機種変更後に残ったスマホはWi-Fiで活用しよう

2020年1月8日

iPhoneやAndroidといったスマホを機種変更する際に、古い端末を下取りに出す方が多いと思います。最近のスマホはパソコンよりも高額なものもたくさんありますので、少しでも安くしたいと思うのは当然でしょう。しかし、Wi-Fi環境さえあれば、不要になったスマホでも、実はかなりのことができるのをご存知でしょうか。ゲームや動画閲覧はもちろん、LINEやSNSも問題なくできますので、意外に重宝されている方が多いです。そこで今回は、機種変更後に残ったスマホの活用方法を紹介します。

 

機種変更後に残ったスマホを使う方法

 

機種変更後に残ったスマホを使う場合には、ネット環境が必要になります。

 

Wi-Fi環境が必須

機種変更後のスマホはSIMが抜かれているため、通信を行うためにはインターネット環境が必要になります。そのため、自宅にWi-Fi環境があることが必須です。また、インターネット環境はあるがWi-Fiルーターはないという方は、プロバイダーに問い合わせてWi-Fiルーターを手配する必要があります。Wi-Fi環境があれば、電話以外の機能に関しては、ほぼそのまま利用することができるでしょう。

 

利用者が変わる場合は初期化が必要

古い端末の利用者が新しいスマホの利用者と異なる場合には、端末を初期化しておいた方がよいでしょう。ただし、iPhoneを初期化する場合には、作業の途中でSIMが必要になります。そのため、新しいiPhoneのSIMを差すか、別のSIMを準備しなくてはなりません。なお、アクティベートの作業さえ終われば、SIMは抜いてもOKです。

 

また、「Apple ID」や「Googleアカウント」も別のものを発行しておいた方がよいでしょう。iPhoneであれば「ファミリー共有」機能で、購入したアプリや音楽を共用することも可能になります。また、このときGmailのアドレスをApple IDにしておくと、将来android端末を利用する際や、Googleのサービスを使う際に便利なためおすすめです。このとき、2段階認証しておくことも忘れないようにしましょう。

 

一通りの端末のセットアップが完了したら、最後にWi-Fi接続の設定を行います。接続が完了すれば、アプリストアから好きなアプリをダウンロードして利用することができます。

 

機種変更後に残ったスマホの活用事例

 

では、機種変更後に残ったスマホの、具体的な活用事例を紹介します。

 

ガラケー使用者に渡す

スマホではなく、今でもガラケーを利用されている方は、シニアの方を中心に意外とたくさんいらっしゃいます。前述した通り、Wi-Fi環境さえあれば、電話以外のほとんどの機能が利用できますので、電話はガラケーで、それ以外はスマホを利用するといった使い方も可能です。自宅はもちろん、スマホを持っている方と一緒にいるときであればテザリングで利用することもできますので、スマホのほとんどの機能が利用できるでしょう。ガラケーの利用料金は非常に安いので、この方法であればエコノミーにスマホを持っているような感覚になれると思います。また、スマホに機種変更するのをためらっているシニアの方に、お試しで渡してみるというのもよいでしょう。

 

LINEやSNS専用端末として利用

LINEは電話番号が必要になるため、SIMなしのスマホでは原則利用できません。しかし、ガラケーを持っている方であれば、その電話番号を利用することでLINEの認証が可能です。この方法を使うことで、通常のLINEでのやりとりだけでなくLINE電話の利用も可能になります。いっぽう、InstagramやFacebookといったSNSも問題なく利用できます。電話番号の認証が必要な場合も、LINEと同様の方法で問題ありません。

 

カメラとして利用

最近のスマホは、以前に比べカメラ機能が非常に進化しています。そのため、デジカメなどの代わりに「カメラ」として利用するのもひとつの方法です。また、写真だけでなく動画の撮影もできますので、デジタルビデオカメラとして利用することもできるでしょう。

 

エンタメ専用端末として利用

Wi-Fi環境下であれば、ゲームや「YouTube」などの動画サービス、「Apple Music」、「Spotify」といった音楽サービスも問題なく利用できます。Bluetoothスピーカーなどと接続することもできますので、迫力のあるサウンドを楽しむこともできるでしょう。このように機種変更後に残ったスマホを、エンタメ専用端末として利用するというのもよいと思います。お子さまがいるご家庭であれば、子ども用の知育アプリ専用の端末にするというのもよいかもしれませんね。

 

離れた家族と写真・動画を共有

「Google フォト」などの写真や動画を共有するサービスを利用すれば、遠く離れた家族や親戚、知人などと簡単にデータのやりとりができます。たとえば、田舎に住む両親に孫の写真や動画を送ってあげれば、フォトフレームのような使い方もできますので、非常に喜ばれることでしょう。

 

下取りに出すなんてもったいない

今回は、機種変更後に残ったスマホの活用方法を紹介しました。記事内でも紹介した通り、ほぼ通常のスマホと同じように利用することが可能です。特に、2年程度の早いサイクルでスマホを機種変更する方の場合には、かなりハイスペックな端末が残る可能性が高いため、便利に利用できることでしょう。機種変更後のスマホは有効活用できますので、下取りに出す前に使えるシーンがないか検討してから判断するのが賢明です。