スマホが外出時の弱いオープンWi-Fiを拾わない方法

2020年1月10日

街中を歩いていると、スマホが電波の弱いオープンWi-Fiに勝手に接続することがよくあると思います。もちろん、使えるWi-Fiなら問題ないのですが、「あれ、ネットがつながらない……」という状況になるケースの方が多いのではないでしょうか。複数のカフェやコンビニのオープンWi-Fiに接続したことがある方は、しょっちゅうこの状態になるため、非常に煩わしいと思います。そこで今回は、弱いオープンWi-Fiを回避する方法と、電波が弱いとき、自動でモバイル回線に切り替える方法などを紹介しますので、普段「外出時の弱いWi-Fiがうざい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スマホを弱いWi-Fiに接続しなくする方法

 

外出時に弱いオープンWi-Fiに勝手につながらないようにする方法を、iPhoneとandroid、それぞれのケースで紹介したいと思います。

 

iPhoneの場合

iOS11以降のiPhoneでは、Wi-Fiごとに自動接続の設定が可能になりました。したがって、この機能を使って弱いオープンWi-Fiへの自動接続をオフにしておくことで、外出時に勝手に接続するのを避けることができます。

 

なお、自動接続をオフにする設定方法は、以下の通りです。

 

1:「設定」画面の「Wi-Fi」をタップします。

2:Wi-Fi画面が表示されたら、接続中のWi-Fi名の右にある「i」というアイコンをタップしましょう。

3:Wi-Fiの詳細が表示されたら、「自動接続」をタップして「オフ」に設定すれば完了です。

 

次回からはこのWi-Fiに自動接続しなくなるため、手動で接続する必要があります。

 

androidの場合

androidにもiPhoneと同様の機能があるのですが、メーカーごとに若干方法が異なります。

 

・Nexus

1:アプリ一覧を表示して、「設定」をタップします。

2:「Wi-Fi」をタップしましょう。

3:右上にあるボタンをタップして、「保存済みネットワーク」をタップします。

4:自動接続させたくないWi-Fiを選択し、「削除」をタップすれば設定完了です。

 

・Xperia

1:「設定」画面の「ネットワークとインターネット」をタップしましょう。

2:Wi-Fi一覧の下にある「保存済みネットワーク」をタップします。

3:自動接続させたくないWi-Fiを選択して、「削除」をタップすれば設定完了です。

 

・Galaxy

1:「設定」画面の「接続」をタップしましょう。

2:「Wi-Fi」をタップして、右上のボタンをタップします。

3:「詳細設定」の下にある「ネットワークを管理」をタップしましょう。

4:自動接続させたくないWi-Fiを選択して、「削除」をタップすれば設定完了です。

 

・HUAWEI

1:「設定」画面で、「Wi-Fi」をタップします。

2:「Wi-Fiアクセスポイント」の下にある「メニュー」をタップして、ダイアログの「保存済みネットワーク」をタップしましょう。(ただし、Wi-Fiに接続している必要があります)

3: 自動接続させたくないWi-Fiを選択して、「削除」をタップすれば設定完了です。

 

Wi-Fiが弱いときの対処法

 

外出時に弱いオープンWi-Fiに接続してしまうと、大抵ネットがうまく使えなくなります。そんなとき、自動ですぐに4GやLTEといった「モバイルデータ通信」に切り替わってくれると便利だと思いませんか。iPhoneとandroidには、Wi-Fiが弱くなった際、自動でモバイルデータ通信に切り替える機能がありますので、それぞれのやり方を紹介します。

 

iPhoneの場合

iOS 9 以降のiPhoneには「Wi-Fiアシスト」という機能が実装されており、Wi-Fiの接続状況が悪くなると、自動的にモバイルデータ通信に切り替えることが可能です。 Wi-Fiアシスト機能を使うことで、Wi-Fiの電波が弱い場合でも継続的にインターネットに接続することができます。なお、Wi-Fiアシストはデフォルトでオンになっているため、iPhoneユーザーの方は気が付かないケースも多いでしょう。しかし、動画など通信量が多くなるアプリを利用している際にWi-Fiアシストを使ってしまうと、モバイルデータ通信の容量が増えてしまうため注意が必要です。

 

なお、Wi-Fiアシストをオフにする方法は、次の通りです。

 

1:「設定」画面の「モバイル通信」をタップします。

2:画面を下にスクロールさせると、「Wi-Fiアシスト」が表示されますので、スライダをタップしてオフにすれば設定完了です。

 

Androidの場合

Androidでモバイルデータ通信を自動的にオンにする場合には、「開発者向けオプション」を使って設定する必要があります。したがって、開発者向けオプションがまだ表示されてない場合は「オン」にしましょう。「設定」画面の「端末情報」で、「ビルド番号」をタップすればオンになります。

 

自動でモバイルデータ通信をオンにする方法は、次の通りです。

 

1:「設定」画面の「開発者向けオプション」をタップします。

2:「ネットワーク」の「Wi-Fiを強制的にモバイル接続に切り替える」のスライダをタップしオンにすれば設定完了です。

 

なお、機種によっては、「Wi-Fiハンドオーバー」と表示されているケースもありますので注意しましょう。

 

弱いオープンWi-Fiのストレスから解放

 

今回は、弱いオープンWi-Fiを回避する方法と、電波が弱い際、自動でモバイル回線に切り替える方法などを紹介しました。Wi-Fiの自動接続設定とモバイル回線への自動切り替えを、バランスよく使うことで、弱いオープンWi-Fiのストレスから解放されることでしょう。設定方法を知らなかった方は、すぐに設定してみてください。