおすすめです。

 

ガジェット好きでない方にもおすすめ

 

今回は、これから購入を考えている方に向け、スマートウォッチの概要や選択するポイント、おすすめ機種などを紹介しました。以前は、一部のガジェット好きのためのアイテムという印象が強かったスマートウォッチですが、今や老若男女問わず広い世代の方に利用されるようになってきた印象です。ご自分のライフスタイルやファッションに合ったスマートウォッチをみつけて、毎日の生活をより便利なものにしてもらえれば幸いです。