どうせならお得にWi-Fiが使いたい!/格安Wi-Fi10選を紹介

2020年2月16日

スマホやタブレット、パソコンなどで思いっきりインターネットを楽しみたいなら、やはりWi-Fiは必須です。しかし、Wi-Fiを設置するには費用がかかるからとなかなか手を出せずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、Wi-Fiの導入を検討されている方に、安いWi-Fiを選ぶポイントとおすすめのポケットWi-Fi、据え置きWi-Fi、そして海外に行く方のために海外用ポケットWi-Fiを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

安いWi-Fiを選ぶポイント

安いWi-Fiを選ぶコツは、月額料金だけでなく、以下のポイントを意識するようにしましょう。

 

セット割があるか確認

Wi-Fiを提供している会社と同じサービスを使っている場合は、両方を同時に使うことでセット割が受けられる場合があります。Wi-Fiを提供している会社は、ユーザーにできるだけ長期間利用してもらうために、さまざまな割引施策を打っているものです。

 

以下、セット割の一例になります。

 

・ソフトバンク光:ケータイ・スマホの料金を2年間最大で2,000円/月割引

・ドコモ光 :ケータイ・スマホの料金を最大で3,500円/月割引

・auひかり:ケータイ・スマホの料金を2年間最大で2,000円/月割引

 

このように、すでにケータイやスマホといったサービスを使っている方は、同じ会社のWi-Fiを使うことでセット割が受けられる可能性がありますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

キャッシュバックが受けられることも

会社によっては、Wi-Fiを新規契約したり、他社から乗り換えたりした場合に、数万円のキャッシュバックや豪華な特典(商品券、ゲーム機など)がもらえるキャンペーンを行っている場合があります。したがって、各社が実施しているキャンペーン内容についても、きちんと把握しておくようにしましょう。中には、非常にお得な特典が受けられるものもあります。

 

光回線の場合は工事費が発生

自宅に据え置きのWi-Fiを設置する場合には、光回線を家の中に引くために光回線の工事が必要になります。そのため、平均2万~4万円程度の工事費が別途発生しますので注意が必要です。ただし、一括払いではなく、毎月の使用料と合わせて2年~3年の分割払いになっているケースが多くなっています。なお、工事費は一軒家とマンションやアパートなどの集合住宅で異なる場合がありますので注意しましょう。会社によっては、工事費が無料になったり、割引になったりするキャンペーンを行っていることもありますので、そういったタイミングを狙ってみるのもおすすめです。

 

値段が安いポケットWi-Fi

「ポケットWi-Fi」はケータイ型のWi-Fiルータのようなもので、これ一つあれば、いつでもどこでも簡単にWi-Fiを利用することができます。持ち運びが可能なため、外出時にスマホやパソコンでWi-Fiを利用できて非常に便利です。ここではポケットWi-Fiを提供しているおすすめの会社を4社紹介します。

 

ソフトバンク

ソフトバンクは自社回線を使ったポケットWi-Fiを提供しています。なお、ソフトバンクのポケットWi-Fiの利用料金は、次の通りです。

 

・月額料金:3,696円

・データ容量制限:月7GB(3日で3GB)

<3年契約の場合>

 

新規契約であれば、必要な費用は上記料金のみとなっていますので、格安といえるでしょう。

ポケットWi-Fiの端末は、現在(この記事が書かれたのは2020年3月)

 

・Pocket WiFi 601HW

・Pocket WiFi 501HW

 

の2台です。端末代金に関しては、3年契約であれば以下の内訳で無料になります。

 

(端末代金:1,180円×36ヵ月) – (月割:1,180円×36ヵ月)= 0円

 

Y!mobile

Y!mobileもソフトバンク回線を利用したポケットWi-Fiのサービスを提供しています。なお、Y!mobileのポケットWi-Fiの利用料金は、以下の通りです。

 

・月額料金(データ容量制限):3,696円(7GB)、4,380円(無制限)

 

データ容量制限のあるプランの場合、月のデータ通信量が7GBを超えると、低速モードになるため注意が必要です。通常の速度に戻したい場合は、500円(500MB)の追加費用が発生します。さらに、混雑を回避するといった理由により、3日間で10GBしか利用できないという制限もあるため注意しましょう。

 

また、現在Y!mobileで選べるポケットWi-Fiの端末は、以下の通りです。

 

・Pocket WiFi 803ZT

・Pocket WiFi 801HW

・Pocket WiFi 603HW

 

ドコモ

ケータイ会社の最大手であるドコモも、安心、安定のドコモ回線を使ったポケットWi-Fiを提供しています。広範囲な通信エリアと、安定した高速通信が可能な点が特徴です。ドコモが提供するポケットWi-Fiの利用料金は、以下のようになっています。

 

・月額料金(データ容量制限):6,980円(30GB)、5,980円(7GB)

 

なお、どちらのプランも月のデータ容量を超えると、低速モードに入ります。また、ドコモのスマホを契約中の方であれば、ポケットWi-Fiと同時契約して「データプラス(月額1,000円)」というプランを利用すれば、スマホとポケットWi-Fiのデータ容量をお互いにシェアすることも可能です。

 

現在ドコモで選べるポケットWi-Fiの端末は、以下の通りです。

 

・Wi-Fi STATION SH-05L

・Wi-Fi STATION HW-01L

 

au・UQ WiMAX

auもポケットWi-Fiのサービスを提供しているのですが、同じ回線を使ってUQ WiMAXでもポケットWi-Fiのサービスを提供しています。両者のサービス内容は基本的に同じです。なお、auとUQ WiMAXの月額料金は、以下のようになっています。

 

・月額料金:3,969円(7GB)、4,380円(無制限)

 

ただし、UQ WiMAXに関しては、プロバイダを活用して購入することで、さらにお得になるケースもあります。

 

なお、参考までに現在auで選べるポケットWi-Fiの端末は、以下の通りです。

 

・Speed Wi-Fi NEXT WX05

・Speed Wi-Fi NEXT W06

・Speed Wi-Fi NEXT W05

・Speed Wi-Fi NEXT W04

・Speed Wi-Fi NEXT W03

・Speed Wi-Fi NEXT W01

・Wi-Fi WALKER HWD15

・Wi-Fi WALKER HWD14

 

値段が安い据え置きWi-Fi

自宅でネット検索や動画閲覧、オンラインゲームをガッツリ楽しみたい方には、やはり光回線を使った据え置きWi-Fiがおすすめです。そのため、光回線を提供している会社とインターネット・サービスを提供するプロバイダの2つと契約する必要があります。今回は、光回線を提供する4社を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

ソフトバンク光

・戸建ての月額料金:5,200円

・マンションの月額料金:3,800円

・工事費:実質無料

・セット割:最大1,000円割引(ケータイ、スマホがソフトバンクまたは、ワイモバイルのであることが条件)

 

なお、これ以外にも各種キャンペーンを行っている場合があり、さらにお得になる可能性もあります。

 

ソフトバンク光は、いわゆる「光コラボ」と呼ばれる光回線のサービスで、NTTが提供するフレッツ光を利用したサービスで、通信速度は最大1Gbpsと高速な点が特徴です。ただし、ソフトバンクのスマホを使っていればセット割が受けられますので、フレッツ光で契約するよりもさらにお得になります。

 

いっぽう、ソフトバンク光は光コラボのサービスのため、プロバイダがセットになっている関係上、「Yahoo! BB」しか選べません。この点は、サービスの選択ポイントの一つになってくるでしょう。

 

なお、ソフトバンクのセット割サービスである「おうち割 光セット」では、前述した通りケータイ・スマホを同時契約することで最大1,000円の割引が受けられるのですが、最大10台まで適応されますので、家族全員でソフトバンクを利用している方(4人家族なら4,000円の割引!)は非常にリーズナブルにWi-Fiを利用することが可能です。ただし、「おうち割 光セット」に加入する場合には、以下のオプションに加入する必要があります。

 

・光BBユニット

・Wi-Fiマルチパック

・ホワイト光電話またはBBフォン

 

3つのオプションは合計で500円の費用がかかりますが、家族全員に割引が適応されれば、まったく問題ないレベルといえるでしょう。

 

フレッツ光

フレッツ光はNTTの光回線を使った、NTT東日本やNTT西日本が提供するWi-Fiサービスです。なお、フレッツ光で契約できるのは光回線のみとなりますので、別途プロバイダと契約する必要があります。

 

フレッツ光の月額料金は、東日本と西日本、また戸建てかマンションやアパートなどの集合住宅かによって異なりますので、どのタイプになるのか確認しておきましょう。

 

フレッツ光の料金は、以下の通りです。

 

フレッツ光(東日本)

・月額基本料金(戸建て):5,700円+プロバイダ料金

・月額基本料金(集合住宅):3,850円~+プロバイダ料金

 

フレッツ光(西日本)

・月額基本料金(戸建て):5,400円+プロバイダ料金

・月額基本料金(集合住宅):3,700円~+プロバイダ料金

 

工事費

・戸建住宅:18,000円

・マンション:15,000円

 

auひかり

KDDIが提供するauひかりは、KDDIの独自回線を使っているため、高速かつ安定した接続が特徴のWi-Fiサービスになっています。auのスマホを使っている方であれば、「auスマートバリュー」というセット割の対象になるのもうれしいところです。また、auひかりは利用者が少ないこともあり、夜や休日といったトラフィックが集中する時間帯でも比較的安定した通信が可能なため、いつでもストレスなくWi-Fiが利用できます。なお、auひかりは8社のプロバイダとセット契約することが可能です。

 

au光の月額料金は、以下のようになっています。

 

・月額基本料金(戸建て):4,900~5,100円

・月額基本料金(集合住宅):3,800円

・初期工事費実質無料

・他社解約違約金負担

・auスマートバリューの適用

 

ドコモ光

ドコモ光は、前述したフレッツ光の回線とプロバイダへの支払いがワンセットになった光コラボのWi-Fiサービスです。ただし、選択可能なプロバイダは24種類(BIGLOBE、ぷららなど)もありますので、自由度はかなり高くなっています。なお、フレッツ光の回線は利用者が多く、夜間や休日などは繋がりにくい状況になる場合があるので注意が必要です。その場合、IPv6を使った「v6プラス」を契約することで通信速度を改善することができます。

 

ドコモ光の利用料金は以下の通りです

 

・月額基本料金(戸建て):タイプA:5,200円(税抜)、タイプB:5,400円(税抜)

・月額基本料金(集合住宅):タイプA:4,000円(税抜)、タイプB:4,200円(税抜)

・割引(ドコモのスマホと併用する場合)

└スマホセット割:最大1,000円割引(新プランの場合)、主回線にのみ100~3,500円割引(旧プランの場合)、dポイント最大10,000円付与

・工事費:通常15,000~18,000円(無料キャンペーンの実施もあり)

・他社から乗り換え時の違約金

 

海外で使うおすすめWi-Fi

海外旅行や出張に行く際、スマホはライフラインといえます。そのため、海外でも使えるポケットWi-Fiも必需品です。ここでは、海外で使うおすすめWi-Fiとして、「グローバルWiFi」と「イモトのWiFi」を紹介します。

 

グローバルWiFi

グローバルWiFiは世界30社以上の通信会社と提携している、業界最多の対応エリアを誇る全世界型のポケットWi-Fiサービスです。グローバルWiFiの料金は使用する国によって細かく分けられていますが、アメリカやヨーロッパといった主要国においては、概ね1日670円か970円と非常にリーズナブルになっています。

 

グローバルWiFiの基本料金(1日)は、以下の通りです。

 

・シンガポール、フィリピン、インド、中国、韓国、台湾、香港、タイ:670円

・アメリカ、カナダ、ハワイ、グアム、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールイギリス、イタリア、フランス、ドイツ:970円:

・ノルウェー、アイスランド、エストニア、ウクライナ:1070円

・ブラジル、アルゼンチン:1170円

:アラブ首長国連邦、イスラエル、モルディブ:1270円

・ウルグアイ、ガーナ、ケニア:1470円

・イラク、パキスタン、サウジアラビア、ドミニカ、ナイジェリア、ケニア:1770円:

 

イモトのWiFi

イモトのWiFiとは、エクスコムグローバル株式会社が展開する全世界型のポケットWi-Fiサービスです。イモトのWiFiもアメリカ、ヨーロッパの主要国は概ね680円と980円ということで、グローバルWiFiと同程度の料金展開になっています。

 

イモトのWiFiの基本料金((カントリープラン WiFi 1日)は、以下の通りです。

 

・対象国A:韓国、インド、マレーシア、中国、香港、台湾、タイ、フィリピン→680円

・対象国B:アメリカ、カナダ、ハワイ、グアム、サイパン、シンガポール、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、オーストラリア、ニュージーランド→980円

・対象国C:オーストリア、スイス、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、スペイン、スウェーデン→1280円

・対象国D:イラク、ナイジェリア、サウジアラビア、パキスタン、ケニア、ドミニカ→1580円

 

イモトのWiFiでは、ポケットWi-Fiだけでなく、安価な(480円~/日)USB端末のレンタルも可能です。もし、パソコンのみでしかWi-Fiを利用しない方であれば、こちらのほうが断然お得になります。

 

Wi-Fiはリーズナブルが一番

今回は、Wi-Fiの導入を検討されている方向けに、安いWi-Fiを選ぶポイントとおすすめのポケットWi-Fi、据え置きWi-Fi、そして海外に行く方のために海外用ポケットWi-Fiを紹介しました。今やWi-Fiはどの家庭にとっても電気やガスなどのように、なくてはならないものといえるでしょう。それだけに、毎月のランニング費用はできるだけリーズナブルに済ませたいところですよね。ぜひ、色々なサービスを比較して、ご自分にとって一番リーズナブルなWi-Fiに契約してください。