ソフトバンクエアーなら完全無制限で工事不要!メリットや最新キャンペーンを紹介

 

「自宅内にインターネット環境を用意したいけれど、建物事情により開通工事ができない」「手続き自体が面倒だ」という方には、ソフトバンクエアーが有力な選択肢になりえます。

 

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクが提供する宅内据え置き型のWiFiインターネットサービスです。タワー型の本体を自宅内のコンセントに接続するだけで、簡単に高速なインターネット環境が整います。

 

各種キャンペーンを使えばリーズナブルな値段で使用ができます。さらに、スマホをソフトバンクで契約している方であれば、スマホ料金が割引されるというメリットもあります。

 

今回の記事では、そんなソフトバンクエアーの詳細をわかりやすく、丁寧に解説していきます。さまざまなメリットがあるソフトバンクエアー、ぜひ導入の検討にお役立てください。

 

ソフトバンクエアーでメリットが大きくなるのはこんな人!

単体で契約してもとても便利なソフトバンクエアーですが、以下の条件に当てはまる人にとってはよりメリットが大きく、オススメだといえます。

 

  • ソフトバンクユーザー
  • 自宅内でのインターネット利用機会が多い人
  • 工事なしで快適にインターネットを楽しみたい人

 

-ソフトバンクユーザー

スマホや携帯電話をソフトバンク、またはワイモバイルで利用している方は、ソフトバンクエアーとセットにすることで、モバイル端末の月額料金が割引される「おうち割 光セット」に加入できます。

 

この「おうち割 光セット」では、モバイル端末の月額料金が500円から最大1,000円まで割引されるため、トータルの通信費用を安く抑えることが可能です。端末の数が多いほど合計の割引金額も大きくなるため、家族にソフトバンクやワイモバイルユーザーが多い方には、よりメリットがあります。

 

-自宅でのインターネット利用機会が多い人

ソフトバンクエアーは、WiFiルーターサービスの一種です。自宅据え置きタイプのサービスであるため、WiMAXやPocket WiFiのように外に持ち出して利用はできません。そのため、外出先で大容量通信を必要とする人より、自宅内で動画を視聴したり、オンラインゲームをプレイしたりする人にメリットが大きいサービスです。

 

-工事なしで快適にインターネットを楽しみたい人

自宅内でインターネットを利用するとなると、光回線を導入するケースが一般的ですが、光回線の導入には必ず開通工事を行わなくてはなりません。開通工事の内容は住宅の周辺環境によって変化しますが、大掛かりなものでは、建物の壁に穴を空けなくてはならない場合もあります。

 

そのため、開通までに長い時間を要したり、賃貸物件の場合は大家さんや管理会社の判断で導入がNGとなってしまったりするリスクが伴います。しかし、ソフトバンクエアーであれば、タワー型の筐体を設置し、コンセントに差し込むだけで利用できるため、導入が手軽というメリットがあります。

 

また、他社にもこのような据え置き型のWiFiルーターサービスは存在しますが、そのほとんどは月々の通信量に上限があるのものや、「直近3日間で10GB以上の利用をすると一定期間速度制限がかかる」など、ユーザーに都合の悪いルールが設けられています。一方のソフトバンクエアーはそのような利用を制限するルールは一切なく、毎日・毎月どれだけでも、快適にインターネットを楽しむことができます。

 

最新機種「Airターミナル4」で高速通信が完全無制限で楽しめる!

前述したように、ソフトバンクエアーには通信速度を制限するようなルールはなく、通信量・通信速度ともに完全無制限で利用できます。これは、他社の同種サービスにはないソフトバンクエアーならではのメリットです。

 

また、ソフトバンクエアーは、その通信速度も優れています。ソフトバンクエアーのWiFiルーター端末は「Air ターミナル」と呼ばれ、現在では4世代目にあたる「Air ターミナル4」が提供されています。

 

この端末の最大の特徴は、最大の通信速度が962Mbpsと、光回線の1Gbpsに迫る高速通信が可能である点です。この通信速度での利用は、各都市部を中心に現在順次拡大予定と地域限定となってはいますが、それ以外の地域でも、最大261Mbpsの速度で利用できます。

 

以下に、Airターミナル4のスペック表を用意しました。

 

サイズ(HxWxD)  約 225x103x103mm
重さ 本体:約 635g

アダプター:約 197g

通信方式 4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)

4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)

通信速度  下り最大962Mbps
Wi-Fi  IEEE 802.11a/b/g/n/ac
WiFiクライアント

最大接続数

64

なお、注意点として、一度契約をすると旧世代から新世代への機種交換は原則不可、交換をするには現回線契約の解除の後、新規契約をしなくてはなりません。新規契約をするのであれば、ほとんどの場合エアターミナル4が提供されますが、念のため、申し込み時に提供機種の確認をしておくことをオススメします。

 

ソフトバンクエアーの料金プラン

ここでは、ソフトバンクエアーの料金についての解説を行います。ソフトバンクエアーの契約には大きく2パターンあり、端末であるAirターミナルを購入するか、レンタルをするかの違いです。また、下記料金表には、次項で解説する割引キャンペーンの内容も含めています。

 

【Air ターミナルを購入する場合】

ソフトバンクエアーのみ おうち割 光セットを適用
月額料金 4,880円
端末料金 59,400円

(1,650円×36ヶ月)

月月割(端末料金割引) -1,650円×36ヶ月
SoftBank Airスタート割(12ヶ月) -1,080円 -580円
月額料金合計 3,800円 4,300円
事務手数料 3,000円
解約時違約金 9,500円
2年間の実質料金 107,160円 113,160円

 

【Air ターミナルをレンタルする場合】

ソフトバンクエアーのみ・おうち割 光セット適用共通
月額料金 4,880円
月額端末料金(初月無料) 490円
月額料金合計 5,370円
事務手数料 3,000円
解約時違約金 9,500円
2年間の実質料金 131,390円

Air ターミナルを分割購入する契約の場合、36回に分けて請求される端末料金は自動で適用される「月月割」という割引キャンペーンにより相殺されます。さらに、「SoftBank Airスタート割」はレンタルでの契約には適用されないため、月額料金は分割購入の場合のほうが安くなります。

 

しかし、月月割での端末料金償却が完了する36ヶ月よりも前にソフトバンクエアーを解約してしまうと、端末総額459,400万円のうちの未償却分(1,650円×残り月)を一括で精算しなくてはならないため、注意が必要です。

 

レンタル契約の場合は、解約時にかかる費用は解約違約金のみと考えることができますが、月額料金が高く、解約後の端末返却の手間がかかります。

 

■ソフトバンクエアーをお得に契約できるキャンペーン

ソフトバンクエアー契約では、公式からさまざまな割引キャンペーンが提供されています。可能な限り活用すれば、よりリーズナブルな金額でソフトバンクエアーを利用できます。

 

-SoftBank Airスタート割

Air ターミナルを分割購入でソフトバンクエアーを契約すると、自動で「SoftBank Airスタート割」というキャンペーンが適用されます。内容は、初月から12ヶ月目までの1年間、月額利用料金が割引されるというものです。割引金額のパターンは2種類あり、「おうち割 光セット」を併用するかどうかで違います。

 

おうち割 光セットなし おうち割 光セットあり
月額割引金額 1,080円 580円

 

上記のように、おうち割 光セットを使用しない場合の方が割引金額は大きく設定されています。しかし、この差額である500円は、おうち割 光セットで受けられる携帯端末への割引金額の最定額と同じであるため、おうち割 光セットつけることで不利になるケースはありません。

 

むしろ、端末が複数台、または大容量プランで契約している端末が1台でもあれば、おうち割 光セットを適用した方にメリットがあります。

 

-SoftBank Air加入特典

ソフトバンクエアーの加入特典として、同時に申し込みをしたソフトバンクエアーのオプションサービスの料金が割引されます。セキュリティソフトや技術相談窓口など、メリットの多いオプションが揃っています。

 

サービス名 通常料金 特典料金 内容
Yahoo! BB基本サービス

(プレミアムのみ)

月額800円 300円×24ヶ月割引 「Yahoo!メール」「Yahoo!ウォレット」など、Yahoo!の関連サービスを利用できる。ソフトバンクエアーの場合、機器保証も含まれる。
Airターミナルレンタル料

※ レンタルの場合

月額 490円 初月無料 Airターミナルのレンタル料。
BBサポートワイドプラス 月額 500円 インターネットやパソコンなどの不明点についての技術相談窓口。リモートサポートも可能。
BBセキュリティ powered by Symantec Plus 1ライセンス

月額 570円

Symantec社製のセキュリティソフト。1ライセンスで3台までのWindows、Mac、Androidに導入可能。
BBソフト(BBホーム/WPS Office) 1ライセンス

月額 300円

印刷や画像編集、ドキュメントやスプレッドシートなどのソフトが利用可能。WPS OfficeはMicrosoft Officeとの互換性あり。
とく放題(B) 月額 500円 ソフトバンクによるショッピングサイト「とく放題」での商品購入割引。食料品や日用品だけでなくレジャー・旅行の割引、優待も。
BBライフホームドクター 月額 500円 健康相談ダイヤルやパソコン上での「家庭の医学」の閲覧などのヘルスケア総合サービス。治療や入院に対してのお見舞金の出資も。
BBマルシェ by 大地を守る会 月額 458円 農家直送の野菜やお肉などをインターネットから注文できるサービス。毎月半額セールも実施。
BBお掃除&レスキュー 月額 458円 ハウスクリーニングやカギのトラブルなど、家にまつわるあらゆるサポートが受けられる。作業費用は別途必要。
ユニバーサルサービス料 3円 通信事業の公平性の維持のために、1回線契約それぞれに一律で徴収される費用。

 

初月無料となっているものは、翌月以降正規の月額料金がかかるため、不要になったタイミングで解除する必要があることにご注意ください。

 

なかでも注目なのが 、「Yahoo!BB 基本サービス(プレミアム)」の24ヶ月間300円割引(合計7,200円割引)です。ソフトバンクエアー契約には、故障交換のための機器保証が、あらかじめ1年間用意されています。しかし、Yahoo!BB 基本サービス(プレミアム)に加入することによって、契約期間中、保証が永年続きます。

 

このオプションに未加入でも、Air ターミナルをレンタルで契約している場合、自然故障であればいつでも無料交換が受けられます。しかし、水濡れなどの故意故障は対象外です。Air ターミナルを購入する契約であれば、自然・故意に関わらず無償サポートはなし、交換・修理に高額な費用がかかります。安全のために、加入を検討されることをオススメします。

 

-おうち割 光セット

「おうち割 光セット」は、ソフトバンクやワイモバイルのスマホ・ケータイ・タブレットとソフトバンクエアーの契約をセットにすることで、モバイル端末の月額料金が割引されるキャンペーンです。ソフトバンクエアーの料金に変動はありませんが、トータルの通信費用の節約につながります。

 

割引金額は端末1台あたり500円から最大1,000円となっており、モバイル端末の契約プランによって変動します。加入できる端末の数は最大10台までであるため、最高で10,000円の割引を、毎月永年受けることも可能です。

 

セット対象となる端末の条件は、「ソフトバンクエアーの契約者名と同一」またはその家族の名義の端末であることと」なっているため、家族内にソフトバンクユーザーが多い方にとっては、大きなメリットのあるキャンペーンです。

 

おうち割 光セットの対象となる契約プラン、割引金額、適用条件は、以下のとおりです。

 

【ソフトバンクの場合】

 プラン名称  割引金額
 データプラン50GB+/データプランミニ  1,000円
 データ定額 50GBプラス/ミニモンスター  1,000円
 データ定額 50GB/20GB/5GB  1,000円
 データ定額(おてがるプラン専用)データ定額ミニ 2GB/1GB

データ定額(3Gケータイ)

 500円
 パケットし放題フラット for 4G LTEパケットし放題フラット for 4G

パケットし放題フラット for スマートフォン

パケットし放題MAX for スマートフォン

4G/LTEデータし放題フラット

4Gデータし放題フラット+

 1,000円
 パケットし放題フラット for シンプルスマホ(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
 500円

【ワイモバイルの場合】

 プラン名称  割引金額
 スマホプランS  500円
 スマホプランM/R  700円
 スマホプランL  1,000円

適用条件

  • ソフトバンクエアーと対象プランで契約しているソフトバンク、またはワイモバイル端末があること
  • ソフトバンクエアーの契約者名とモバイル端末の契約者名が同一、または家族の関係にあたること

 

おうち割 光セットの定義する家族の範囲は幅広く、同じ住所に住んでいるのであれば婚姻・血縁関係の有無は必須ではなく、また、逆に血縁関係があれば同居している必要がありません。つまり、以下のような人々を、ひとつのおうち割 光セットに組み込むことができます。

 

  • ソフトバンクエアー契約者と婚姻・血縁関係にある、同居している家族(親等数に制限なし)
  • ソフトバンクエアー契約者と別の住所に住んでいる、婚姻・血縁関係にある家族(親等数に制限なし)
  • ソフトバンクエアー契約住所で同居している友人、恋人、パートナー

 

-SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」は、現在他社の光回線やモバイルルーターをご利用中の方が、その回線を解約してソフトバンクエアーを新規契約する場合、元回線の解約時にかかる違約金などの費用を、ソフトバンクが最大10万円まで還元してくれるキャンペーンです。

 

このキャンペーンの適用条件は、以下のとおりです。

 

  • 乗り換え元回線とソフトバンクエアーの契約者名が同一、または家族(同一の苗字)であること
  • ソフトバンクエアー申し込み日から90日以内に課金開始(利用開始)をすること
  • ソフトバンクエアー申し込み時に他社固定回線、またはモバイルルーター回線を利用していること
  • 課金開始月を1月目として、5ヶ月目の末日までに下記操作をすべて満たしていること
    • 還元を希望する乗り換え元回線の解約費用明細を、郵送またはインターネット上からソフトバンクに提出する
    • ソフトバンクエアーの利用を継続している
    • ソフトバンクエアーの月額料金の支払い方法を携帯との合算請求、クレジットカード、口座振替のいずれかに設定している
    • 月額利用料金を滞りなく支払っている

 

解約費用明細の提出は、ソフトバンクエアー申し込み後に郵送されてくる証明書貼付シートにあわせて返送するか、専用 Webページにて、写真に撮った明細書をアップロードするかのどちらかの方法で手続きできます。

 

このキャンペーンで還元される解約時費用は、以下の3つです。

 

  • 解約違約金
  • 工事撤去費用
  • モバイルルーター端末代金残債

 

このうち、モバイルルーターの端末代金残債の補填は、最大1,000円の還元金額のうち、42,000円が上限とされています。

 

特典の受け取りは、課金開始月を1月目として6ヶ月目に、郵便為替でソフトバンクから郵送されてきます。一般的に回線解約時の費用が10万円を超えることはごく稀であるため、ほとんどのケースで満額還元されると考えてよいでしょう。ソフトバンクエアーへの乗り換えを解約費用の面で躊躇している人にとっては、メリットの大きなキャンペーンです。

 

また、このキャンペーンは、ソフトバンクエアーを申し込む前に解約をした回線については対象外です。解約前に、先にソフトバンクエアーに申し込む必要がある点に注意しましょう。

 

ソフトバンクエアーの申し込み方法

ソフトバンクエアーの申し込みは、ソフトバンクショップ店頭か電話窓口、インターネットからのいずれかの方法で手続きが可能です。電話窓口の電話番号は、以下のとおりです。

 

<新規受付センター>

電話番号…0120-981-072(通話料無料)

受付時間…10:00 〜 21:00(年末年始休業)

 

ソフトバンクショップ、電話窓口からの申し込みの場合は、スタップの指示に沿うだけで完了するため、ここではインターネットからの申し込みについて解説します。

 

  1. 申し込みページにアクセス
  2. ソフトバンクエアーの利用住所の郵便番号を入力
  3. 住所詳細を入力
  4. 氏名・電話番号など個人情報を入力
  5. エアターミナルの購入 or レンタルを選択
  6. 必要オプションの選択(おうち割 光セットへの加入を希望する場合はここでチェックを行います)
  7. 重要事項同意書を確認して申し込み

 

以上の流れで申し込みが完了します。ただし、設置先の住所がソフトバンクエアー提供エリア外であった場合、後日確認の電話がかかってきます。

 

ソフトバンクエアーが繋がらないときの対処法

実際にソフトバンクエアーを使い始めて、インターネットの繋がりが悪い、または、まったく繋がらなくなってしまったときの対処法について解説します。WiFiの接続不良は、機器の問題、周辺環境の問題、設定の問題など、さまざまな要因が考えられます。

 

まずは、ソフトバンクエアーの本体前面にある、ステータスランプの確認をしましょう。正常時は5つのランプがすべて緑色に点灯しています。それ以外の状態である場合、何らかの障害が起こっています。以下で紹介する方法をお試しください。

 

また、「Power」ランプが赤く点灯している場合は、真っ先に本体故障が疑われます。下記のサポートへご連絡ください。

 

<接続障害、機器設定に関する問い合わせ>

電話番号…0800-2222-820(通話料無料)

受付時間…10:00 ~ 19:00(年中無休)

 

-再起動する

5 つのランプのうち、いずれかひとつでも消灯している場合は、電源アダプターを抜き差しし、再起動を行いましょう。(「Power」ランプが消灯している場合、そもそも電源が入っていません)

 

機器内部の軽微なエラーの場合、この作業で回復することが多くあります。また、ソフトバンクエアーではなく、接続しているスマホなどの末端機器に問題がある可能性もあるため、それらも再起動をして状況を確かめましょう。

 

また、とくに「SIM」のランプが赤点灯、または消灯している場合、SIMカードとの接触不良の可能性が疑われます。ソフトバンクエアー端末底面に挿入されているSIMカードを一度抜き差しして、本体の再起動をしましょう。

 

-ソフトバンクエアーの置き場所を変えてみる

ソフトバンクエアーの「LTE」ランプが、緑点滅の場合は電波状況が不良、赤点灯の場合は完全に圏外のサインです。ソフトバンクエアー本体を窓際など、電波の入りがよいと思われる場所に移動しましょう。

 

ソフトバンクエアーは光回線などと違い、基地局からルーター、ルーターからスマホなど端末への信号をすべて無線でやり取りしています。そのため、建物の中心部や地下など、屋外からの電波を受信しづらい場所に設置をすると、十分なパフォーマンスを発揮ができません。

 

-有線接続する

上記2つを試してみても状況が改善しない場合、ソフトバンクエアー自体がインターネットに接続できていない可能性が考えられます。これを確かめるには、ソフトバンクエアーとパソコンなどを、LANケーブルで有線接続する方法が有効です。

 

ソフトバンクエアーのLAN ケーブルの差し込み口(LAN ポート)は、ステータスランプが並んでいる本体前面のちょうど反対、背面側の「LAN」と書かれた差し込み口です。

 

WiFi は繋がらないものの、有線接続であればインターネット接続ができる、という状況である場合、ソフトバンクエアーのWiFi発信源に問題が起こっている可能性があります.

 

この場合は、ソフトバンクエアーの初期化を試してみましょう。本体底面にあるリセットボタンを、ソフトバンクエアーの電源が入っている状態で、ヘアピンなどの先の細いもので数秒を押し込むことで、初期化を行うことができます。

 

また、同様の異常が「W-iFi」ランプの消灯で示されていることもあります。

 

-5GHz帯で接続する

WiFiが繋がらない原因には、ソフトバンクエアーが置かれている周辺状況が起因しているものもあります。とくに、電子機器が放つ電磁波にWiFiが干渉を受け、端末が近くにあっても速度が遅い、インターネットに繋がらない、という事象がおこりえます。

 

WiFiの電波には2.4GHz帯と5Ghz帯の2種類があり、ソフトバンクエアーはこの2つの帯域をどちらもサポートしています。この2つの電波帯域にはそれぞれ特徴があり、得意とする環境・苦手とする環境が相互補完の関係性で存在します。

 

電波帯域 特徴
2.4GHz帯 ●  電波の延伸性が高く、より遠くまで信号が届く

●  い帯域を使う電子機器・家電が多く、それらが近くにあると干渉を受け、接続・通信に障害が発生しやすい

5GHz帯 ●  WiFi専用の電波帯域であるため電波干渉に強く、基本の通信速度も高速

●  電波の有効範囲が短く、物理的な干渉に弱い

 

ソフトバンクエアーにおいて、これらの電波はSSIDの違い、「〇〇-2G」「〇〇-5G」と末尾の表記で判別できます。2.4GHz帯は上記のとおり、他の機器からの電波干渉を受けやすく、代表的なものであれば電子レンジの電磁波などが通信の障害になりえます。

 

接続端末との中間地点にこれらの家電製品があったり、ソフトバンクエアーを近くに設置していたりする場合は、位置を移動させることも有効です。

 

また、端末の接続している電波が2.4GHzであれば、それを5GHz帯のものに変更することで状況が改善する可能性が高いです。しかし、5GHz帯の電波は物理的障害に弱い、という側面も持っているため、端末との距離が遠く、壁や家具を多く介する場所では、逆に状況が悪化することもあります。

 

-通信障害が起きていないか確認する

上記どれらにも状況が当てはまらない場合、大元であるソフトバンクの回線に問題が生じている可能性があります。障害情報はソフトバンクの公式サイトから、都道府県別に確認できます。

 

この通信障害がインターネット接続不良の原因である場合、ユーザー側から行えることはなく、復旧を待つほかありません。

 

外でもたくさんネットを使う人は、ポケットWiFiやスマホの定額プランもオススメ

ソフトバンクエアーは通信量無制限で使えるWiFiルーターですが、利用場所はあくまで屋内に制限されます。また、ソフトバンクエアーを契約住所以外で使うことは禁止されています。

 

引っ越しなどで利用住所が変更になる場合は、契約住所の変更申請のみで完了します。外出先でのインターネット利用が頻繁である方は、持ち運びのできるポケットWiFiの契約や、現在のスマホの契約プランをより大容量のものに変更する、という手段もあります。

 

ソフトバンクのモバイル端末での大容量プランは「ウルトラギガモンスター+」というもので、ポケットWiFi・スマホのどちらでも契約が可能です。通信量の上限は50GB、YouTubeやTwitterなどの対象サービスの利用にはデータ消費が0、という特徴があります。

 

月額利用料金は7,480円の定額ですが、ソフトバンクエアーと併用する場合は「おうち割 光セット」で1,000円、「みんな家族割+」で最大2,000円、新規契約・機種変更での「1年おトク割」で12ヶ月間1,000円の割引が適用できるため、最安3,480円で利用することも可能です。

 

工事なしで高速インターネットを楽しむならソフトバンクエアーがオススメ!

ソフトバンクエアーは、月額3,800円から容量無制限でインターネットの利用ができる据え置き型WiFiルーターサービスです。光回線などとは違って開通工事を必要としないため、手軽に導入することが可能です。

 

ソフトバンクやワイモバイルのスマホ・ケータイを利用している方は「おうち割 光セット」に加入することができ、端末1台あたりにつき、最大1,000円割引を受けられます。

 

他にも無条件で月額料金が割引される「SoftBankAirスタート割」や、乗り換え元回線の解約費用還元の「あんしん乗り換えキャンペーン」など、料金的なメリットも十分です。ご自宅でインターネットを利用したい方は、ご検討してみてください。